« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

チャリで見つけた春

11033101boke
↑ボケの花。表通りに面した金網から。別の方向へまわったら↓
11033102momoboke
桃とボケの競演かな。
11033103narcissus
夕風の中、こんな見事な水仙を発見して嬉しくなった。
母は「は~るがきた♪」が歌えた(^^) 調子にのって「さくらさくら」も歌ってきかせたら一生懸命口を合わせていた (^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラブ歌舞伎座・46(歌舞伎座建替え現場から)

去年の今頃を思い出しながら、久しぶりに歌舞伎座のHPを覗いてみた。
建替え現場からという、清水建設の解体工事担当者によるレポが興味深い。歌舞伎座をつくった先人の技術に対する敬意と歌舞伎座を大切に解体してくれているという気持ちが伝わってくる。
去年の7月ごろからすでにUPされていたらしいのに、全然気づかなかったということは、それだけ歌舞伎座のHPから離れていたことになるんだなあ(2~3度アクセスしたような気がするんだけど…)。
久々のラブ歌舞伎座でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年3月30日 (水)

雷にビビる…

11033001flower
いや~、雷にこんなにビビったのは初めてかも。
ちょっと前に少し揺れ(この辺だと震度1か2か…)、軽い緊張が走ったところへ突然の強烈な轟音。雷だとわかるのに1~2秒かかり、その1~2秒の間、地鳴りか?と心臓が飛び出しそうなほど怖かったshock
この雨でまた水道水に放射性物質が混じるのだろうか。

昨日、某ファミレスで打ち合せをしたんだけど、メニューの種類がすごく減っていた。コンビニと違って外食産業は食材に不自由していないと何日か前に見聞きしていたので驚いた。農作物の出荷停止や停電が影響しているのだろうか。
せっかく育てた農作物を廃棄する、絞った牛の乳を捨てる…農家の人たちの気持ちを思うとただただ切なくやりきれない。
日本経済はどうなるのだろう。鉄鋼や繊維まで輸出に苦労しているそうだ。いかん、又暗くなってしまう…。何とか踏ん張ってほしい。踏ん張ろう(昨日、ゴーンがいわきの日産工場を視察したニュースには勇気づけられたんだけどな)。
写真はファミレスの駐車場の隅に咲いていた花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あら、CMに仁左様が

昼食時間、テレビに流れるCMをぼんやり見ていたら、

おおっ!! 仁左様だっ!!

と思わず叫んでしまいましたわ (^-^;
ACの新しいCMで「今、わたしにできること 呼びかけ篇」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月29日 (火)

最高のプレゼント

になったんじゃないかな、今日のチャリティーマッチの。
44歳、Jリーグ最年長、1選手としてプレーを続けるスーパースター・カズのゴールsoccer 胸がアツくなったよ(私は決してカズファンではないけれど、やっぱりスーパースターなのだ!!)。
両キャプテンの挨拶、とくに前半のプレー(ザックジャパンはいいチームだ)には時々画面が涙で滲んだりもした。
被災地でも2カ所でパブリックビューイングがあったと聞く。
この試合が実現してよかったと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

はきだめに

11032901tsubaki
うちのそばのゴミ収集場のすぐ後ろ、表からは隠れるようにして咲いている八重の椿。
陸前高田市では津波に耐えた梅の木が花を咲かせたとか。
東北にも春がくるね。ちなみに東北(秋田県)出身の母が今私と一緒に歌える春の歌は「は~るよ こい♪」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月28日 (月)

5月明治座追加情報と桜開花発表

5月明治座花形歌舞伎のチラシが更新されましたね。
配役の追加も出ています→ココまたはココ
日程変更もやっと出てきて今日から購入できるそうです。

東京の桜(ソメイヨシノ)も開花が発表になりましたねえ。自宅近くの別品種はもうとっくに咲いていたし、ソメイヨシノはどうなってるのかなと時々思ったりもしたけれど、なんだか心を向ける余裕がありませんでした。気象庁の開花状況(→ココ)を見ると、去年は大方のところで開花が早く、ずいぶん暖かかったんだなあと思う。もう去年のことは忘れていましたcoldsweats01
開花宣言でまたちょっと気持ちが上向きになってきたかな。
東北でも早く咲くといいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

