« 今日が初日 | トップページ | 役者も観客も楽しむ復活狂言:四天王御江戸鏑 »

2011年1月 7日 (金)

国立劇場、糸と最中

11010702kokuritu 11010701kokuritu
国立に行ってきました!!
めちゃめちゃ面白かったぁnotes
菊ちゃんの投げた蜘蛛の糸、キャッチ。水(こっちも蜘蛛の糸?)もキャッチ。
11010703ito
蜘蛛の糸は伸ばしてみたら8mほどあった(夢がなくてゴメンcoldsweats01)。2本あったので途中で切れて2本になったのなら10mくらいの長さなのかも。たった3mm程度の幅なのに巻き始めにおもりみたいのがついている(矢印)。なんと細かい作業だと気が遠くなりそう。太いほうは約15mm幅で、巻き直していたら途中で切れて2巻きになってしまった。巻きながら何度も糸が手から離れ、そのたびに伸びた分を又巻き直すというぶきっちょさshock
蜘蛛の糸って、雁皮紙(がんぴし)という和紙を細かく裁断して固く巻き取るのだそうだ。たしか音吉さんが1人で作っていらっしゃるんじゃなかったかしら。
私は花びらや蜘蛛の糸は小さなチャック付きポリ袋に入れて、年月日と劇場名と演目を書いた付箋を貼って保存しておく。また記念品が増えちゃったcoldsweats01
ネーミングに惹かれて、こんなものを買った(↓)。黒糖の効いた餡がおいしい。
11010704keikimonaka 11010705keikimonaka
おなじみ切腹最中と並べて置かれていたけれど、先月ならともかく今月はやっぱり「景気上昇」よねえ。ネーミングの大事さを実感したのでした。

|
|

« 今日が初日 | トップページ | 役者も観客も楽しむ復活狂言:四天王御江戸鏑 »

おいしいもの」カテゴリの記事

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/38378533

この記事へのトラックバック一覧です: 国立劇場、糸と最中:

« 今日が初日 | トップページ | 役者も観客も楽しむ復活狂言:四天王御江戸鏑 »