« ハプニングも楽しんだ「忍ぶの惣太」:顔見世千穐楽夜の部② | トップページ | 実力派の踊り:第2回「挑む」② »

2010年11月28日 (日)

座頭としての貫禄:第2回「挑む」①

1126日 「挑む vol.2~歌舞伎役者の華麗な舞」昼の部(玉川区民会館)
尾上松也自主公演。昨年の第1回に続く2回目の「挑む」である。今年は去年のメンバー(國矢、左字郎、音一郎)のほかに松也一家(?)総出で、徳松さん、松五郎さん、隆松さんも出演されるというのでより楽しみが増して、この日を待った。
ロビーには「先輩ROCK  YOU」の番組、加藤浩次、大東俊介、松坂桃李といった出演者からの花が飾ってあった。そして松也クンが頭中将役で出演する映画「源氏物語」の主役、生田斗真クンが見に来ていた!!  斗真クンは「うぬぼれ刑事」でも顔がうるさいとかさかんに言われていて、私もイケメンっていうほどイケメンじゃないじゃないなんて思っていたのだが、本物の斗真クンは間違いなくイケメンでしたcoldsweats01
あと、尾上右近クン、守田菜生さんが見に来ていた。右近クンはこういう会をよく見に来ていて、勉強熱心だなあと感心する。

中へ入ると、客席下手側の最上段に松也クンの亡父・松助さんの小さな写真が置かれてあるのが胸を打った。舞台を見守るかのような松助さん…。松也クンも立派な役者さんになりましたよ、と心で話しかけた。
さて、開演時間になると、昨年同様スーツ姿の4人が登場(今年は左字郎さんもネクタイをしていた)。下手側から音一郎、國矢、松也、左字郎の順に並ぶ。松也クンが昨年のお礼を述べた後、第2回の今回はバラエティに富んだ演目を選んだ、力が及ばない演目ではあるが、それが「挑む」の由来である。120%の力で挑みたい、と抱負を述べる。
そして1人ずつ演目の説明を。國矢さんは「鶴亀」。物語性はなく、日本人にとって縁起の良い鶴と亀であり、格式の高いお目出度い舞踊である。厳粛、謙虚、礼儀を感じ取ってほしい。素踊りなので素顔の役者も見てほしい。
左字郎さんは「二人椀久」。雀右衛門さんと富十郎さんの当たり役の舞踊である。歌舞伎名作撰にも選ばれている。椀久が恋焦がれる松山と言う女性の幻を見るという、韓流ドラマ並みの恋愛ドラマである。衣裳の色彩、鬘の結い上げの美しさ、照明の変化を見てほしい。また、音楽もポップス→ロック→R&Bといったようにどんどん変っていく。
音一郎さんは「棒しばり」。ストーリーを簡単に紹介して、縛ったほうは安心して出かけたけれど、縛られて諦める2人ではなく、酒を飲んでしまう、あとは舞台でお楽しみ、と。軽快な踊りと芝居が混じって面白い。どんどん笑って拍手して。そうすればこちらもどんどん盛り上がる。
こうして演目紹介が終わり、一同引っ込んだが、最初の「鶴亀」の幕が全然あかない。すると松也クンが再び登場して、「裏に回ったら準備が全然できていない。自分以外の出演者は昨日まで演舞場があったりして、リハーサルをしたのが今朝になってから」と説明。演奏方では三津五郎さんの巡業から帰ってきたばかりの方もいらっしゃったようだ(お疲れ様です。松也クンも雨の中の絶叫マシーン巡り、大変だったわねえ)。
松也クンのつなぎの間に、どうやら準備も整ったようで、幕があいた。松也クン、座頭としての貫禄が出てきたみたい。

|

« ハプニングも楽しんだ「忍ぶの惣太」:顔見世千穐楽夜の部② | トップページ | 実力派の踊り:第2回「挑む」② »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/37868824

この記事へのトラックバック一覧です: 座頭としての貫禄:第2回「挑む」①:

« ハプニングも楽しんだ「忍ぶの惣太」:顔見世千穐楽夜の部② | トップページ | 実力派の踊り:第2回「挑む」② »