« 「0号室の客」②:鑑賞篇 | トップページ | 日生に幕見 »

2010年12月 1日 (水)

困った?本、困った?龍馬

昨日、電車で本を読んでいて、「うっ」と声に出して泣きそうになった。涙が溢れそうになるのを必死で堪え、滲む程度に抑えたけれど…。
そういえば、だいぶ前になるが、思わず吹き出してしまった本もある。バツが悪いから突然咳でも出たような顔をしてごまかし、慌てて本を閉じたが、しばらくはくっくっくっくっ喉の奥に笑いが残って困った。これも咳でごまかした。でも微妙な表情をしていたと思う。
泣いたのは短編集「夜の朝顔」(豊島ミホ)の中の「五月の虫歯」、笑ったのは
原田宗典のエッセイ(題名は忘れてしまった。「スバラ式世界」シリーズのどれか)。

「龍馬伝」の最終回は亀ちゃんが出るから、録画した。まだ見ていないんだけど、翌日のラジオで「ちょうど暗殺される一番いい場面で選挙速報のテロップが入った」と聞いた。さらには、「龍馬伝」そのものが「完」になった後、登場人物ゆかりの地が紹介されるコーナーがあるでしょ。その最後は桂浜の龍馬像のアップだったそうだが、なんとその龍馬の鼻の穴にくもの巣が張っていたという。
で、その2カ所だけ録画を見たら、確かに愛媛県知事選当確のテロップが入っていて、興ざめ(これについては、NHKに抗議が殺到したって昨日さんざん報道されていたね)。当選した中村時広さんも立場ないだろうな。そういえば中村時広さんって、松山市長だった人で、たしか錦之助さんと小学校・中学校の同級生のはず。名前も中村時蔵と一字違いなものだから、私としてはちょっと複雑な気分。
龍馬像のほうは、言われてみると、1本斜めに光る線が見えた。あれが蜘蛛の巣なのかなあ。もし本当に蜘蛛なら巣というよりは糸だ。

|
|

« 「0号室の客」②:鑑賞篇 | トップページ | 日生に幕見 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

そうそう!電車の中で読む本は選ばないと、困った事になる時がありますよね〜coldsweats01
原田宗典さん、調べてみたら面白そうな方ですね。私が以前電車の中で笑いを堪えたのはリリーフランキーさんのエッセイでした。どんなに堪えても肩が震えて大変でしたcoldsweats01coldsweats01
そして今まで読んだ中で一番泣かされたのもリリーさん。Swinging Fujisan様は「東京タワー」は読みましたか?明るく楽しいオカンのキャラもあって前半は楽しいのですが、オカンが亡くなる頃からはもう涙、涙。父が亡くなった時と被ってしまって大号泣crying
元々感動屋で泣き虫な方なのですが、この時は次の日目が腫れて大変でしたcoldsweats01

竜馬は一度も見てなかったのに最終回だけは偶然見れて亀ちゃんにビックリ!香川さんと従兄弟共演してましたね。香川さんは本当にウマい役者さんなので見るたびに(歌舞伎役者じゃなくて)惜しいなぁ〜と思ってしまいます。

投稿: 林檎 | 2010年12月 2日 (木) 22時28分

林檎様
リリーさんって、テレビで色々エロいこと喋るのはいいのですが、あんまり好きじゃなかったんですよね。それで「東京タワー」も読んでいないのですが(ベストセラーは避けるというひねくれものですし、それにきっと泣くと思ったから)、テレビドラマをごく一部だけ見て泣きました。テレビで見るリリーさんとのギャップが大きかったわ~。
原田宗典は最近全然読んでいませんが、一時ちょっとハマりました。

香川さん、本当は歌舞伎役者になりたかったみたいですよ。私も歌舞伎役者としての香川さんを見たかったなあと、心から残念に思います。

投稿: SwingingFujisan | 2010年12月 2日 (木) 22時53分

えっっ?!香川さんは歌舞伎役者にはなりたくない人なんだと思ってました。ならなかった事情が何かあるのですか?差し支えなければ教えて下さい!

リリーさんは超照れ屋さんなため、それの裏返しでああいう事ばかり言っているので、おおめに見てあげて下さいませ。「東京タワー」のリリーさんが、本当のリリーさんです。全くサブカルチャー的な人だったのがベストセラーになって逆に驚きましたが、親が子を想う気持ちが本当によく描けていて名作ですよ〜!号泣確実ですがcoldsweats01coldsweats01

投稿: 林檎 | 2010年12月 4日 (土) 18時53分

林檎様
おはようございます。
昨日は完璧に酔っ払ってしまい、お返事が今朝になってごめんなさい。
香川さんはご承知とは思いますが、ご両親の離婚によって母親に引き取られ、以降猿之助さんとの接触はなかったようです。しかし香川さんの心の中には父親恋しさもあったみたいですし、長ずるにつれ父親の芸の偉大さに敬意を覚え、自分も父親のもとで歌舞伎をやりたかった(というより、猿之助の芸を自分が継ぐべきであった、だったかもしれません)という思いが強くなった、というようなことを以前「徹子の部屋」で話していました。記憶違いだったらごめんなさい。ただ、息子さんに夢を託して日本舞踊を習わせている(だったか、習わせようとしているだったか)ともおっしゃっていましたので、やはり歌舞伎役者になりたかったんだなあと、ちょっとかわいそうに思った記憶があります。

リリーさんはそうですね、照れ屋さんなのはわかります。いずれ読んでみますね、あんまり泣きたくはないのだけど (^-^;

投稿: SwingingFujisan | 2010年12月 5日 (日) 08時47分

二日酔いになってないですか〜?coldsweats01そんな中、早速教えていただいてありがとうございます!

歌舞伎役者の場合は小さい頃からのお稽古が大切になりますから、引き取ったお母様の中に歌舞伎をやらせたくない気持ちもあったのかもしれませんね。
う〜ん偉大なDNAを継いでいるだけに、残念な事です…
もしも息子さん(猿之助さんにとってはお孫さん)が歌舞伎役者になったら猿之助さんもさぞ喜ばれるだろうし、こちらとしてもワクワクしますねnotes

投稿: 林檎 | 2010年12月 5日 (日) 13時45分

林檎様
お気遣い、ありがとうございます。
やはり、気持ち二日酔い気味でしょうか。2晩続けてよく飲みましたからcoldsweats01

香川さんの息子さんはもう6歳くらいになってるのかしら。歌舞伎役者にするのであれば、既にある程度の素養を教えておかないといけない年齢ですよね。息子さんが俳優になるという路線は敷かれているみたいですけれど、歌舞伎ファンとしてはぜひ澤瀉屋の芸を息子さんに継承していただきたいものです。ほんと、香川さんが歌舞伎と違う世界にいるのが惜しい(いい役者さんですから、余計そんな気がします)。

投稿: SwingingFujisan | 2010年12月 5日 (日) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/37909205

この記事へのトラックバック一覧です: 困った?本、困った?龍馬:

« 「0号室の客」②:鑑賞篇 | トップページ | 日生に幕見 »