« カトリーヌ讃歌:「しあわせの雨傘」 | トップページ | 一年祭でエネルギー消費 »

2011年2月 6日 (日)

金子みすゞをほんのちょっとだけ:金子みすゞ展

25日 没後80金子みすゞ展(日本橋三越新館7F
三越に行く用事があったので、ついでにさっと覗いてきた(あまり時間もなかったし)。
最初に感銘を受けたのは、みすゞの出身地、山口県仙崎が捕鯨の町であり、鯨墓を建立したり鯨を供養する回向が年1回行われているという文化である。そういう文化の中でみすゞの感性やまなざしが育まれたのかと頷ける。
とても人が多く、また最初のうちはパネルによって金子みすゞの生涯を紹介するという展示が目立ったので、さっと読む程度にしたのだが、どういうわけかこれまであまり関心のなかった私は金子みすゞを名前程度しか知らないでいた(お恥ずかしい)。その人生をこのたび知り、彼女は果たして幸せだったのだろうか、と考えてしまった。不幸な最期だったから不幸だったのかもしれない、とも言えないような気もするのである(もちろん、人生なんて不幸な時もあれば幸せな時もある。少しでも幸せだと思える時があれば、それでいいのかもしれない。それにみすゞ自身、幸せだとか不幸だとかと考えたりはしなかったのかもしれない。そこはまだ私にはわからない)。展示品の中で心に残っているのは、みすゞが着ていた着物と、遺稿となった3冊の手帳、その中に記された自筆の詩である。その詩を愛する著名人がメッセージを寄せているのだが、時間がないのでそこまでは読んでこれなかった。
詩ってなんだろうね、なぜ人の心に訴えかけるのでしょうね。みすゞの詩はこれまでほとんど知らなかったけれど、その奥にある優しさに私の心も捉えられたような気がする。
なお、金子みすゞ展は音声ガイドもあったし、図録も立派なのが作られていて、約2週間という期間のわりに気合入っているなあと思ったら、すでに去年名古屋で、そして東京のあとは京都、横浜、長門と巡回するのね、と納得。この展覧会のおかげで、長門へはちょっと行ってみたくなったのでした。

|

« カトリーヌ讃歌:「しあわせの雨傘」 | トップページ | 一年祭でエネルギー消費 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。みすゞ情報ありがとうございます!
私も彼女の詩のファンです。教科書に「みんな違って、みんないい」がのって、一気に有名になりました。 私は「大漁」が特に好きです。

彼女の一生は現在の私たちからすると、確かに幸せなものではなかった気がしますね。けれども、彼女の詩を見るたびに、そんな大変な環境の中でもキラキラした感性を持ち続けたみすゞに心を洗われている私がいます。

投稿: maroon6 | 2011年2月 6日 (日) 16時33分

maroon6様
みんな横並びにしたがる風潮の中、「みんな違って、みんないい」には勇気づけられますね。
「大漁」は前半の躍動感に対し、後半の命を見つめる目は厳しく優しく哀しい--こんな短い言葉で表現できるなんて素晴らしいと思います。
私も遅ればせながらみすゞファンになりました。ふっと会場に立ち寄ってみてよかった!!

投稿: SwingingFujisan | 2011年2月 6日 (日) 19時30分

こんばんは。実は私のふるさとは、長門市のすぐ近くですhappy01
金子みすゞのことは、私が大人になってから知ったのですが、みすゞ記念館が有名になり、JR山陰線には、みすゞ潮彩号も走り、この列車もなかなか素敵ですよ。
ちなみに、こんな電車です(単線を走っているので、おもちゃの電車みたいです)train 
http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/chousyuuji/kankouressya/

この広告サイトに出ているビュースポットあたりで子供時代を過ごしました。こちらの方面にお出かけの際には、お勧めのホテルもご紹介できますので(笑)是非、どうぞ!!少し足をのばして、香月泰男美術館もいいですよ。山口広報担当よりwink

投稿: よこ奴 | 2011年2月 6日 (日) 23時31分

山口広報担当・よこ奴様happy01
よこ奴様は長門のお近くのご出身でしたか!!
山口県へはまだ行ったことがないので、先日この展覧会でもらってきた長門のチラシを保存してあるんですよ。それを見ているだけでも行きたい気持ちが募ってきます。でも、みすゞ潮彩号のことはそれには載っていませんでした。電車好きにはたまりませんわ~。情報、ありがとうございます。
あんな美しい風景の中で子供時代をお過ごしになったとはなんて素敵なんでしょう!! 大らかな気持ちになれそうでいいですねえ。
香月泰男美術館も魅力。
長門はほんと、素敵なところですのね。
お返事が遅くなって、ごめんなさい。

投稿: SwingingFujisan | 2011年2月 7日 (月) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/38755209

この記事へのトラックバック一覧です: 金子みすゞをほんのちょっとだけ:金子みすゞ展:

« カトリーヌ讃歌:「しあわせの雨傘」 | トップページ | 一年祭でエネルギー消費 »