« 家族を描くフランス映画らしい映画:「クリスマス・ストーリー」 | トップページ | どれだけ人気なのぉ »

2011年1月18日 (火)

子役ちゃんに夢中:演舞場夜の部

117日 初春大歌舞伎夜の部(新橋演舞場)
舞台写真が出ていました。でも舞台写真入りの筋書きはまだ(20日頃かららしい)。演舞場は今日で終わりの私はやむをえず写真なしの筋書きを購入。
今日はTVの収録が入っていた(歌舞伎チャンネル? 3月いっぱいで終わってしまうけど)。
「寿式三番叟」
私の中では三番叟は昼の部っていうイメージが何となくあったけれど、今月昼は「対面」なので。
長唄の「とうとうたらり」にのって、翁(梅玉)、千歳(魁春)、附千歳(鷹之資)、三番叟(三津五郎)の4人がせりあがってくる。鷹之資クンが動き出し、「天王寺屋っ」「若天王っ」と声がかかった途端、自分でもビックリしたことに、どっと涙が溢れてきた。さらには一昨年歌舞伎座の正月公演「式三番叟」(祝初春式三番叟)で、富十郎さんの「とうとうたらり」に私は心打たれるあまり涙がこぼれたことを思い出し、周りの目を気にしつつも、またまた涙が湧き出してくるのである。それでも三番叟の踊りになると涙は引っ込み、目出度い気持ちになったとはゲンキンなものである。
梅之さんの後見はいつ見ても美しい。
「実盛物語」
ベテラン歌舞伎ファンでも初めて見るというくらい、團十郎さんの実盛は東京公演では24年ぶりらしい。明快なセリフで人物像もわかりやすく、明るく大らかな実盛は素敵だった。
しかし私が惚れたのは太郎吉の子役ちゃんheart04 目に力があり、その目が様々な表情を見せる。母親を殺された悲しい目、殺した実盛を見る険しい目。モドったジイサマに対する痛ましげな目、だけどせっかく武士としての初手柄を立てさせてくれたジイサマの心に応えようとする健気な目。相手が喋っている時は一生懸命その言葉を聞こうとするように見つめる目。心の動きをこんなに豊かに目で表現するとはなんて素晴らしい子役ちゃんでしょう。乗り地のセリフもよく、見得もきっぱりして立派。実盛の馬に乗せてもらったときの笑顔の愛らしいことsign03 市蔵さんが太郎吉の世話をする姿は、本当にこの子が可愛くてしょうがないという感じであった。

ダブルキャストの太郎吉、今日は山田瑛瑠(える)ちゃん(女の子?)。秋山悠介クンだといいのにななんて思っていたのに、オペラグラスの丸い視野に入ってくるのは気がつくと瑛瑠ちゃんばかり。次回の出演でも要チェックだわ。
モドった瀬尾(段四郎)に涙、涙。
新十郎さんの仁惣太もワルぶりが素敵。

「浮世柄比翼稲妻」
「鞘當」と「鈴ケ森」は見たことがあるけれど、「浪宅」ははじめて。
名古屋山三のお坊ちゃまぶり(お殿様じゃなくて家臣の家なのにこんなにお坊ちゃまなのか)、大らか過ぎには呆れるばかり。雨漏りを大盥で凌ぐような貧乏長屋に吉原の人気太夫がお供をたくさん引き連れてくるのが面白い。
福助さんはあまり評判がよろしくないようだったけれど、私は珍しくそんなに気にならなかった。
前半かなり睡魔に襲われたけれど(3階、暑すぎるのだsweat02)、けっこう面白く見ることができた。
そういえば、福助さんが連れてくる振袖新造の中に梅之さんがいたような…。春希クンの顔が見えなかったようだったし、筋書きに名前は出ていないので、ピンチヒッターかな(演舞場でもインフルが流行っているみたい)。
<上演時間>「三番叟」26分(16301656)、幕間20分、「実盛物語」80分(17161836)、幕間35分、「浮世柄比翼稲妻」89分(19112040
これくらいの時間だと楽だわ~。

|
|

« 家族を描くフランス映画らしい映画:「クリスマス・ストーリー」 | トップページ | どれだけ人気なのぉ »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

