« 将来染・千・仁左で見たい「佐吉」:「秀山祭」昼の部再見 | トップページ | 1時間半待ちの氷点下ビール »

2010年9月13日 (月)

落雷

つい今しがた、午後8時41分頃、落雷のため停電した(うちの近所一帯が)。
ドシャッという強烈な音とともに、一瞬のうちに闇になり、もちろんパソコンも、TVも消えた。予期していなかったので、懐中電灯も見つからず、しばし闇の中をうろうろした(足元に注意しながら腕を伸ばし感覚をさぐっていると、昨日の卯之吉が思い出されたweep)。
30秒ほど過ぎてから電灯がともり、ほっとした。
今は、ドシャッドロドロの音にまばゆいばかりの光が時々。そして叩きつけるモーレツな雨。稲光の写真を撮りたいものだと思うけれど、怖くて窓を開けられないcoldsweats02
落雷による停電なんて何年ぶりかしら。

|
|

« 将来染・千・仁左で見たい「佐吉」:「秀山祭」昼の部再見 | トップページ | 1時間半待ちの氷点下ビール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あ、落雷、SwingingFujisan様のところに行きましたか。

昨日、ちょうどその時間帯に、私は帰宅したのですが、どうも夜空が明るくて、駅前のパチンコ店の明かりかしら?なんて思っていたのですが、どうも家の近くまで来ても変わらない。夜空を見上げ続けて観察していたら、雲の合間から時々、物凄い発光があるのです。雨も降ってないし、ゴロゴロという音もなく、ただ、ピカピカしてるだけなんです。珍しいな、っと思って、家に居た母を外に呼んで、「見てごらん~」なんて言っていたくらい。母から「いま関東地方で大雨警報出てるところがある」と聞き、大気が相当不安定なんだろうな、と思っていたのでした。

雨もないのに、空がピカピカ光っているのは、本当に不思議でしたが、やっぱり雷さんになって、SwingingFujisan様の地域でいたずらしたのですね。

急な停電は本当にビックリしますよね。「電気」の威力を知る瞬間でもありますね。

投稿: はなみずき | 2010年9月14日 (火) 19時02分

はなみずき様
こちらにもありがとうございます。

雨がなく空がぴかぴか明るいだけの状態、私も見たことがあります。「きっとどこかでモーレツな雷雨になってるんだろうなあ」と思いながら。
あれだけの威力だったので、けっこう広範囲の雷雨じゃなかったのかなと思いましたが、はなみずき様のところでは降らなかったんですね。でも、遥か遠くの強烈な光が見えたっていうだけでも、自然の力の凄さを感じますね。まさに雷、暴れまわるといった感じで、ほんと、ちょっと恐ろしいくらいでした。

電気が切れて闇になる、不安でした。電化製品のぽちっという小さな明かりだけでも点いていると安心するものだなあ、と闇の中で思いました。

投稿: SwingingFujisan | 2010年9月14日 (火) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/36719737

この記事へのトラックバック一覧です: 落雷:

« 将来染・千・仁左で見たい「佐吉」:「秀山祭」昼の部再見 | トップページ | 1時間半待ちの氷点下ビール »