下向きでも元気いっぱい

11032801sakaki
榊の花。毎月2回二枝切って神棚に供える。カイガラムシがびっしりなんだけど、元気いっぱい。
11032802flower
1カ月くらい前からなんだかわからない芽があちこちから伸びてきて成長を楽しみにしていたら、こんな花が咲いた。前に名前を聞いたことがあったかもしれないけれど、忘れてしまった(私、植物の名前ってほんと、知らないのだ)。
11032804muscari
ムスカリ。去年庭土をいじった時、球根がごろごろ出てきてなんだかわからないまま放置してしまった。植木屋さんにきいても「わからない」。あとになってあれはムスカリだったかもしれない、もうムスカリは咲いてくれないかもしれないと諦めていたら、今のところ小さな小さな背丈で3株咲いてくれている。
今はとりわけこうした花々が愛おしい。
関係ないけど、フランスじゃあ昨日から夏時間なんですって。日本との時差7時間になった。

続きを読む "下向きでも元気いっぱい"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年3月27日 (日)

ほうおうにKen'sさんが!!

「ほうおう」5月号、1ページ目からめくっていったら、見慣れた看板が。
うわ~いKen'sさんだっsign03
「誰にも教えたくない!? 東銀座の隠れた珈琲店」
いや~ん、誰にも教えたくないのにここに載ったらみんなが知っちゃうじゃない。うそうそ、素敵なお店ですもの、みんなに知っていただきたい(自分だってはなみずき様→ココやaki様→ココのところで知ったくせにえらそうにbearing)。
ひょっとしたら今年になって1度も行ってないかもなあ。メニューも増えたそうだし、なによりマスターとおねえさんの笑顔に会いたいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

歌舞伎のパワーを

11032701momo

何度も言うようだが、東京新聞最大のお楽しみは日曜日朝刊の歌舞伎特集ページ。今日の記事は「團菊、東京で1年ぶりの共演」(→ココで見られます)。
こういう時期に歌舞伎を上演することについて團十郎さんは「いま公演を行うことに批判もあるでしょうし、直前に中止ということになるかもしれない。でも自粛ムードの中で“やりましょう”という気概が必要。それが荒事芸に生きる市川家の社会的貢献の形だと思っています」と言っている。
いっぽうの菊五郎さんは地震発生のとき、立っていられない感じで下駄をはいていたから踊るようだったそうで、しかしその後は平常心で舞台を勤めている。4月も何も気にせずに勤めたいが、お客の少ないことに「滅入りますよね。お客さんからパワーをいただき、こちらもお客さんにパワーをあげたい。椅子が相手じゃパワーをいただけません」
いつもでんと構えているような印象を受ける菊五郎さんが…。
お客からパワーをもらい、それをまた役者が客に返すというのは浅草歌舞伎の若手もよく口にすること。まさに役者さんっていうのはそうなんだなあ、と菊五郎さんの話を読んであらためて思った。

昨日は梅玉さんがコラムに、13日からの演舞場再開について批判もあったようだし、役者自身にも戸惑いはあった、しかし「こんな時だからこそ被災を免れた私たちが元気でなければいけないと、被災された方々へのお見舞いと1日も早い復興を祈り、亡くなられた方々に深い哀悼の意をささげつつ、役者として舞台を続けることしかできませんでした」と書いておられる(→梅玉さんのHP「言いたい放談」で見られます。掲載は新聞より遅れるので今回の記事はもう少し後になると思います)。
被災地の歌舞伎ファンの方々が、あるいは今ご覧になりたくてもなれない方々が再び歌舞伎へ足を運ばれる日がきたとき、歌舞伎の灯が消えてしまっていてはいけない。歌舞伎のパワーが衰えぬよう、そしてともすれば落ち込みがちになる私自身もパワーをもらえるよう、歌舞伎ファンの私としては普通に歌舞伎を見に行こうと思った。