三番叟でSwinging Fujisan様も泣きましたか!
幕が開いた途端に「天王寺屋っっ」と大きくかかった大向こうでウルッときて、鷹之資くんがせりあがってきた姿で涙。1人で舞う姿があまりに健気で、この幼さで親を亡くすあの悲しみを乗り越えているのかと涙が止まらなくなってしまい、鼻をすする音が迷惑になると気にしていたら所々から同じように鼻をすする音が…
鷹之資くんを応援したい気持ちだったのに、こんなに泣く事になるとはビックリでした。とにかくお元気なイメージしかなかった富十郎丈の姿をもう拝見する事ができないのかとまだ信じられない気持ちです。NHKでやっていた追悼番組を見て、お若い時の舞台も見たかったなと悔しい思いをしました。芝かんさん、勘三郎さんも早くお元気になるよう願うばかりです。

私も太郎吉役は瑛瑠くんでした。良かったですよね〜!ウマい子役ちゃんニューフェイス発見!と釘付けになりました。千松とか是非見てみたい!!市蔵さん、右之助さんの老夫婦もとても良かったし、團十郎さんは相変わらずデッカくて、隣にいる段四郎さんが小さく見えて(というか、更にお痩せになりましたよね?)ちょっと心配になりましたweep

福助さんは台詞の使い分けがあまりよろしくなく、お国の時の品のなさとか妙ないやらしさが気になりました。三津五郎さんはとぼけた役がすっかり板につきましたね。飄々とした姿に素直に笑ってしまいましたsmileストーリー自体は面白かったので、違う配役で見てみたいなぁ。なんて思ってしまいましたcoldsweats01

投稿: 林檎 | 2011年1月21日 (金) 23時00分

林檎様
おはようございます。昨日はカタール戦を見るために早く引き揚げてしまいまして、失礼いたしました。
富十郎さん親子にそれほど思い入れはなかったにもかかわらず、鷹之資クンの姿には思わず涙が溢れるような何かが感じられました。鷹之資クンにはこれからどんな苦難の道が待っているかもしれませんが、時蔵・錦之助兄弟、松緑さんのように幼くしてお父様を亡くされ、現在大活躍をしている役者さんはほかにもいらっしゃいます。鷹之資クンも立派に富十郎の名跡を継げるよう、精進してほしいと思います。それにしても富十郎さんの他界は残念なことです。

林檎様の時も瑛瑠ちゃんでしたか!!(瑛瑠ちゃんは男の子ですか? 写真ではどちらにも見えてcoldsweats01) 可愛くて上手でしたよね!!
段四郎さんは病気をされてからお痩せになったのかもしれませんね。でも今、芸がとても充実しているようにお見受けしますので、体調はいいのではないでしょうか。

福助さんについては普段私は悪いイメージを持ちすぎているのかもしれません。そのイメージよりはよかったかな、という感じですcoldsweats01

投稿: SwingingFujisan | 2011年1月22日 (土) 10時25分

瑛瑠くんは私は男の子に見えたのですが、どうなんでしょうね?coldsweats01
このまま出続けてくれると嬉しいのですが…notes

投稿: 林檎 | 2011年1月22日 (土) 20時18分

林檎様
瑛瑠ちゃん、筋書きの写真を見ると、男の子のようにも見え、ボーイッシュな女の子のようにも見え…。いずれにしても次の出演が楽しみですわ。

投稿: SwingingFujisan | 2011年1月22日 (土) 22時47分

瑛瑠くん、男の子のようです。
たま~に覗く福助さんのブログに載っていました。
私は明日、観に行きます。秋山君か瑛瑠くんか、どちらかしら?

投稿: とこ | 2011年1月23日 (日) 22時32分

とこ様
情報、ありがとうございます。
男の子でしたか!! 男の子なら、もしかしたら将来、どなたかの部屋子になるかも…なんて期待していたんですよwink

子役ちゃんの出演が1日おきだとすると、明日は秋山クンかもしれませんね。秋山クンも可愛いしうまいし、両方見たいところですわ (^-^;

投稿: SwingingFujisan | 2011年1月23日 (日) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/38512328

この記事へのトラックバック一覧です: 子役ちゃんに夢中:演舞場夜の部:

« 家族を描くフランス映画らしい映画:「クリスマス・ストーリー」 | トップページ | どれだけ人気なのぉ »