« 九月歌舞伎昼の部2:「佐吉」に嗚咽を堪える | トップページ | 脳ズレ »

2010年9月 5日 (日)

兄弟で恋人:梅玉さんのコラムから

今日の東京新聞テレビ欄のコラムは梅玉さんの担当。このコラムは日替わりで1人がそれぞれ週に1回書いているのだが、梅玉さんは2週に1度で、とても待ち遠しいんである。
今日は、今月演舞場で魁春さんと共演していることに関して。梅玉・魁春兄弟が子供の頃から本当に仲良しだったことは歌舞伎ファンの間ではよく知られたことだと思うが、兄弟での共演は久しぶりだそうだ。そう言われると確かにそうかも。
梅玉さんによれば、子供の頃は一緒が当たり前で特に何も意識せずに舞台に出ていたが、「だんだんと兄弟で恋人役を演じるのに照れくさく感じるようになり、稽古の時に役に入った演技ができず」歌右衛門さんに叱られたということだ。大人になってからは他の役者さんとの共演が増え、色々勉強になっている。そんな中で魁春さんと共演してみると、「いつの頃からか照れがなくなり、気心が知れているだけに演じやすく感じられるようになって」きたと書かれている。
中村屋の兄弟はいつだったか、「いつも一緒にやってきたので、兄弟で恋人を演じるのは全然なんともない。父と恋人というとちょっと…」と語っていた。
同じ兄弟でもそれぞれ感じ方は違うものだろうが、歌舞伎では親子・兄弟で恋人・夫婦を演じることは当たり前である。中村屋兄弟の話に、へえ、そういうものなのかと感心した私は、梅玉さんの照れくささのほうがわかる。もっとも、親子・兄弟によるそういう役を見るのは、歌舞伎の一つの醍醐味でもあるだろう。
今月「弟演じる小町姫を慕う業平を自然体で」踊っている梅玉さん、来月は弟を母とすることになる。面白いなあ。
今後も梅玉・魁春さんの共演は増えそうである。
(「」内は記事からの引用)

|

« 九月歌舞伎昼の部2:「佐吉」に嗚咽を堪える | トップページ | 脳ズレ »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

梅玉さん&魁春さんのご兄弟(ほんとは兄妹と書きたい♪)は大好きです。今月の舞踊も良かったですね。梅玉さんHPの日記に魁春さんのことが時々出てくるのですが、仲の良さが滲み出て微笑ましいなぁと思います。これからも共演が楽しみです★

投稿: aki | 2010年9月 6日 (月) 09時29分

aki様
コメントありがとうございます。

焼肉の件ですね(^^) 先日、aki様のブログで拝読したのですが、ちょっとあまりに日が経ってしまっていたのでコメントを差し上げそびれてしまって、ごめんなさい。思わず微笑みが湧いてくるようなエピソードですよね。

私も兄妹と言いたいところですが、魁春さんって意外と男っぽいというか、やんちゃというか、大胆というか…みたいですよsmile

投稿: SwingingFujisan | 2010年9月 6日 (月) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/36549850

この記事へのトラックバック一覧です: 兄弟で恋人:梅玉さんのコラムから:

« 九月歌舞伎昼の部2:「佐吉」に嗚咽を堪える | トップページ | 脳ズレ »