続きを読む "歌舞伎のパワーを"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年3月26日 (土)

自転車に乗って

110326koinobori
bicycleに乗るようになって色々な発見がある。

たとえば道路のほんのわずかな傾斜とか、あらここにこんな道があったのとか。左折右折の車は怖い。逆の立場で自分が運転している時は自転車を怖がらせているかもしれない。十分減速しているつもりだったけど、もっとスピード落とそう。ってこともわかった。
でも最大の発見はなんだと思う?
答えは↓

続きを読む "自転車に乗って"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月25日 (金)

沈丁花の1週間と明治座チケット

11032501jinchoge
庭の沈丁花が満開。朝、雨戸を開けるとその香りに嬉しくなる。
↑は今朝撮影。↓は1週間前(3/18)
11031801jinchoge_2
urasmaru様のところにも沈丁花の写真があって、あちらはピンクです(→ココ)。

明治座チケット取りました。今の時点で5月のことを考えるのは何とも…なんだけどbearing そんなこと言いながら、一時はやめようかと思った大阪行きもまだ流動的だし明治座は昼夜とも3階席にしちゃった。見えるかな。正面の席だから大丈夫かなthink
明治座は売切れという公演も既にあるので(団体さんかしら→売切れ公演はなくなったようですが、まだチケットサイトには反映されていないみたい)日程をよく確かめておくことが必要だと思います。座席はその等級がどこにあたるか区分けが明示されているので、事前に選択を考えることができます。それに気づいたのは事後のことで、予約時にはな~んにも準備していなかったから、予定していた日が完売だったり休演だったり、座席と折り合わなかったり、けっこう時間がかかってしまいましたcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年3月24日 (木)

断水プチ騒動

昨日の午後7時ごろ、食事の支度に取り掛かったころのことでした。市の地震警報が遠く聞こえてきました。テレビや携帯は鳴らなかったけれど、すぐに火を消して窓をあけました。小さく揺れが始まり、間もなくおさまりました。
震源は福島だったか茨城だったか、付近では震度5くらいと大きな揺れだったようですが(こんな大きな余震を日に何度も経験しなくてはならない方のお気持ちを思うと…)、M4.5ということでこちらの揺れはわずかですみました。
しかしその直後、なんと水が出ない!!
ためしに洗面所の蛇口も上げてみたけれどやっぱり出ないshock あの大地震に家は耐えても水周りのどこかが損傷したかもしれない、どうしよう…。でもひょっとして、と近所に聞いてみると同じように出ないとのこと。うちだけではないことに安心したものの、もっと根本的なところに損傷や欠陥が生じていたら大変。水道局に問い合わせようにも業務はとっくに終わっている。
とりあえず風呂の水を使って動かしていた洗濯機を止め、トイレ用の水は確保。
おろおろしているうちに水がちょろちょろ出始めた!! 出ないよりはありがたい。そのまま約30分、やっと普通の出に戻ってほっとしたのでした。
普段水は夜間は2つの薬缶に一杯にはしてあるし、ペットボトルもあるので短時間なら対応はできるのですが、予期しない突然のことだったので一瞬頭が真っ白になりました。
原因は、夕方の停電時間帯の人たちが停電が終わり一斉に水を使ったため水圧が弱くなったことのようでした。ちょうど夕食時ですものね。
こういうことが起こる可能性を考えてもいなかったので、勉強になりました。それにしても、すぐにパニックを起こす私ってbearing

なお、納豆がないのは産地が被災されたからだそうです。そこまで気がつかなくてごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月23日 (水)

