« 朝の幸せ | トップページ | 手に汗握った異端審問:「ジャンヌ・ダルク」 »

2010年12月 9日 (木)

初春ルテアトル銀座は玉三郎さんで!!

海老蔵奮闘公演が中止になった1月ルテは玉三郎さんの公演になるようだ(→ココ)。
先日の海老蔵記者会見で我孫子さんがルテの公演は何らかの形でやりたいと言っていたから、期待はしていた。そしてその場合、玉三郎さんが一番いいんじゃないかと秘かに考えていたら、やっぱり。
チケットは払い戻して又売り出すのかな。私は今のチケットが使えるならそれでもいいけど。
こうなると、玉様を応援しに2月の博多座にもやっぱり行かなくっちゃという気持ちになるわup

|
|

« 朝の幸せ | トップページ | 手に汗握った異端審問:「ジャンヌ・ダルク」 »

公演情報」カテゴリの記事

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

無期限謹慎は当然の処分ですね。反省という意味でも、プロとしてちゃんとしたものを見せれない状態であるという点でも、舞台に立つべきではないと思います。
ただ、心配していたよりも元気そうな姿を記者会見で見てひとまずホッとしました。
これを機会に本当に生まれ変わって、将来継ぐであろう團十郎という名跡にふさわしい人間になってほしいです。当代團十郎さんは素晴らしいお人柄なのに、本当にもう。。。bearing

自ら代役をかってでたという仁左様といい、正月公演を急遽やると決めた玉様にも感動しました。素晴らしい女形さんに対してなんですが、男気があってかっこいい!!
私も行くつもりなので、このままチケットが使えればなぁと思っております。
短い準備期間で舞台を作りあげるのはどんなに大変かと関係者の皆様全てに頭が下がります。そうそう、2月は代わりに福助さんが出られるそうですね。一体どんな演目になるのかしら。。。?
歌舞伎ファンとしてはこういう時こそ応援にいかなくちゃ!!ですよねup

投稿: 林檎 | 2010年12月 9日 (木) 14時48分

一度払い戻ししないとダメですよ。
玉様のチケットは新たに入手してくださいとのこと。
だってお値段upしますもの。
1等が18000円也ですわ…。

投稿: まる | 2010年12月 9日 (木) 14時58分

林檎様
まったく、海老蔵さんはどれだけの人に迷惑をかけているのでしょう。自分の置かれた立場というものをしっかり自覚して、さらに魅力的な海老蔵になってほしいものです。

歌舞伎座がない今、役者さんたちの力が大きいですね。ルテアトルの公演が行われることになってほっとする一方で、おっしゃるとおり、急遽役に取り組まなければならなくなった役者さん、そしてすべての関係者の方たちの努力に感謝感謝です。

御園座は「葛の葉」「勧進帳」「源氏店」、「木の実」「小金吾討死」「すし屋」「二人道成寺」だそうです。福助さんのほか、梅玉さんもご出演。

投稿: SwingingFujisan | 2010年12月 9日 (木) 15時57分

まる様
ご指摘ありがとうございますcoldsweats01それはそうですよね、違う公演なんですものねcoldsweats01
1等18,000円ですか…。ううむ…。さすがにちょっと考えてしまいますわ…。

投稿: SwingingFujisan | 2010年12月 9日 (木) 15時59分

>S.F.さま
さすが玉様。海人別荘朗読でも、阿古屋演奏会版でも、阿国でも文句いわへんと思ってましたが、フル版とは…。岩長(人形振りの方)は猿弥丈がいいな。下手でじっとしてらっしゃる方は笑三郎さん希望。奴さんは美形を揃えはるでしょうねえ。
男の中の男であられますねえ。同時代にいられる幸福を感じます。

投稿: とみ(風知草) | 2010年12月10日 (金) 12時30分

とみ様
思いがけないお年玉になりましたね。声をかけていただけるうちが花と玉様はおっしゃったようですが、「阿古屋」とはまさに玉様の心意気を感じます。
重忠に獅童さんというのにはちょっと驚きました。
猿弥さんの岩永、賛成っ。
下手でじっとしているというのは榛沢六郎ですか。
「阿古屋」はどのお役も大変ですね。
他の配役も早く知りたいです。
ほんと、この時代に歌舞伎が好きでよかった!!

投稿: SwingingFujisan | 2010年12月10日 (金) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/38013645

この記事へのトラックバック一覧です: 初春ルテアトル銀座は玉三郎さんで!!:

« 朝の幸せ | トップページ | 手に汗握った異端審問:「ジャンヌ・ダルク」 »