« スゴい、アルゼンチン | トップページ | 結果が読めないからサッカーは面白い »

2010年6月18日 (金)

我が家のベビーラッシュ

10061801kochoranjpg
2月、父の霊前にいただいたなぜか胡蝶蘭coldsweats01 ちょっとビビッてしまうほど豪華な5株寄せ植えで、どのように手入れしたらいいのか全然わからず途方にくれるところだったが、実は胡蝶蘭先輩がいらっしゃって、ずいぶん心強く色々参考にさせていただいた→ココ(はなみずき様ですhappy01
しかし5株ではあまりに手入れが大変で(根っこがごっちゃごっちゃだし、鉢が重い)、4月に思い切って1株ずつに分けてみた。5株まとめて1つの鉢に植えられているのかと思いきや、1株1株、黒いビニールのポット(よく苗を植えて売られている)に植えられていた。それでも、根っこが絡み合って分けるのには注意を要した。残念ながら1株は根腐れを起こして助けられなかった。水はほとんどやらなくていいのはわかっていたが、たまたま水遣りのときにその株に重点的にいってしまったのだと思う、何しろ根元が見えないくらいごっちゃごっちゃだったから。かわいそうなことをした。
残りの4株を丁寧に鉢に移し、以降、無事に生きてくれるかしらと心配の毎日。すると5月のはじめ頃になって突然新芽が出ているのに気づいた。新芽はゆっくりゆっくり成長して、ついには花芽らしきもの(当時は半信半疑)が付き始めた。
そして6月16日、ついに我が家で第1子誕生good これまで鉢植えなんてほとんどダメにしてきた私、息子中心で植え替えたのではあるが、胡蝶蘭で新たな開花なんて快挙であるhappy01 それから3日、蕾は次々開き、毎朝が楽しみである。
胡蝶蘭の花はとても頑張りやさんで、なが~く楽しませてくれるけど、この花たちが散ったら後はどう手入れすればいいんだろう。そうだ、また先輩ママのはなみずき様に頼ってしまおうっと(安易な私coldsweats01)。
10061802kocyoran
こちらの株が先に開花。手前が第1子、上の写真が第2子、そしてこの写真の後ろ向きなのが第3子です。

さて、胡蝶蘭ベビーばかりではない。2~3日前、こんな赤ちゃんが(↓)shock
10061803kamakiri
そういえば、「どこかでカマキリの卵見たなあと思ったらこんなのがあっちこっちにいたよ」と息子が言っていた。赤ちゃんのうちはまだしも…bearing
虫は超苦手の私、もっとイヤなのは蜘蛛。朝ベランダで洗濯物を干そうとすると、必ず竿やら支柱やらから糸が出ている。庭を歩くと必ず糸に引っ掛かる。少し時期は戻るが、蜘蛛ベビーをやたら見かけ、用心はしていたのだ。
しかし、蜘蛛は小さければまだガマンできる。絶対ダメな虫…cockroachshock…の赤ん坊を先日見かけた。そろそろ薬を家中に置かなくては。

|
|

« スゴい、アルゼンチン | トップページ | 結果が読めないからサッカーは面白い »

季節」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
胡蝶蘭、つぼみがたくさん見えますね!
つぼみが出てくるとかなりワクワクしますよね^^
そしてカマキリの子、久々に見ましたcoldsweats01
ものすごい数が生まれますからね…。

母が植物を育てるのが好きなのですが、
去年の誕生日にプレゼントしたクレマチスが
ジャングルのようになっていて、けっこう衝撃的でした。
実家の庭にたくさん植物が植わっていますが、
よく父が草と間違って抜いてしまい、母にしかられています…。

投稿: あねご | 2010年6月18日 (金) 23時24分

あねご様
こんばんは。
胡蝶蘭は2株ともまだまだ蕾がありますし、蕾がまだ開いていないのがもう1株あり、当分楽しめそうです。生まれたての花は瑞々しいですね。

カマキリの子を私は2~3匹見たのですが、ってことは無数にいる…と思って正直ぞっとしました。以前に大人のカマキリが庭をうろついているのを見かけましたが、きっとあれが親カマキリだったんでしょうcoldsweats02

クレマチスってけっこう茂るんですね。強い植物はちょっと油断するとあっという間に繁殖しますね。
あねご様の脳裏に浮かんでいらっしゃるご実家、お父様とお母様のお庭でのご様子(私も時々、あれっこれ抜いてよかったのかなと心配になります)、離れていてもご家族の愛情が感じられてほのぼのと胸があたたかくなります。

投稿: SwingingFujisan | 2010年6月19日 (土) 02時50分

先輩ママの(笑)はなみずきです。
リンク頂き、恐縮です。私もまだまだ若葉マークです。

胡蝶蘭ベイビーご誕生、おめでとうございます!!
固く握った拳のような蕾が、手を開くように開花するのは、本当に自然のマジックですよね。蕾は緑色だったはずなのに、みるみるうちに白い花びらになりますし。
純白の胡蝶蘭、清楚で華やかで、とっても綺麗ですね~!!
蕾が大きくなるごとにワクワクし、それが開いたときの喜びは、私もよくよく分かります! 成長がゆっくりなだけに、余計、「ヤッター!」という気持ちになりますね。

うちのコたちは、切花にしたほうは、やはりもうダメになってしまいましたが、1本の枝にしたほうは、相変わらず元気にしています。これから夏を向かえ、どのように過ごさせるか、研究しなくては…!

投稿: はなみずき | 2010年6月19日 (土) 09時21分

はなみずき様
コメントありがとうございます。勝手にリンクいたしましたのにお知らせもせず、申し訳ございませんでした。

はなみずき様の楼蘭ちゃんの成長記録には本当に助けられました。株分けした胡蝶蘭がしっかり生きていると感じると、はなみずき様のお喜びが自分のことのように嬉しく、また励みになりました。
開いたばかりの花は、まさに清楚で華やか。ピンクの楼蘭ちゃんが可愛くていいなあと思っていたのに白もなかなかじゃない、とすっかり親バカ状態ですcoldsweats01

切花にすると、さすがの胡蝶蘭も永らえないのですね。でも株を守るためにはやむを得ないですものね。鉢に植わっている楼蘭ちゃんがこれからどんな成長ぶりを見せてくれるのか私も楽しみにしつつ、先輩を倣いうちのも育てていきたいと思いますhappy01

投稿: SwingingFujisan | 2010年6月19日 (土) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/35334249

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のベビーラッシュ:

« スゴい、アルゼンチン | トップページ | 結果が読めないからサッカーは面白い »