« 樋口もよかった幸四郎:演舞場顔見世夜の部① | トップページ | ランクアップポイント »

2010年11月17日 (水)

ツッコミどころ満載「忍ぶの惣太」:演舞場顔見世夜の部②

1114日 吉例顔見世大歌舞伎夜の部(新橋演舞場)

「都鳥廓白浪」
あの吉田家のお話で、なおかつ「盟三五大切」みたいな主君と家来のごちゃごちゃがあって面白かった。初めて見るんだと思うけれど、何となくどこかで見たことがあるような気がするのは、物語にそういう馴染みがあるからなのか。でも「おまんまの立ち回り」もどこかで見たことがあるようなないような。で、よっく考えたら、平成178月、同じ演舞場で見た「もとの黙阿弥」にその場面があったのよね。記憶力の悪い私にしてはよく覚えていたでしょscissors きっと面白くて強烈な印象があったのでしょうね。
で、今回は感想というよりはナンセンスつっこみ特集で。
酒と肴を買いに行った男女蔵さんはどうしちゃったの?
お梶が妹ではないかと気づいて惣太の家の中の様子を伺っていた團蔵さん、どうして危機に助けにこなかったの? 何もかも終わってからでは遅いよ~。
目が見えないばかりに都鳥をすりかえられ、舅まで殺してしまった惣太。お梶はもっと早くに薬を手に入れていたのだから、すぐにでも飲ませていればそんな悲劇は起こらなかったのに、どうして事が起きてから出てきたのぉ?
お梶(時蔵)の父親役の権十郎さん、若すぎてお気の毒。両性具有的な役はやっぱり菊ちゃんだね。
ていうか、いくら何でも奥さんの前でいちゃつくこたぁないだろう、なんてあまりの堂々たるいちゃつきぶりに呆れを通り越して笑ってしまった。
というあたりでご勘弁。千穐楽にもうちょっとマシな感想書きます。
<上演時間>「逆櫓」99分(16301809)、幕間30分、「梅の栄」18分(18391857)、幕間20分、「忍ぶの惣太」120分(19172117

10111701taiyaki
2回目の幕間に行ったら、あと残り2~3個というところでぎりぎりセーフ。先にトイレに行かなくてよかったcoldsweats01
昼の部の感想に1等B席からの眺めの写真を入れました。

|
|

« 樋口もよかった幸四郎:演舞場顔見世夜の部① | トップページ | ランクアップポイント »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

うふふ。私も同じような突っ込みを思いましたcatface歌舞伎はそもそもそういうものだけど、なんかこのお話はより突っ込みどころ満載だった気がします。
女と男を行ったりきたりするのは、今のところ菊ちゃんが一番ですね!本当に鮮やかで惚れ惚れheart04
私が見た日はおまんまの立ち廻りで一度茶碗を置いた時にひっくり返ってしまったようで、二度目に取る時に落ちてしまったご飯がなかなかお茶碗に入らず、かなり苦労していてハラハラしましたsweat01その後ご飯を食べる時に汚なくなっているであろう上の方を避けて食べているのにはちょっと笑ってしまいました。菊ちゃんてば結構神経質?!なんて、そういうハプニングって役者さんの素顔が垣間見えてちょっと楽しかったりしますよねsmilesmile

投稿: 林檎 | 2010年11月26日 (金) 19時39分

林檎様
面白かったですね、このお話。2度目に見たときも、もっとツッコミどころがあったのですが、今はもう忘れてしまいましたcoldsweats01
菊ちゃんのご飯のエピソード、面白い!! でも、舞台なんて汚れているでしょうから、ちょっとかわいそうになっちゃう。そこを避けて口に入れるのはよくわかりますわ~(^^)
色々なハプニングがあるものですね。千穐楽も楽しいハプニングがありましたよwink のちほど。

投稿: SwingingFujisan | 2010年11月26日 (金) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/37699564

この記事へのトラックバック一覧です: ツッコミどころ満載「忍ぶの惣太」:演舞場顔見世夜の部②:

« 樋口もよかった幸四郎:演舞場顔見世夜の部① | トップページ | ランクアップポイント »