« 菊之助玉手の美しさ | トップページ | 寒い試合だったけれど、セレモニーであたたかくなる »

2010年12月 4日 (土)

幻想的かつ勇壮の「達陀」

122日 十二月大歌舞伎初日(日生劇場)
次は憧れの「達陀」
「達陀」
10120401bamboo_2 昨年の国立劇場の声明公演もお水取りの声明だったから、「達陀」にはそれを彷彿させるものがある。
声明公演を見ると宗教は音楽だと思うのだが、「達陀」は静かで勇猛でリズミックでほの暗いお堂の内部での儀式の荘厳さが心地よい。
堂童子(亀寿)の吹く法螺貝は太佐一郎さんでしたか。稽古で東大寺の僧侶に早すぎると注意を受けてゆっくり吹いたそう。堂童子が吹き終わってもまだ法螺貝が鳴っているのでおや?と思ったが、その部分はBGMなんだろうと解釈。
舞台が暗いので修行僧は誰が誰やらよくわからなかった。
青衣の女人(時蔵)と松緑さんとの絡みの部分は途中で睡魔に襲われ、夢うつつの中で見た。夢うつつで――ある意味正解? いやいや、次回から要注意と自分に言い聞かせる。
全体にはまだ整っておらず、群舞などでも揃わないところが間々見られたが、若い踊りの迫力はたっぷりで、終わった時には「え~、もう終わり? もっと見ていたい」と未練が残った。
<初日上演時間>「摂州合邦辻」序幕・二幕目70分(11001210)、幕間25分、三幕目33分(12351308)、幕間10分、大詰81分(13181439)、幕間25分、「達陀」46分(15041550
実際には10分ほど延びた。現在では合邦と達陀の幕間が5分短縮され、1548終演に変更されている。上演時間→ココ
写真は単なるイメージです。

|

« 菊之助玉手の美しさ | トップページ | 寒い試合だったけれど、セレモニーであたたかくなる »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私も初日に行ってまいりましたっ。で、個人的にはこちらの演目のほうがたいそう気に入りました。たしかに群舞はまだ揃っていない部分がたくさんあったし、全体的に舞台が暗いので誰が誰だかよくわからずそのあたりちょっと不満ですが、時様の美しさに圧倒されたこともあり、終わって心地よい満足感に浸りました。都合をつけて、ぜひ幕見に行きたいと思っています。

といいつつ、心ははや南座~♪のからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2010年12月 4日 (土) 13時38分

からつぎ様
あら、からつぎ様も初日にいらしたのですね!!
多少揃わなくても迫力十分、ぐいぐい惹き付けられました。
初日は2階の比較的上のほうで見たので、オペラグラスを覗くのに少し疲れましたcoldsweats01
次回はGC席(上手を取ったけれど、下手でも花道は全部見えそうなので下手にすればよかった)ですので時様の美しさを堪能できると思います。
私も、これ幕見しようかな~と思っています。

南座、ああ私もチケット取っておけばよかったと残念な思いですが、今月はやっぱりちょっと難しくてweep ゆっくり楽しんでいらしてくださいね。

投稿: SwingingFujisan | 2010年12月 4日 (土) 13時56分

SwingingFujisanさま

こんにちは。私は昨日(4日)に参りました。私も最初に声明公演を思い出しました。声明の音楽劇に対してこちらは舞踊劇でしたね!以前、歌舞伎座で上演されたときに、幻想的な舞台と和製ベジャールのような群舞がとても衝撃的で、幕見で追加で3回見ました!

そのときは集慶は菊五郎で、青衣の女人は菊之助だったのではないかと記憶します。本当に一服の絵のようでした。今回の時蔵さんもとても素敵でしたが、また菊之助さんでも見たいと思いました!

群舞の印象もちょっと異なりました。菊五郎は群を抜いてうまくて、踊りの師匠がみんなを引っ張っている感じで、激しい動きもどこか余裕があって、型がひとつずつ美しく、拳を突き出すときでさえかすかに色気がありましたが、今回はちょっと体育会系的happy01で、松緑はじめ、若いパワーで一丸となって、ズンズンつき進んでいる力強い感じでした。これもまた、とっても楽しめました。

やっぱり今回も幕見で追加になるかなhappy02会社の帰りでも行けるので有難いです!!

