« 役者も観客も楽しむ復活狂言:四天王御江戸鏑 | トップページ | 国立劇場、今年の鑑賞教室は千本桜 »

2011年1月 9日 (日)

亀鶴さんのお年玉ご挨拶:浅草歌舞伎第一部

18日 浅草歌舞伎第一部(浅草公会堂)
11010801asakusa 今日は本当はアキだったのだけど、亀鶴さんのご挨拶をどうしても聞きたくて、そのためだけに無理矢理入れた日程。で、せっせと3階席(建物5F)に上がって行ったら私の席の列がないのよshock 変だ変だと思っておねえさんに訊いたら、なんと2F最前列でしたわcoldsweats01 自分じゃそんないい席取るわけないと思い込んでいたから、見つからなくてかなりアセった。
以下、ほぼ実況になってしまうので、これから亀鶴さんを聞く方はお読みいただかないほうがいいかも…coldsweats02

亀鶴さんは普通に登場して、普通に形式ばった口上を述べる。え~wobbly?と思っているうちに、マイク片手にひょいと立ち上がり、「こんなもんかなsmile」。
「初めて来た方、手を挙げてください」に何人かが挙手をする。「もっと早く来いよな~smile」。
今年は七之助さんのご挨拶がない(ってことに、私ぜ~んぜん気がつかなかった。そういえば七クンのご挨拶、取らなかったよな、ぐらいに思っていたcoldsweats02 ごく当たり前にご挨拶はあるものと決め込んでいたんだわ)からということで、ここからは七之助特集。「七之助ファンは手を挙げて」。人数を見て「亀鶴の5分の1」(と聞こえた)。
そのファンの中の1人(なんと高松からいらした方)に亀鶴さんがインタビュー。「七之助さんをどれくらい知っているか、七之助クイズをやりま~す」。
「第1問。七之助さんは2代目か?」「答え。イエス」⇒正解。
「第2問。七之助さんが子供の頃に勘太郎さんと作った芝居は『地獄の沙汰も金次第』か?」「答え。イエス」⇒不正解。正解は「地獄巡り」だそう。「面白そうな芝居なので、本公演にかかるように応援してください」って。うん、それ、見たい!!
「第3問。七之助さんが2月に出演する劇場は御園座か?」「答え。イエス」⇒正解。「義経をやるんですね。僕は勘三郎さんの義経を3階の1番上から見たことがあるんですが、引き込まれるような義経でした」。
全問正解だったのでsmile、今七之助さんがサインしたばかりの手拭をプレゼントします」。高松のファンの方、申し訳なさそうに手を合わせていた。「七之助さんに手拭を振るように。一番いい席なんだから責任重大ですよ」って亀鶴さんったらsmile
楽しいクイズで「芝居のことを喋る時間がなくなった。『三人吉三』は人間関係が複雑なので詳しく知りたい人はパンフレットを買ってね」と言いながら、ひょいっと舞台へ上がる亀鶴さん。再び形式ばった口上に戻るが、右手を上げて手拭を振る仕草――高松のファンの方へのメッセージねbleah
亀鶴さん、七之助さんをこんなに盛り上げるなんて、浅草のチームワークの良さを感じた。

さて、私は仕事で昨日寝るのが遅く、さらにはまた風邪気味で(昨日、すっごく寒かったんだもの)、3人が兄弟の契りを結んだ後くらいから意識がかなり失われてしまった。3回の観劇のうち今日が一番いい席だったかも、なのにもったいないbearing 大事な場面はたいがい見ていたんだけど、繋がりの場面が抜けているかも。そんな状態なので大きなことは言えないが、亀治郎さんと七之助さんは、ちょっと力が入りすぎているような気がした。愛之助さんは大きさがあり、この座組ではやっぱり和尚だよなと思うけれど、菊ちゃんとの名コンビだったお坊が思い出された。亀鶴さんは十三郎役で出てきた。亀鶴さんのお坊が見たいな。
序幕のあとの幕間には浅草公会堂舞台番の梅吉(國矢さんでしょ?)が登場して、今回省略された場の物語を説明していたのはいいアイディアだと思うけど、ちょっと長いかも。
今日は亀鶴さんのご挨拶目的ということで、お芝居についてはまともな感想を書けないでごめんなさい。あと2回見るのでリベンジします。
「独楽」は面白い踊りだったな。こっちは寝なかった。
<上演時間>「ご挨拶」5分(11001105)、「三人吉三、序幕・二幕」96分(11061242)、幕間5分、「三人吉三、大詰」20分(12471307)、幕間25分、「独楽」24分(13321356
★食事休憩がハンパな時間のせいか、お弁当があまり売れていなかったような…。この時間に終わるならここはガマンして終演後浅草の味を楽しみたくなるもの。
★以前平成中村座で見事なトイレ誘導をしていた女性が浅草でもテキパキと観客を捌いていた。
★写真のように今日はWOWOWの中継があった。TVカメラを前に置くために1F最前列センターの2席が空席とされていた。うち、WOWOWはもう数年前にカイヤクしちゃったから見られないよぉweep
★おおっ、もう舞台写真出てるの、とビックリしたら今回の写真ではなかった。いつのものか、よく見てこなかった。

|
|

« 役者も観客も楽しむ復活狂言:四天王御江戸鏑 | トップページ | 国立劇場、今年の鑑賞教室は千本桜 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

