« 七月歌舞伎夜の部・1 | トップページ | オランダ、32年ぶりの決勝へ »

2010年7月 6日 (火)

七月歌舞伎夜の部・2

75日 七月大歌舞伎夜の部(新橋演舞場)
夜の部は終演時間も早いし、もう一度見たいかも。
「馬盗人」
歌舞伎チャンネルで1度見たことがあるが、実際に見るのは初めて。
うわっ、巳之助クンのばばっちい顔はなんじゃいbearing 不精ヒゲが薄汚く、鼻の天辺まっかっかの赤ら顔も汚らしいshock あの千枝(「身替座禅」)がこんなになっちゃうなんて、すっごい化けようだ(これ、ぜ~んぶ褒めているsmile)。巳之助クンは三津五郎さんと盗人仲間。あとで、1人の女を巡って喧嘩するのにはニヤニヤしてしまった。三津五郎さんのやわらかで自在な可笑し味、巳之助クンの若さゆえの新鮮な可笑し味、この対照が面白い。
歌昇さんの朴訥なお百姓さんがまた楽しい。このお百姓さんはかなり金持ちみたいで(豊作続きだったから)、ちょっと安心する(コクーンでつらいお百姓さんを見たから)。鷹揚なのが歌昇さんらしくていい。
この舞踊劇は、衣裳もアイディア、大道具もアイディアである。衣裳は、三津五郎さんがカギの模様、巳之助クンが足跡の模様と、「盗人」を象徴するようで楽しい。大道具は正面の山がパタンと返ると麓の萱葺きの民家になったり、長唄連中が居並ぶ正面ひな壇の前がこちらもパタンと倒れると、稲穂が現れる。下手の松の木は枝葉が下がってきて裏返り、稲藁に変身smile そういうのを見るのも楽しい。
しかし、この舞踊劇の主役は「馬」なのである。
実に人を食った馬で、2人の盗人相手に2人が共に惚れている宿場女になって色っぽく絡んだり、前足立ちするなど見どころ満載。
見ているこちらは楽しくてわ~わ~笑って大きな拍手を送るだけだけど、馬の中に入っている人の大変さはどれだけであろうか。後ろ脚は舞台の板しか見えない。中は熱気で酸欠になりそうなのだとか(まったく、さもありなん)。
前足立ちは、後ろ脚が前脚を抱え揚げるという荒業。通常の動きも2人の呼吸がぴったり合わないととんでもないことになる。色っぽい踊りは、まさに馬が人間になったみたいで感心した。踊りつかれて寝る姿は、傍から見るといっときでも休めて楽かと思いきや、大変にむずかしい姿勢なのだそうだ。
そして最後、花道で馬が大見得を切り、六方で引っ込むところが最高の見せ場。
当然ながら馬の脚は、激しい動きが出来るだけでなく、脚なりの表情を出さなくてはいけない。非常に過酷で難しい役である。そのため、通常名前の出ない馬役も、この演目では「馬」として名前が出る。
前脚―坂東大和、後ろ脚―坂東八大
のお2人である。
<上演時間>「暫」52分(16301722)、幕間30分、「傾城反魂香」82分(17521914)、幕間25分、「馬盗人」41分(19392020

|

« 七月歌舞伎夜の部・1 | トップページ | オランダ、32年ぶりの決勝へ »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
演舞場夜の部を見るのは、まだ先なのでレポを読んで巳之助君の顔を想像して吹きだしてしまいました。舞台写真どうしましょうcoldsweats01
あの芸達者な馬は大和&八大のお二人ですか?とっても愉しみです。

投稿: とこ | 2010年7月 6日 (火) 23時38分

とこ様
おはようございます。
smile舞台写真ねえ…そこまで考えませんでしたsmile
でも、そんな巳之助クンの姿はめったに見られないかもしれませんから、貴重かも。

八大さんと大和さん、ナットクのお2人ですよね!! お怪我のないように、そしてただでさえ暑いこの時期、疲労の蓄積は大変なものだと思いますので、とにかく無事に公演を乗り切っていただきたいですわ。本当に素晴らしいお馬さんですもの。

投稿: SwingingFujisan | 2010年7月 7日 (水) 05時56分

あぁ、本当に素晴らしいお馬さんでしたね~。三津五郎丈や巳之助丈に対しても、「大和屋ァ」なんですけど、お馬さんにも、「大和屋ァ!」、「日本一!」、と掛けたい気持ちで一杯でした。八大丈と大和丈のお二人ならではの、すっばらしい脚の表情でしたね。(お二人は研修生同期でいらっしゃる♪)

投稿: はなみずき | 2010年7月11日 (日) 19時38分

はなみずき様
コメントありがとうございます。
ええ、ええ、素晴らしいお馬さんでした!!! 作り物のお馬さんなのに、顔にも体の動きにも表情が見えるようだったのが見事でした。まさに「日本一!」です。
客席の拍手がたくさんお馬さんに向けられているのがと~っても嬉しかったです。
八大さんと大和さんは同期でいらしたのですか。普段の仲の良さが感じられる呼吸でしたね。こういうぴったりの呼吸って素敵です!!

投稿: SwingingFujisan | 2010年7月11日 (日) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/35658555

この記事へのトラックバック一覧です: 七月歌舞伎夜の部・2:

« 七月歌舞伎夜の部・1 | トップページ | オランダ、32年ぶりの決勝へ »