演舞場へ第一歩:鑑賞篇

321日 三月大歌舞伎夜の部「浮舟」(新橋演舞場)
夜の部は演目として「浮舟」だけが初見だったので今回はこれだけ観劇(「筆幸」は他の配役はともかく幸四郎さんで見たことがあるし、「吉原雀」は好評だが梅玉・魁春で見たことがあるし、と自分に言い訳)。
源氏でも「宇治十帖」はほとんど知らない。かつて挫折したのだ。その行為の是非はともかく、光源氏という人はとても魅力的だった。それが匂宮と薫大将を中心とした話になったとたん、物語が突然輝きを失った。この2人に光源氏ほどの人間的魅力が感じられなかったからだろう(と言って源氏本編をまともに読んだというわけではないですcoldsweats02)。
というわけでオリジナルは置いておいて、物語も人物像も現代人の私が歌舞伎で見た「浮舟」についてだけの感想になる。
浮舟(菊之助)の登場場面。なんと生き生きと屈託なく初々しい愛らしさだろう。菊ちゃんの一段と高い声が少女の明るさ、邪気の無さを表現する。二条院の庭の風景にほころぶ顔。桔梗の花を愛でたり、虫などを恐れないという言動に東国育ちの純な大らかさが感じられる(虫もとかげも平気だけれど、ヘビだけは苦手なんですって。そう言う浮舟がとてもかわいい)。薫(染五郎)とのカップルは瑞々しく、あたたかく見守りたくなる(でも、やや華奢な貴公子に比べこの姫君は少し体が大きいかなbleah 顔も鬘のせいか、いつもとは少し違う印象だった)。
しかし都はそんな甘いところではない。
好色な匂宮(吉右衛門)が浮舟に目をつけたことで悲劇は始まる。吉右衛門さんはセリフがあやしくて(こんなに日が経っているのに。ちょっと心配になった)、その分なんだか匂宮という人物に集中できていないような気もしないでもなかったが、巧まざるユーモアはさすがだと思った。ただ、浮舟の部屋に忍び込むとき、緊張に震える様はやりすぎというか、少し不自然な気がした。
匂宮を見ていると、男の残酷さがひたひたと伝わってくる。巧まざるユーモアと言ったが、その下に見え隠れする自分勝手な欲望。愛情を寄せているようでありながら、そうではない、自分のものにしたいというだけ。誰よりも早くおもちゃを手に入れたい心境と同じに思えて、匂宮はやっぱり私にとって魅力的な人物ではない。でも、赤ん坊をあやしながら浮気心は神様が男をそういうものに作ったからだ、と言って神様のせいにする調子のよさ、これこそ残酷の極みだと思うんだけど、そのいっぽうで思わず笑ってしまった(まあ、憎めないところもあるわねcoldsweats01)。
自分勝手なのは薫も同じかもしれない。正式に結婚するまでは清らかな関係でいようと言う薫は匂宮の対極にあるようにみえるが、自分の理想、主義のために女の気持を理解することなく、悲劇に追いやってしまう。染五郎さんの清潔感が薫によく合っている。
そういう男2人に言い寄られる浮舟が、実は母親の多情な血を引いていることに自身気づいて、その恐ろしさに苦悩するというのが興味深かった。菊之助さんは、あの無邪気な少女が徐々に女としての寂しさを知り悩み苦しみに苛まれていく過程を、とくに声の変化で表していた。ただ男に翻弄されるだけの女ではなく、自分を主張できる強さ(大君のかわりではいやです、なんて「よくぞ言った」! あ、そういえば、同じ北条秀司の「狐と笛吹き」でもともねが春方の亡くなった妻のかわりとしてではなくともね自身として愛されたいと言っていたっけ)もあっただけに、その行く末は哀れであった。他の男に言い寄られている悩みを薫に打ち明けられなかったのは、かわいそうに自分の血に気づいていた故か。

続きを読む "演舞場へ第一歩:鑑賞篇"

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2011年3月22日 (火)