うふ。。。ニアミスでしたわ~♪
七之助さんのお年玉がないこと、SwingingFujisanさま、気づいてらっしゃらないな~て思ってました☆やっぱりですね!そんなSwingさまがらしくて大好きです!
お年玉、七之助さんはないかな、と思いつつ、ひょっとしたら拵えしてのお年玉もありなのかしら、初日は亀ちゃんと七クンかしら、と私は初日に行きましたが、結局、先行ではW亀さん×2で、毎年ポスター狙いの私としては、やられた~という感じでした、、、
七クン、初日とはまた違った感じで、主観的には指導入ったかな、という印象です。また後半が楽しみです!
ところで、国立は発表早くて嬉しいですね!6月、7月も行く気まんまんになり、あぜくら会、入っちゃおうかな~♪なんて。そして3月は時さまもなんですね!ますますお楽しみですね~♪私も一般でチケ取ります!

投稿: 七子 | 2011年1月 9日 (日) 19時05分

七子様
こんばんは。
七之助さんのご挨拶、気づかずにごめんなさい。日程は組まれているのだとずっと思い込んでいました。亀鶴さんの言葉で初めて「あら、そうだったのぉ」と知った次第でcoldsweats01 でも、あのタイムテーブルでは七之助さんのご登場はやっぱり無理ですね。
亀鶴さんが「七之助ファンの方」と言ったとき、七子様がいらしていれば絶対手を挙げてらっしゃるだろうなと心の中でにやにやしておりました。
お年玉の日程、チケット発売前に発表してほしいなあと、毎年思っていますが、それじゃあお年玉にならないし、みんなポスター狙っちゃいますものね。
七之助さんのお嬢、今度は体調を整えてちゃんと見ます。

国立の歌舞伎鑑賞教室、もう発表になったのですね。情報、ありがとうございます。「河連法眼館」は鑑賞教室でも私が見るようになってから3度目くらいかしら。かけやすい演目なんでしょうね。

あぜくら会はチケットの割引がありますよ。ただでさえ安い席に割引がついて申し訳ないくらいcoldsweats01

3月はそうなんです、時様ご出演なので、又3回計画していますsmile

投稿: SwingingFujisan | 2011年1月 9日 (日) 22時03分

SwingingFujisan様
おはようございます。浅草観劇は来週なので楽しみです。三人吉三は土左衛門伝吉の件がないのですか。時間の関係とはいえ残念です。
 昨日は演舞場夜の部観てきました。団十郎の実盛初めて見ますが、骨太の実盛、その割には、決まり決まりの形がきれいで、とてもよかったです。セリフも巧緻ではありませんが、情があり、何を言っているか私にはよくわかりました。
 「あざ娘」は昔、菊五郎、玉三郎で数十年前にみたきりの演目ですが、今回の二人、ニンの面ではいかんともしがたい面があります。濡れ場で、上手座しきに入る時に福助がニット笑ったのには正直びっくり。玉三郎は顔にあざのある下女の心情を笑いをとらず、哀れに描いていたと記憶します。それと、花魁から下女役への再度の早替わりを、もっと短時間でやっていたのですが(あざやかな早替わりに観客がどよめいた覚えがあります)、台本がかなり違うようです。どこが違うか記憶が曖昧です。
 ところで、中村屋心配ですね。元気に復帰してくれればいいのですが・・・。

投稿: レオン・パパ | 2011年1月10日 (月) 09時49分

レオン・パパ様
こんにちは。昨日は昼夜でスレ違いでしたのね。
演舞場昼の部、レオン・パパ様のご感想どおり、とてもよかったです。私の感想は今日中にアップするつもりです。

浅草は二幕目の伝吉の件がカットされて、大川端から吉祥院へと繋がります。やむを得ないと言えばそうなんですけどね…。

昼の部がよかったので演舞場は夜の部も期待しています。ただ、おっしゃるように最後の演目は色々問題があるようですね。多分私は初めて見るのでその問題がわかるかどうか…。

勘三郎さんは間違いなく働き過ぎですよ。休演が決まった以上、しっかり養生していただきたいものです。芝翫さんも休演で、ご一家としては二重の心配になってしまいましたね。

投稿: SwingingFujisan | 2011年1月10日 (月) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/38395100

この記事へのトラックバック一覧です: 亀鶴さんのお年玉ご挨拶:浅草歌舞伎第一部:

« 役者も観客も楽しむ復活狂言:四天王御江戸鏑 | トップページ | 国立劇場、今年の鑑賞教室は千本桜 »