« 黙阿弥のアウトローはかっこよく悲しい:河内山と直侍 | トップページ | ハプニングも楽しんだ「忍ぶの惣太」:顔見世千穐楽夜の部② »

2010年11月27日 (土)

初めて泣いた「逆櫓」:顔見世千穐楽夜の部①

1125日 顔見世大歌舞伎千穐楽夜の部(新橋演舞場
久々の最前列happy01
「逆櫓」
第一場、およしの前夫の三回忌では芝のぶちゃんもこんな化粧だとおばさんになっちゃうなあbearing、なんて変な発見(ごめん。とってもかわいいおばさんでしたよ)。それは忘れよう。
だんだん「逆櫓」の面白さがわかってはきたけれど、それに連れて不条理な気持ちも強くなる。江戸時代は子供を犠牲にするのにはあまり抵抗がなかったという話をイヤホンで聞いて以来、もうそこにこだわるのはやめようと思いながら、やっぱり槌松が可哀想過ぎて、つらくなる。
段四郎さん独特の「さ」行の発音を聞くと、祖父としての悲しみが実感をもって伝わってくる。いい役者さんだなあと思う。
ラスト近く、高麗蔵さんのおよしが樋口に槌松(実は駒若丸)に別れを告げるよう勧めた途端、うるっと泣けてきた。こんな悲しい物語なのに、今までは泣くという感慨が全然湧かず、むしろ怒りの感情が強かった。それがおよしの一言で、初めて泣いたweep
樋口の幸四郎さんは間近で見ると立ち回りの体力消耗が激しそう。重い碇を持ち上げた幸四郎さんは、実にカッコよかった。
富十郎さんの代役・彦三郎さんは情けをかけるというよりは、実直な武士として樋口を理解し惜しむという気がした。それはそれで彦三郎さんの味が出ていたと思う。

この芝居の槌松実は駒若丸役は子役にしては大変ではないだろうか。セリフは最後の一言のみ、途中もほとんどじっとしているだけ。それでいて、細かい動きも要求される。難しい役だなあと見るたび思う。金太郎ちゃん、よく頑張りました。
「梅の栄」
前回観劇時に比べて、とくに種之助クンの踊りが進歩したような気がした。
芝翫さんが宜生クン相手に気持ちよさそうに踊っていたのが印象的。

|

« 黙阿弥のアウトローはかっこよく悲しい:河内山と直侍 | トップページ | ハプニングも楽しんだ「忍ぶの惣太」:顔見世千穐楽夜の部② »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/37861142

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて泣いた「逆櫓」:顔見世千穐楽夜の部①:

« 黙阿弥のアウトローはかっこよく悲しい:河内山と直侍 | トップページ | ハプニングも楽しんだ「忍ぶの惣太」:顔見世千穐楽夜の部② »