« 来年のこんぴら歌舞伎 | トップページ | 光の都、東京 »

2010年12月20日 (月)

来年3月の国立劇場は必見貴重公演

来年3月の国立劇場は仁左様による「絵本合法衢」だそうです。
知らない演目なので早速ネットで調べたら、有名な狂言のパロディを巧みに取り入れた南北の仇討ちもので、相当すごい内容らしいhappy02
めったに上演されない演目だそうだから、これは必見sign03
仁左様は、2月昼夜に続いて3月も仇討ちものなのね。となれば、こちらもやはり松竹座から続けて見なくては、とあらためて気持ちが高ぶるのですupwardright
この情報はうかれ坊主様からいただきました。ありがとうございます!!

追記(12/23):国立劇場のHPにもお知らせが出ましたね→ココ

|
|

« 来年のこんぴら歌舞伎 | トップページ | 光の都、東京 »

公演情報」カテゴリの記事

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

>S.Fさま
よさげですね。玉様のうんざりお松なら冥途の土産もんですが、配役気になります。
これ、染五郎さんでいのうえ歌舞伎にもなりそうです。うんざりお松は秋山奈津子さんがいいな♪

投稿: とみ(風知草) | 2010年12月21日 (火) 12時36分

とみ様
この演目については何も知らないので配役についてもなんとも言えませんが、仁左様に玉様ならそれだけで無条件に嬉しいです。
染五郎&秋山さんでいのうえ歌舞伎、これも配役については知識がないのでわかりませんが、やっぱりこのお2人なら文句なくgood idea!! ぜひ実現してほしいですdash

投稿: SwingingFujisan | 2010年12月21日 (火) 18時02分

とみさまのおっしゃるようにうんざりお松をできる方がいるのかと考えると不安ですね。
玉三郎丈なら文句なしですがそれは有りえないでしょうから。福助さんに期待するしかないでしょうか?春猿では松嶋屋さんとバランス悪いでしょうし・・・
サプライズで前進座の国太郎なってことはないですよね。

(PS)駄目もとで「ろくでなし啄木」を昨夜チケットぴあに電話してみたら千秋楽の立見が残ってました。5,000円。ちょっと嬉しい誤算でした。(天王洲アイル)

投稿: うかれ坊主 | 2010年12月21日 (火) 18時47分

うかれ坊主様
先日は情報をありがとうございました。
うんざりお松のことは存じませんが、イメージとして福助さんがおやりになるとオーバーアクションになりそうで怖いです。笑三郎さんではニンが違いますか? 国太郎さんはないでしょうねえ。

ろくでなし啄木、よかったですね!! 三谷さんの来年のラインナップではもう「国民の映画」も申し込みました。抽選なのではずれるかもしれませんが。ろくでなしは私も天王洲で見ます、千穐楽ではないですけれど(^^)

投稿: SwingingFujisan | 2010年12月21日 (火) 19時42分

共演者が孝太郎・愛之助・時蔵となっていました。国立のHP。
従ってうんざりお松は時蔵丈のようですね。期待したいと思います。

投稿: うかれ坊主 | 2011年1月13日 (木) 19時58分

うかれ坊主様
時蔵さんがご出演になることは知っていたのですが、そうか時蔵さんが「うんざりお松」なんですね。うかれ坊主様やとみ様と配役を楽しく予想しましたが、時蔵さんとは思いがけないことでした。やっぱり3回はリピートしそうです(^^)

投稿: SwingingFujisan | 2011年1月13日 (木) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/38145873

この記事へのトラックバック一覧です: 来年3月の国立劇場は必見貴重公演:

« 来年のこんぴら歌舞伎 | トップページ | 光の都、東京 »