« 鬼でなくても笑われそうな来年の話 | トップページ | 「うぬぼれ刑事」最終回にあの人が »

2010年9月 8日 (水)

南座顔見世演目と配役

からつぎ様からいただいた12月南座情報です。
詳細は京都新聞⇒ココ
★昼の部
「羽衣」 天女(孝太郎)、伯竜(愛之助)
「寺子屋」 松王丸(吉右衛門)、源蔵(梅玉)、千代(魁春)、戸浪(芝雀)、園生の前(扇雀)
「阿国歌舞伎」 阿国(玉三郎)、名古屋山三(海老蔵)
「沼津」 十兵衛(仁左衛門)、お米(秀太郎)、平作(我當)
★夜の部
「外郎売」 曽我五郎(海老蔵)、工藤祐経(段四郎)
「七段目」 大星(吉右衛門)、平右衛門(仁左衛門)、おかる(玉三郎)、竹森喜多八(歌昇)、赤垣源蔵(歌六)
「河庄」 治兵衛(藤十郎)、小春(扇雀)、孫右衛門(段四郎)、お庄(竹三郎)
「鳥辺山心中」 半九郎(梅玉)、お染(芝雀)
「越後獅子」 角兵衛獅子(翫雀)

満腹以上になりそうな盛りだくさんな顔見世興行ですなぁ。
夜の部で心中ものが2つ続くのがちょっと…だけど、これは行かなくっちゃだよね~happy02

|
|

« 鬼でなくても笑われそうな来年の話 | トップページ | 「うぬぼれ刑事」最終回にあの人が »

公演情報」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

南座は今月行くので顔見世は我慢しようと思っていたのに…
この顔ぶれにこの演目、かなり観たいですねぇ。
あぁぁ悩ましいです(*_*)

投稿: あねご | 2010年9月 8日 (水) 12時51分

あねご様
コメントありがとうございます。
南座はチケットも高いし、費用がかかりますものね。私はまだ南座って一度も行ったことがないんですよ。今月が狙い目かなとも思ったのですが、結局やめにしました。
顔見世もかなり悩みますゎ。

あねご様は今月南座遠征とのこと、南座での海老さまはどうでしょうね。レポ、楽しみにしていますね。永楽館も、ねhappy01

投稿: SwingingFujisan | 2010年9月 8日 (水) 18時14分

うわぁ超豪華!!
歌舞伎座とゆう一座がない分、役者さんも集めやすいですよね。
うぅぅ〜〜これは見たい!南座自体もステキだから、雰囲気も体感したいですよねheart01

投稿: 林檎 | 2010年9月10日 (金) 20時23分

林檎様
豪華ですよねえ。
歌舞伎座がないうえ、演舞場も12月は歌舞伎じゃありませんから南座に集中するわけですね。
時間的にも経済的にもむずかしいのですが(まず、日程を決めるのが最初の難関)、南座は一度も行ったことないし、そんなにステキなら行きたいなあ、行けたらいいいなあ。

投稿: SwingingFujisan | 2010年9月10日 (金) 21時35分

私も今年は遠征しようかと思っています。自分の誕生日に年休取って行こうかとも考えています。仕事よ邪魔するな!という感じです。一応カミサンの同意を取り付けたつもり・・・です。ちょっと怒った表情してましたが・・・。
泊まらずに帰りは夜行バスかもしれません。
さて、孫右衛門は我當さんで観たいところですが、平作一役だけでも大変かもしれませんね。我當さんは以前、国立で拝見した、平作が良かったですので今回も楽しみです。関西での大劇場での公演では多分初役だと思います。膝が悪いので大変だとは思いますが、お父さまの追善ですので無事1か月の公演を通して頂きたいと思います。
また、吉・仁の七段目などはまさに「年代記」ものですね。
(PS)愛之助の荷持ち安兵衛、進之介の池添孫八、茶店の女房に孝太郎(!)なら、まじりっけなしの追善狂言ですね。どう言う配役になるでしょうか。

投稿: うかれ坊主 | 2010年9月11日 (土) 00時15分

うかれ坊主様
コメントありがとうございます。
やはり、うかれ坊主様もいらっしゃいますか(12月のお生まれなんですね)。これだけ豪華だと、行かないわけにはいきませんよねぇ。奥様もそこはご理解なさっていらっしゃるでしょう(^^)
でも皆さん狙われるでしょうから、チケット厳しくなるでしょうかしら。早めに計画を立てないと…。私も遠征するなら少なくとも帰りは夜行バスにするつもりです(いや、恐らく往復とも)。
松嶋屋の「沼津」、楽しみです。我當さんの平作、泣けそうです。でもおっしゃるように脚は心配ですね。平作は足腰を使う役ですから。その他の配役、うかれ坊主様の案に大賛成。とくに孝太郎さんの茶店女房は贅沢でいいですね!!

段四郎さんはセリフが入っていればとてもいい味が出るので、孫右衛門には期待しています。

投稿: SwingingFujisan | 2010年9月11日 (土) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/36610094

この記事へのトラックバック一覧です: 南座顔見世演目と配役:

« 鬼でなくても笑われそうな来年の話 | トップページ | 「うぬぼれ刑事」最終回にあの人が »