投稿: よこ奴 | 2010年12月 5日 (日) 16時03分

よこ奴様
「達陀」の世界は声明公演に重なりましたね。両方見られてよかったと思いました。私は今回が初見で菊五郎さんの集慶は見ておりませんが、歌舞伎チャンネルで2代目松緑さん版を見て、一気にこの世界に引き込まれました。
言われてみると、菊五郎さんと現・松緑さんの違いがわかるような気がします。そしてその違いもまた楽しめる感じも想像できるように思います。
よこ奴様が以前幕見を追加なさってように、私も早く又見たくなってきましたぁ!! 

投稿: SwingingFujisan | 2010年12月 5日 (日) 17時22分

SwingingFujisanさまfujiこんばんはhappy01

なんとか調整して、行ってまいりましたわrock
皆さまのコーフン気味のコメントや買い足し情報に、「ホントに一回でいいのか?私?」とアセる気持ちに…coldsweats01
そして、Web松で希望のチケをゲットしてからは、日々高まる期待shineそしてそれを裏切らない感動confident
も~ホント、行ってよかったです!!そしてできれば間にもう一回、どこかにねじこませたいです!!

あとやっぱり私も梅枝くん、大好きです~heart04クラクラきちゃいましたわ~lovely
Swingさまがおっしゃるように、なんとも言えない古風な感じがいいですよねwink
達陀ではまたちがった素敵さが見れて、帰りは顔がニヤけて困りましたよ~smile

投稿: 七子 | 2010年12月11日 (土) 00時21分

七子様
おはようございます。ここのところちょっと風邪気味で昨夜は早めに引き揚げ、失礼しました。

でしょでしょ、「達陀」何度でも見たいでしょ。私も「ジャンヌ・ダルク」の前に昼の部の「達陀」と夜の部「合邦」の途中まで幕見しようと計画していたのですが、体調を考えてムリをしないことにしました。七子様からコメントをいただいて、早く又見たいっhappy02と気分だけはがんがんupです。

梅枝クン、見事に期待に応えていましたね。あの若さでの古風さは貴重だと思うし、表現力はあるし、踊りも上手だし、いい役者になること請け合いですgood
ニヤけたお顔の七子様、こちらも思わずニヤけてしまいましたsmile

投稿: SwingingFujisan | 2010年12月11日 (土) 09時20分

SwingingFujisan様
 今晩は。皆さん日生劇場の合邦、達陀、盛り上がっていらっしゃいますね。私は中日すぎの観劇の予定ですが、どちらの演目とも楽しみです。
 今日、国立の忠臣蔵、見てきました。Fujisanさんは染五郎お好きだから、これから、ご覧になる予定ですか。又、忠臣蔵かとは思いますが、12月の上演は季節感もあい、悪くはありません。今回は、幸四郎の考え方でしょうか、いつもとは違った珍しい、工夫した出しかたでそれなりに面白かったです。かなり各段にカットが多く、コクがないといえばそうですが、いかにも合理性を重んじる幸四郎のやり方ですね。同様に猿之助も現代人に退屈させないように考えていました。
 目についた配役では、亀鶴の伴内(特に道行)が行儀がよく高得点です。道行の伴内は悪い役ではないので、他の若手・中堅がもったいないくらいの端役の中で、亀鶴の実力を座頭、幸四郎が認めたのでしょうか。染五郎は平右衛門が闊達な良い出来栄え、数年前の歌舞伎座での上演より、着実に腕を上げています。判官、勘平は、ニンにあうのですが、もう数度、経験が必要と思いました、役の透明感はあるのですが、逆に存在感が弱いと感じました。

投稿: レオン・パパ | 2010年12月11日 (土) 21時27分

レオン・パパ様
こんばんは。
国立のご感想、ありがとうございます。先月の幸四郎さんがよかったので今月はどうしようか迷ったのですが、今のところパスの予定です。でも亀鶴さんのポイントが高いとなると、ちょっと見たくなりますわ~(亀鶴さんを幸四郎さんが認めてくれたとすると嬉しいです!!)。 
後半、時間が取れたら亀鶴さん(染五郎さんでなくてsmile)を見に行きたいです。それに、やっぱり12月ですものね、前向きに考えます。

日生はきっとレオン・パパ様のご期待にそえると思います。私など思い出すと早く又見たくなって、もうじき第2回観劇日なのにジリジリしています。

投稿: SwingingFujisan | 2010年12月11日 (土) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/37950197

この記事へのトラックバック一覧です: 幻想的かつ勇壮の「達陀」:

« 菊之助玉手の美しさ | トップページ | 寒い試合だったけれど、セレモニーであたたかくなる »