演舞場へ第一歩:お悩み篇

昨日、演舞場に行ってきた。
悩んだ。
被災(原発被害も含めて)して苦しみながら生きている人がいる、放射線の恐怖と戦いながら命を懸けて日本を守っている人がいる、そんな中で芝居を見ていいのか。ずっと答えは出なかった。いや、その前に自分にそういう気持ちがまったく起きない。
国立劇場は早々と休演を決めた。無名塾の決断も早かった(→ココ)。きびだんご様のところで野田秀樹の考えを知った(→ココ。きびだんご様の黍々亭では無名塾の休演についても記事あり)。こまつ座のHPでこまつ座の選択を知った(→ココ)。劇団の大小にかかわらず休演か続行か熟慮に熟慮を重ね苦悩した上での選択であることは想像に難くない。道義的な問題だけでなく、経営面の問題もあろう。理解しながらも答えの出ない私。
正直言って自分に区切りがついたわけではない。しかしこのままでは身体をこわす。まず墓参に行った。少し気持ちが上向いた。「明日、演舞場に行こう」
一夜明けたら予報どおり雨だった。少し気持ちが下向いた。
Web上の観劇仲間の記事に励まされ、また個人的な応援も受け、自分に気合を入れた。でも、歌舞伎観劇復活の第一歩だからまずは「源氏物語」だけで(腰がひけてるね)。
やっぱり歌舞伎の世界はいい(感想はのちほどまとめます)。よほど最後まで見て帰ろうかと思ったが、色々都合もあり、午後7時前演舞場を後にした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年3月21日 (月)

20日、町で

・午後1時ごろ、週に1度くらいは車を動かさないとというわけで、墓参へ行くのに最寄の駅まで送ってもらった。途中のガソリンスタンドは1km以上もの行列ができていた。もう1店はお休み。いつになったら落ち着くんだろう。
・所沢駅で西武新宿線に乗り換えるとき「あれ、なんか暗いな」と思ったら(西武池袋線では気づかなかった。日光の当たり具合で明るさが違ったのだろう)、駅構内も電車内も照明が消えているのであった。
・JR
は電車内は点灯していたように思う。駅構内は半分消灯。エスカレーターは稼動せず、エレベーターはわからなかった(小平駅は墓参人に高齢者が多いことに配慮してかエレベーターもエスカレーターも動いていた)。
・埼京線で私の乗った車輌では車内広告に半分くらいアキがあった。京浜東北線でもちらほらアキが見えた。
・募金活動が盛んになっているが、見分ける力がない私は赤十字と決めている(ごめん、まだ行動を起こしていない)。だからといってそういう声を無視して歩くのはかなり肩身が狭い。あちこちに分けて募金することも考えたが、必ず現地に届いて少しでも役に立ってほしいから。
・夜7時過ぎ、明日から雨で買い物に出られないから今日のうちにと行きつけのスーパーへ(自転車のおかげ)。地震前は午前1時まで営業していたこのスーパーも今は8時閉店らしい。そんな時間に行ったせいか、食品はかなり品薄。乾麺はほぼなく(ラーメン、カップめんはゼロ。当初はたくさんあった蕎麦、うどん、スパゲッティも残りわずか)、ハムやウインナーなどのケースも9割方空間。不思議なのは納豆が全然ないことshock「品薄なのでお1人様1点でお願いします」の貼紙も。納豆大好き家庭の我が家では地震前に買って以来一度も目にしていない。別にそれで困っているわけではなく、ただ不思議なだけ。なんで納豆がないのぉsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年3月20日 (日)

