« 活動している地球 | トップページ | 花の交代 »

2010年4月17日 (土)

歌舞伎座第一部再見

416日 御名残四月大歌舞伎第一部(歌舞伎座)
久しぶりの歌舞伎座に着いて最初に目に付いたのはカウントダウン時計の「15」という数字。2ケタになってもう何十日もたつのに、なぜかひどく寂しい数字に見えてしまい、ぐっと胸に込み上げるものがあった。
舞台写真が出ていた(筋書きのほうは、まだいつ入るか不明とのこと)。少し時間があったので眺め、なくならないうちにと、とりあえず3枚買った。
「御名残木挽闘争」
大薩摩が勇壮で素晴らしくて、これからの舞台にわくわくしてしまう。
時様は初日に比べなお雄々しく、その後の「おお恥ずかしぃ」との落差が大きくなって可愛らしさが強調された。
染五郎さんはやはり全体に線の細さが気になるが、でも初日よりずっと大きく見えるようになっており、そう見せる台詞の工夫に努力の跡を感じた。
勘太郎さんは一度見ているからわかっているはずなのに、やっぱり「これ、誰だっけ?」と考えてしまった。全員の顔を一渡り見て、「あ、勘太クンだ」とわかった次第。みんな大仰だけど、この小林朝比奈の大仰さがとても好き。
だんまりは、何となくまとまりのないような気がした。みんなただ歩いているだけみたいな…時様だけが暗闇を感じさせる動き方をしていた。ように思う。
花道脇で見る花道上の立ち回りと六方は実に迫力がある。堪能した。
海老ちゃん(顔がおとうさんに似ている)をはじめ、みんな見得の首の動かし方が大げさなくらい大きくて、役者絵を見ているような楽しさであった。
「熊谷陣屋」
最初のほう、直実と相模夫婦のやりとりの間、客席の子供がなんやかや喋り出し、気がそがれた。親も焦っただろうけど、こちらもせっかくのいい空気(吉右衛門・藤十郎の夫婦にはいい空気が流れているのだ)を味わえず、そのまま何となくノリそびれた。
それでも吉右衛門さんの男として父親としての苦悩には泣いた。夫にわらじを履かせる藤十郎さんの姿に自分も後を追って尼になり息子を弔う決意が感じられて泣いた。魁春さんのほっとしながらも熊谷夫婦に対するすまない気持ち、小次郎への哀れみが見える表情に心打たれた。梅玉さんの義経があまりに適役で感動した。そして、富十郎さん。源氏の御曹司を助けて平氏を滅ぼしたという、まさにこの熊谷陣屋という物語を象徴するような弥陀六の存在、圧巻だった。

「連獅子」
3
人がみんなキリッときびきびした踊りを見せるのだが、そのキリッとしぶりがそれぞれに違う。勘三郎さんはまろやかに、勘太郎さんはいかにも若々しい力に溢れ、七之助さんはどことなくやさしさが感じられる。
深い谷底に落ちて気を失う仔獅子たち。勘太郎・七之助が花道にストンっと腰を落とす。その落とし方があまりに勇ましくて、見るたび「うう、腰痛にならねばいいが」と心配になる。2人は荒い息を整えながら(相当激しい呼吸だけど、あまりそれと悟らせず見事)じっと目を瞑り花道に座る。しかしその間も両手を胸のあたりでぐっと組んで体にはかなり力が入っている。
険しい崖を駆け上がる時の勘太郎さんの喜びの表情が印象的だった。それを迎える勘三郎さんのやわらかい表情、再会した3人の嬉しさが伝わって感動した。
小山三さんが今日も胡蝶を使う後見として舞台に姿を見せたのが嬉しかった。
後ジテの獅子の精、いったん花道に出て、すぐ後ろ向きに走って引っ込む。後ろに長く垂らした毛を踏まずにどうやって引っ込むのかと思ったら、おお!! 首をちょっと振って毛の先を自分の右脇にもってくるのであった。 
この獅子の精が出る前の鳴り物が私は大好きである。田中兄弟の鼓と太鼓、掛け声がその場をまさに霊地・清涼山の奥深く獅子が現れる空気に変えるのだ。深山の静寂と霊気が感じられて気持ちが昂揚する。
3
人の毛振りは台に上がってから約60回。しまいの10回くらいはものすごいスピードで盛り上がった。獅子になってからの七之助さんには、それまでのやさしさ(線がやさしいというか)が消え、若く瑞々しい力強さが感じられ、見惚れた。
とにかく「連獅子」への拍手はすごい。初日もそうだったが、中村屋親子に対する拍手の大きさは、それまでの拍手と全然違う。期待の大きさ、盛り上がる舞台、見事な舞い、そのたびに割れんばかりの拍手が起こる。
あ~、また見たくなってしまった。

|

« 活動している地球 | トップページ | 花の交代 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

本日歌舞伎座へ参ったところ、舞台写真入り筋書きが発売されていましたので、ご報告まで!1500円とは筋書きも特別価格でした~

投稿: enachan | 2010年4月19日 (月) 18時10分

enachan様
おお、筋書きに写真入りましたか!! 20日頃かなとは思っていたのですが。
情報、ありがとうございます!!

