« ストレスたまる秘密厳守:10月歌舞伎昼の部1 | トップページ | 憎めぬ悪党・團十郎道玄の魅力:10月歌舞伎昼の部3 »

2010年10月 7日 (木)

あたたかい親子獅子:10月歌舞伎昼の部2

105日 芸術祭十月大歌舞伎昼の部(新橋演舞場)
昼の部一番のお目当て。
「連獅子」

若手の中では相当踊りが上手だと思っていた巳之助クンだが、三津五郎さんと真っ向から組んだらさすがに父親は大きい。そりゃあ当たり前か。三津五郎さんの踊りには風景が見える、表情がある。巳之助クンはきりりと初々しく、必死でお父さんについていっている感じ。もっとも、それが仔獅子らしいと言えば仔獅子らしい。その息子を見る三津五郎さんの目がやさしい。
間狂言はタイプの違う2人(秀調、門之助)の持ち味がうまく噛み合っていて面白かった(ただし、前半は陥落sleepy お目当ての演目だったのにcoldsweats02)。
巳之助クンの毛振りは最初はとてもきれいだったが、段々に疲れがみえてきたようだった。逆に三津五郎さんは終わりに近づくほど激しく振っていた。
爽やかな空気が漂い、全体的に柔らかなあたたか味のある親子獅子――紆余曲折の末、今こうして息子と「連獅子」を踊る三津五郎さんがどんなに嬉しいことだろうかと察し、また歌舞伎役者として進むことを決意して以来成長著しい巳之助クンの努力も窺え、3代に亘る三津五郎追善として心に沁みるものがあった。

|
|

« ストレスたまる秘密厳守:10月歌舞伎昼の部1 | トップページ | 憎めぬ悪党・團十郎道玄の魅力:10月歌舞伎昼の部3 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/37111895

この記事へのトラックバック一覧です: あたたかい親子獅子:10月歌舞伎昼の部2:

« ストレスたまる秘密厳守:10月歌舞伎昼の部1 | トップページ | 憎めぬ悪党・團十郎道玄の魅力:10月歌舞伎昼の部3 »