使命感と責任感

情報に囲まれすぎていると、様々な感情の混じった悲しみに胸が押しつぶされ、また要らざる不安要る不安に動揺し、頭がおかしくなりそうなので昨日から少し情報をシャットアウトしている。そういうわけで、東京消防庁の記者会見を知ったのも、母の昼食の介助をしているとき施設でついていたテレビから(ニュースだから会見のごく一部なんだけど)。
「放射線の恐ろしさを一般の人より熟知している隊員の恐怖は計り知れないがそれを拒否する者はいなかった」
この言葉に隊員と隊長の思いが象徴されている。
何にも知らないで怯えていた私って…。
使命感と責任感で恐怖を克服して現場で作業している人たちは他にもたくさんいる。ありがたい。
下を向いてばかりいてはダメだ、と心に鞭打ち、今日は墓参に行ってきた。祖父母、父の霊に、そして霊園のすべての霊に、「日本をお守りください」とお願いしてきた。少し気が軽くなって戻ってきたら、今度は母の夕食の介助時についていたテレビで16歳の少年と80歳くらいのおばあさんが救出されたニュースをやっていた。「ああ、よかった!!!」という喜びと、10日間という2人の時間を思い、また胸がつぶれそうになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ありがとう、バイク屋さん

自転車が直りました。
出来上がり予定の時間にいくと、途中で次々小さな修理が入ってまだ修理が完了していないことをすまながるおじさんは、残っていた作業(前輪の全交換は終わっており、右ブレーキと反射板付け等)を私の目の前でこなします。
魔法の手みたいでした。
ライトも点検してくれて、再登録の手続きもしてくれて。
ここのバイク屋さんは、20年くらい前だったか50ccバイクに乗っていたときにもお世話になったことがあり、その時も頼もしかったうえに「なんていい人なんだ」と感動した覚えがあります。今回も実に頼もしく、「なんていい人なんだ」と心が温かくなりました(本当に、本当にいい人なんです)。
軽くこげるようになった自転車で家路を急ぎながら、ちょっと希望の灯が見えてきたような気がしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年3月19日 (土)

ぽかぽか午後

11031901sheep
数年前友人がくれた古い自転車、ずっと野ざらしにしてあったのだが、この際徒歩ではあまりに機動力に欠けるため整備することにした(昨日まで車の行列が出来ていたスタンドは、今日はストックが底をついたのか休業。この調子ではまだまだ車には乗れない)。息子にみてもらったら、前輪、右ブレーキと素人の手に負えない修理が必要になり、近所のバイク屋に行ってきた。私の前に1台バイクの修理があるので2時間ほどかかるそうで、一度帰宅。
途中、以前にもこのブログで紹介したことのある羊さんたちがのんびりお昼寝していた(東北地方も暖かいといいな)。最初は2頭だった羊さんも今は2カ所に分けて10頭近くいるのではないかしら。どんだけ田舎ぁshockと思われそうだけど、羊がいるのはここだけだからcoldsweats01
11031902sheep

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年3月18日 (金)

獅子虎傳公演中止

今月27日公演予定だった獅子虎傳阿吽堂が中止になった。
国立千穐楽と重なるため泣く泣く諦めたのだが、こちらも中止かdespair

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

こんな時だけど5月演舞場演目と6月コクーン

演舞場5月の演目と配役が発表になっていた。
5月1日(日)~25日(水)
昼の部
 敵討天下茶屋聚(かたきうちてんがぢゃやむら)
  安達元右衛門    幸四郎
  東間三郎右衛門   幸四郎
  早瀬伊織       梅玉
  人形屋幸右衛門  吉右衛門
夜の部
 籠釣瓶
  佐野次郎左衛門  吉右衛門
  八ツ橋        福助
  繁山栄之丞     梅玉
 あやめ浴衣
  若い女        芝雀
  若い男        錦之助
  若い男        歌昇

とりあえず、見たことのない昼の部だけ取ろうかしら。でも、まだそんな気持ちになれない…。5月の松竹座行きも全然考えられなくなってしまった。

あ、それに気づかなかったけれど、6月コクーンも発表になっていたのね。
「盟三五大切」で、橋之助・菊之助・勘太郎。6月6日(月)~27日(月)

