« 今度はらぶりん | トップページ | 浅草歌舞伎第二部②:地味な「壺坂」、華やかなパロディ版助六 »

2011年1月14日 (金)

浅草歌舞伎第二部①:浅草loveな春猿さんご挨拶

111日 浅草歌舞伎第2部(浅草公会堂)
1時間をおいて第2部開演。劇場内での夕食が必要な場合は開演前に買わないとなくなってしまうからご注意。
さて、今日の座席は1部も2部も「浅草歌舞伎を育てる会」で取っていただいたもの(2年前に入会した)。いい席が取れると聞いていたのにけっこう後ろのほうでガッカリしたけれど、座ってみると案外よく見えて、しかも第2部は一番花道寄りだったので出入りがよく見えて大満足(花道際は補助席で占められていた)。最近色々な席で見るようになり、結局どこの席が一番いいんだかわからなくなってきた。最前列でも見たい、花道の出入りも見たい、場合によったら花道七三あたりでも見たい、上からも見たい――だんだん欲張りになるsmile
「お年玉ご挨拶」
春猿さん。春猿さんにとって16年ぶりの浅草歌舞伎だそう。そういえば、私、当時の「花道」を一昨年買って持っている。平成7年「義経千本桜」。忠信編の通し上演で、義経が信二郎、狐忠信は右近、静御前が春猿、笑也、笑三郎と場によるトリプルキャスト。猿之助さんは四の切「法眼館奥庭の場」と「蔵王堂花矢倉の場」の横川禅司覚範実は能登守教経役を段四郎さんとダブルキャストで(夜の部が猿之助さん)という、「ああ見たかったわbearing」モノ。
春猿さんは「来年は…再来年は…お声がかかるかと思いながら16年経った。今年出られて嬉しい。浅草だ~い好き。I love ASAKUSA.できれば会場の隣に布団を敷いて寝たいくらいheart04」と浅草への愛を語る。「浅草は町全体がアミューズメントパークみたい」。「食べるのが大好きだから、老舗から新しい店まで帰りに色々寄るのが楽しみ。第2部は7時前にハネるのでどのお店も営業している」(でも、食事をするところは営業しているけれど、浅草って全体に店じまいが早くて、第2部が終わると公会堂の周りはもう寂しい)。「楽しい芝居のあとにおいしい食事、お土産も。浅草の町全体を楽しんでいただきたい」。
と散々浅草を持ち上げたのは、「浅草を褒めて来年も再来年も呼んでもらえるかと秘かに画策している」からなんですって。というのはもちろんジョークでしょうsmile 今年は海老蔵事情で急遽の浅草出演となったが、同じ澤瀉屋なんだもの、複雑な事情があるかもしれないけれど、亀ちゃんと協力して浅草歌舞伎をさらに盛り立てて、また別の公演でも猿之助歌舞伎をみんなで継承していけばいいのにな、と春猿さんの話を聞きながら思ったのだった。

|

« 今度はらぶりん | トップページ | 浅草歌舞伎第二部②:地味な「壺坂」、華やかなパロディ版助六 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ちょっと前に浅草から帰ってきました(ってことはつまり、亀鶴さんの沢市を見てきた(^-^)vってことです!)。

笑三郎さんも16年ぶりとおっしゃていました。そうか、そういう演目、出演者だったのですね。以前から笑三郎さんのことは好きでしたが、今日でさらに大好きになりました!素の袴姿がとぉっても素敵でしたの。話し方もとてもやわらかくって惚れてしまいました(笑)。春猿さんのお年玉も聞きたかったなぁ。

そして白玉の春猿さんの美しさにKOされたからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2011年1月14日 (金) 20時13分

からつぎ様
こんばんは。
やっぱりからつぎ様は運がお強い(^_^) 愛之助さんは一部報道によれば15日には復帰だとか。早いご回復は嬉しいものの、欲張りなもので一方では亀鶴さんのお坊、沢市も是非見てみたかったし、笑三郎さんのご挨拶も聞きたかったのですわ~ (^-^;
笑三郎さんはいつだったか、春猿さんと国立の「歌舞伎のみかた」名解説をなさいましたね。今日からつぎ様が感じられたことをあの時、私も感じました。大人の「女」(?)の落ち着き、美しさがありますよね~。そして日本語がとてもきれいですよね。30、40代でああいう雰囲気を醸し出したかったと、年をとった今だから思うのかしらcoldsweats02

春猿さんの美貌はちっとも衰えませんね。

投稿: SwingingFujisan | 2011年1月14日 (金) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/38465617

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草歌舞伎第二部①:浅草loveな春猿さんご挨拶:

« 今度はらぶりん | トップページ | 浅草歌舞伎第二部②:地味な「壺坂」、華やかなパロディ版助六 »