« 團菊祭昼の部@松竹座1:菊之助の玉手 | トップページ | ラッシャー木村、死す »

2010年5月23日 (日)

薬師寺奉納船弁慶

たった2日家を空けただけなのに、なんだってこう帰宅してから忙しいのだろう。
松竹座昼の部の感想も3分の1しか書けていない。ぐずぐずしている間に、また新しい公演情報が入った。

勘三郎さんの「船弁慶」
日時は8月2日(月)、3日(火) 19:00開演
場所は薬師寺大講堂前特別舞台(雨天中止)
出演は勘三郎、勘太郎、七之助、彌十郎他
S席15,000円、A席12,000円、B席8,000円

先々週だったか、NHKのお昼の番組で1週間遷都1300年祭特集をやっていて、毎日最初の10分ほどだけど見ていた。平城宮跡のなんと広大なこと。
以前、通りの角を曲がったと思ったら目の前にベルサイユ宮殿の威容が開けたのに大いに驚き感動したが、それを上回るようなオドロキであった。どこにこんな広い土地があったの? その広大な土地の一番向こうに聳え立つ平城宮。人々が小さく見えて、古代のロマンを掻きたてられる。
「せんとクン」騒動でちょっとミソをつけたようなところもあったけれど、これは是非行ってみたいと思った。
そこへ「船弁慶」。
かなり心は動いているが、私の場合、かなり間近にならないと予定が立てられないのが難である。

|

« 團菊祭昼の部@松竹座1:菊之助の玉手 | トップページ | ラッシャー木村、死す »

公演情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/34838972

この記事へのトラックバック一覧です: 薬師寺奉納船弁慶:

« 團菊祭昼の部@松竹座1:菊之助の玉手 | トップページ | ラッシャー木村、死す »