« 口コミの功罪 | トップページ | おめでとう »

2010年10月26日 (火)

DVD作りにも意義あり

昨日何となくテレビをつけたら「プロフェッショナル」をやっていた。英国ロイヤルバレエ団のプリマだった吉田都さん、最後の公演までの軌跡を追った内容で、自己に厳しい姿勢は易きに流れる私にはとても真似できないが、そういう姿勢を常に持ち続けていたからこそ15年間もプリンシパルを務めることができたのだ、と深く感動した(バレリーナって、爪先をくるんと内側にまげて爪で立つのかと思っていたら、指の腹で立つのね。まるで手の動きのようで驚き、感心した)。
その吉田さんが辛いときや挫けそうになったとき、心を癒してくれたのが日本のテレビ番組だそうだ。「おしん」などのドラマやバラエティ、おかあさんが録画して吉田さんのもとに送った数々のビデオである。
私も娘が「これが見たい」と希望するドラマやバラエティをいくつか録画してはDVDに落とし、送っている。DVD作りに時間がかかることもあり、時々面倒くさいなあと思うこともあるし、なんかバカバカしいことやってるなあと自分たちに疑問をもつこともあるけれど、吉田さんが癒されたことを知って、ちょっと勇気づけられた気がする。
「プロフェッショナル」の眼目は「そこかいっcoldsweats02」なSwing、これからも、せっせとDVD作りに励みますcoldsweats01

|
|

« 口コミの功罪 | トップページ | おめでとう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/37394255

この記事へのトラックバック一覧です: DVD作りにも意義あり:

« 口コミの功罪 | トップページ | おめでとう »