そうなんです、今月の筋書き1500円とは驚きました。松竹も商売してくれますね。でも買わないわけにいかないし。私など毎月写真の入っていないのと入っているのと2冊も買うのでかなりの痛手ですbearing

投稿: SwingingFujisan | 2010年4月19日 (月) 20時32分

こんにちは。
いつもながら遅いレスで失礼いたしますm(_ _)m

本日(22日)、やっとこさ第一部を見てまいりました。ご存知のこととは思いますが、カウントダウン時計もついに一桁に!

勘太郎くんだけ、ぱっと見どなただかわかりませんでした(^_^;。でも消去法&声でおお!あれだけ作られちゃうと、判別が難しくなりますね(笑)。私は3階からでしたので、全体をくまなく眺められました。やっぱり時蔵さん素敵♪舞台全体もとても華やかで綺麗でした。

義太夫狂言は実はかなり苦手です(^_^;。でも今回は意識を失うこともなく、けっこうしっかりと見てしまいました。豪華な面々の役者さんが演じるそれぞれのお役がひとつひとつ心に沁みました。

いつもそうなのかもしれませんが、「連獅子」では大向こうさんたちが実に気持ちよく「中村屋っ!」を連発されていました。私の真後ろのほうからは山川さんのお声がよく聞こえました(^-^)。能楽堂では何度か見ている「宗論」も、また違った趣で楽しめました。

そして筋書きの53ページにサインをいただいた(^-^)vからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2010年4月22日 (木) 16時59分

からつぎさまぁ~、山川さんのサインですとぉ~sign03 いいないいないいなぁ!!
山川さんのすぐそばのお席だったなんて、やっぱりからつぎ様は運がお強い。53ページ、宝物ですね(^^)
冷たい雨の中、歌舞伎座の中はアツかったようですね。「連獅子」は拍手の大きさも格別ですし、大向こうも確かに気持ちよくよくかかりますよね。また見たくなってしまったけれど、なかなかそうもいかなくて…。
「だんまり」は1階16列からも全体がよく見えましたが、一度は上から見たかったですゎ。勘太郎クンは皆さん、わからないみたいですね。私もしばらくは誰だろうと考えました。時蔵さんって、古風で大らかできれいで、大好きです。
役者さんたちはもちろん、どの月のどの回も手を抜くことなく演じているのでしょうが、やはり最後の月である今月はより心をこめていらっしゃるような気がします。それが観客の心にも響くのでしょうね。
昨日見に行った友人がカウントダウン時計が「10」だったと言っており、ああ、明日からは1桁か、としんみりしたのでした。

投稿: SwingingFujisan | 2010年4月22日 (木) 18時51分

おはようございます。
ホント、また見たくなりますよね!昨日、二回目の第一部を最前列で見てまいりました♪
昨日は一日じゅうドキドキして、(今もまだドキドキしています)もう一度見たいな~と思いつつ、見れた幸せを感謝しつつ、今日も仕事がんばります。。。
SwingingFujisanさまに教えていただいて、小さな旅を見ました。提灯を特別な気持ちで眺めてから帰ってまいりました。あれ全部上野さんお一人で…すごいし素晴らしいですね。
昨日の梅之さんのテレビ、見逃したのは大失敗です…

投稿: 七子 | 2010年4月26日 (月) 07時54分

七子様
おはようございます。
間近でご覧になって、また興奮度がアップされたことでしょうsmile 私ももう一度見たくて千穐楽第一部を取っておけばよかったなと思っています。でも、いくら千穐楽でも「熊谷陣屋」と「寺子屋」を一緒に見るのはきつい…最後の「助六」のために体力を温存しておきたいし。ということで、敢えて戻りチケットに参戦しないことにしました。

「小さな旅」を見た後では提灯の一つ一つに対する思いが変わってきますよね。職人さんはもっともっと大事にされるべきだと思います(国が保護をする等々)。梅之さんご夫妻の番組でも、小道具を作れる職人さんが減っていることが指摘されていました。それで、奥様の真理子さんは刀の柄に巻く紐を糸の染め方から勉強されたんですよ。頭が下がります。
取り上げられたのは梅之さんご夫妻だけではありませんが、お2人というか真理子さん中心の取材でした。見逃されて残念でしたね。あの番組はぜひぜひ再放送をやってほしいですわ!!

投稿: SwingingFujisan | 2010年4月26日 (月) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/34260834

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座第一部再見:

« 活動している地球 | トップページ | 花の交代 »