« 海老ちゃん披露宴を日テレが独占放送 | トップページ | 錦秋公演追加情報 »

2010年5月17日 (月)

海老蔵の「助六」を見る意味

嬉しいことに、今月の「助六」の評判がとてもいい。もちろん私も素晴らしいと思った1人だし、他のブロガーさんたちもコメントをお寄せくださる方々も口々に素晴らしさを語って下さる。
東京新聞でも長谷部浩氏が、15日夕刊に海老蔵の助六に「襲名時の不良性を抑えて、品格が備わってきた、團十郎家の助六へと成熟を重ねている」と書いておられる(私は、その不良性があったという助六を見ていないbearing)。
そして今日の朝刊(「言いたい放談」)では小田島雄志氏が「歌舞伎座はいったん消えても歌舞伎そのものは消えない、と実感できる舞台に出会った」と「助六」を評している。「特に『助六』に歌舞伎の継承性を力強く感じたのは、この成田屋の『家の芸』が團十郎から海老蔵へみごとにバトンタッチされたからである」。小田島氏にとって今回は新之助時代を含め三度目の海老蔵助六観劇だそうで、「まさに三段跳びのように風を切って團十郎の大きさ、豊かさに迫ってきた」。「父のある意味で完成された男伊達ぶりを受け継ぎ、そこを起点として自分の色を添えようとする心意気が伝わってきてうれしかったのである」。
そういう「助六」をこの目で実際に見たのだ、と思うと、今月の観劇がまた大きな意味をもってくる。
そして一方では、亀治郎さんが猿之助歌舞伎の継承に力を入れ始めたようにみえる。博多座も金比羅も行かれなかったのがそういう意味でとても残念である。もっとも何から何まで見て歩こうなんておこがましい。そう言って、本当はものすご~く欲張りbearingな自分を諫めている。

|
|

« 海老ちゃん披露宴を日テレが独占放送 | トップページ | 錦秋公演追加情報 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

やんや、やんや♪
こんなに評判がいいとは、嬉しい限りですhappy02
やはり江戸一番の男伊達は成田屋が演じるのがふさわしい!というか、成田屋のための演目だなと思います。
正に「現代の江戸の飾り海老」!
ただ、仁左様やらぶりん、菊五郎さんでも観てみたいなぁ。と私も欲張りsmile

そうそう、亀ちゃんの猿之助歌舞伎も観たい!観たい!!
ここのところ、なぜか地方ばかり行ってしまっているのが残念ですweep

投稿: 林檎 | 2010年5月18日 (火) 10時58分

林檎様
先月のオヤジ様の助六も素敵でしたが、海老ちゃんのを見ると、若い分勢いを感じるし、オーラはやっぱり格別です。なんて稀有な役者なんだ、とあらためて思います。
亀ちゃんは、今年前半は地方公演が多かったですね。なかなか遠征できないことを思うと、今まで東京で歌舞伎を毎月たっぷり見られたことがどんなに幸せか…。う~ん、亀ちゃんの猿之助歌舞伎、東京で見たいですっbearing

投稿: SwingingFujisan | 2010年5月18日 (火) 21時32分

私が今月、新橋演舞場の夜の部を拝見した時、小田島先生はじめ、演劇・舞踊評論家の方々を数名お見かけいたしました。評論家の方々の総見なのかしら、と思っていましたが、その先生方の絶賛を浴びる、同じ舞台を拝見でき、嬉しいです!

海老蔵丈の「助六」は、格別な素敵さがありますよね。海老蔵丈あっての助六、っとさえ思えます。同時代に生まれたことに、感謝っ!!

投稿: はなみずき | 2010年5月19日 (水) 19時59分

はなみずき様
こちらにもありがとうございます。
評論家の方々は新聞などに評を書くのでしょうから、あまり遅くなってからでは間に合わないので早い時期にご覧になるんだろうなと思っていましたが、皆さん同じくらいの時期にご覧になるのでしょうか。
小田島先生もよく歌舞伎をご覧になっていらっしゃるようですが、私は一度もご一緒になったことがありませんbearingミーハーSwingとしては、そういう方々に遭遇なさったというのも羨ましいことです。

「助六」は夢の舞台でしたぁ。「海老蔵丈あっての助六」っと私も思いました!! この助六を見ることができて本当に幸せheart04

投稿: SwingingFujisan | 2010年5月19日 (水) 22時26分

いつだったか、歌舞伎座の幕間に、喫茶室「檜」に入ったらば、評論家の先生方貸切ですか?状態だったのを鮮明に思い出しました!! これが戸板康二氏の書いてらした「御社日」とかいうのかしらん、と思った記憶が。私は一人だったんで、カウンターに腰掛けて背中向けてましたー。
その時、小田島先生もいらっしゃいましたが、1階後方席で見かけたこともあります。「おじ(い)さん発見器」のような私ですbleah

投稿: きびだんご | 2010年5月20日 (木) 01時54分

きびだんご様
まあ、それは壮観でしたねsmile やっぱり評論家先生総見日(御社日?)みたいなものがあるんですね。皆さん同じ舞台を見て評論するというのはある意味公平ではあるかも。でも、たまたまその日の舞台の調子が悪いということもあるかもしれないから、少なくとも2度は見ていただきたいなあ。
「おじ(い)さん発見器」sign03 めちゃくちゃウケました。
明日の早起き、頑張ってねwink

投稿: SwingingFujisan | 2010年5月20日 (木) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/34733120

この記事へのトラックバック一覧です: 海老蔵の「助六」を見る意味:

« 海老ちゃん披露宴を日テレが独占放送 | トップページ | 錦秋公演追加情報 »