« 第16回稚魚の会歌舞伎会合同公演・B班 | トップページ | 第8回亀治郎の会千穐楽 »

2010年8月22日 (日)

B班出演者抱負(イヤホンから)

イヤホンガイドの出演者抱負から。残念ながら左字郎さんに関しては2回のチャンスを両方ともつぶしてしまった。登場順が一番最初だから、ついつい…weep
ちょっと中途半端だけど、自分の記録として残しておきたいので。
蝶紫(おかや):先般、博多座で老婆役をやったが、再び老婆役である。芝居でも怒ると汗をかくものである(勘平に対して怒っている場面のこと)。
玉朗(B班お軽)・京珠(A班お軽):お軽はA・B両方が一緒に登場。2人を比較するのではなく、人が違うと芝居も違うことを感じてほしい(大いに感じましたhappy01)。
國矢(千崎弥五郎):猪は2回やったことがある(そうなんだぁsign03)。役は初めて。
東志二郎(斧定九郎・奴可内):5分で姿を消す役だが、会のチラシは主役を差し置いて斧定九郎である。どうカッコよく見せるかは自分の責任である。静の定九郎、動の奴(楽しくやりたい)を1つの公演でやらせてもらえるのはありがたい。
蝶一郎(不破数右衛門):大星に次ぐナンバー2の心意気を見せたい。
春之介(戸無瀬):踊りなので身体を使ってしっかり見せたい。
春希(小浪):あこがれの合同公演。振り付けの勘祖師から、母を見上げるような気持ちでと言われたことに注意したい。

|
|

« 第16回稚魚の会歌舞伎会合同公演・B班 | トップページ | 第8回亀治郎の会千穐楽 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

合同公演の会場で久しぶりにお会いでき、とても嬉しかったです。
大阪、行ってまいりました。稚魚の会合同公演に劣らず、熱気にあふれ、盛況でした。(大阪の暑さもすごかったですがwobbly
『対面』の工藤を演じた松次郎さん、重く強く大きく演じてらしていて、とっても良かったですlovely
大阪日帰りでかなり疲労してしまい(昼と夜2回見たので)明日のB班くじけそうでしたが、Swing様の感想を読ませて頂いて、なんとしても行こうという気持ちになりましたrock

投稿: マキ | 2010年8月22日 (日) 21時33分

マキ様
お疲れのところ、コメントありがとうございます!! 私も久しぶりにお目にかかれて本当に嬉しく存じました。ありがとうございました。

松次郎さんって、確か染五郎さんの「龍馬がゆく」で三吉信蔵を好演された方だったなあと、お話している最中に思い出していました。とても二枚目で、印象に残る演技でした。立派な工藤を演じられたようで、大阪まで遠征に行かれた甲斐がありましたね!! 上方のアツさ(気候も舞台も)が伝わってきました。

合同公演はやはりA・B両方ともご覧になっていただけたら嬉しいです(って、私が言うべきことじゃないのですがcoldsweats01)。強行軍の翌日で大変ですが、もう明日しかありませんし、きっとA班とはまた違う感動を覚えられることと期待しております。

投稿: SwingingFujisan | 2010年8月22日 (日) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/36298094

この記事へのトラックバック一覧です: B班出演者抱負(イヤホンから):

« 第16回稚魚の会歌舞伎会合同公演・B班 | トップページ | 第8回亀治郎の会千穐楽 »