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

妙な安心感

11031801jinchoge

地震から2日ほど経ってふと気がつくと、パソコンの受信メール数がひどく少ない。連日うるさいほどくるH系とかワケのわからないメールがぴたっと止まったのだ。普段いや~な思いしかしないそんなメールが来ないと事態がひどく深刻なんだろうと、それはそれで不安になる。
それが昨日から少しずつだが復活し始めている。変なもので、ちょっとほっとする気持ちがある。
テレビ番組。
地震の日、揺れがおさまって少し落ち着いてからチャンネルをあちこちに合わせてみると、さすがのテレ東も地震のニュースをやっていた。その後何日もずっと同じ。そのテレ東が地震以外の番組を始めたとき、見る気はしないまでも、なんだかほっとするものがあった。

今でもそれどころでなく苦しんでいる方がいらっしゃるのに不謹慎なのは重々承知だけれど、そんなみょう~な安心感を覚えるのでした(原発も、地震も怖くて怖くてしょうがないんだもの)。

今日は買い物に行ってきた。先日買い物袋を提げて帰るのがけっこう重くて大変だったので、今日はキャリーカーを持って行った。ところが、みんなの目が「コイツ、買占めに走るな」と言っているようで肩身が狭くてしょうがない。体の前後に「これは普段の買い物です。買占めなんかしません」って貼って歩きたかったよ(はは、自意識過剰coldsweats01)。スーパーやドラッグストアは相変わらず、ないものは全くない。近くのガソリンスタンドも4日前と何ら変わらぬ行列でした。

続きを読む "妙な安心感"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年3月17日 (木)

思うこと

17日、18日は演舞場休演だそうです。
私は今日コクーンで「日本人のへそ」を見るべくチケットを持っていてギリギリまで悩んだのですが、やはりどうしてもその気になれず、やめることにしました。
各劇団、演劇集団、劇場、それぞれに悩んでそれぞれが苦渋の選択をしているようです。

原発現場では決死の作業に当たっていらっしゃる方がいます。昨日、アメリカでこの50人の献身的作業が注目されていることをネットで知り、それまで現場で命を賭して日夜作業をしている人のことまで思い至らなかった自分をとても恥ずかしく思いました(現時点ではもっと大勢の方が現場に踏みとどまって危険な作業に従事しておられるそうです)。

買いだめ買占めもずいぶん問題になってきました。昨日、Addie様(→ココ)からも一目でわかるポスターについてトラックバックをいただきました。私自身、この先の生活の不安に少し食料を買いためておこうかと思わないわけではありません。また輸送経路が確保されていないという問題も被災地の物資不足に関係していると思います(貨物鉄道が通りそうです。鉄道の輸送力は大きいので期待します)。でも、少なくとも今切実に必要としている人たちが優先されるべきです。自分があの避難所にいたらと思えば……。多分、地震直後に不安からスーパーの棚がカラになったのだと思いますが、物のないことがさらに不安を呼び、入荷したとたんに又カラになるという悪循環が起こっているのでしょう。どこかでこの循環を断ち切る必要があるのではないでしょうか。

不安や恐怖は消えないまでも、落ち着いて淡々と生活する、そんな精神力を私ももたなくては。

追記:さっきラジオをつけたら、自衛隊によるヘリコプターからの水の投下が行われたとのこと。警視庁の放水もじき始まるようです。この作業も命がけに違いありません。現場の方たちに感謝しつつ、これが成功すること、さらには5号機、6号機の水温がこれ以上あがらないことを祈るばかりです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年3月16日 (水)

11031601momo
こんな時でもここへアクセスしてくださる方がいらしたら、落ち込む話題ばっかりでごめんなさい。自分自身を奮い立たせるためにもさっき歩いて買い物に行ってきました。その途中見つけた春。
11031602bird
こちらは自宅庭。毎日何回もキンカンをつっつきに来るcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

やさしさ

津波の恐ろしさに心が砕けていたところへ原発の恐怖、私の心はほとんど真っ暗(私ってこんなにヤワだったんだ、とちょっと情けなくなるくらい)。
でもそこへ光を当ててくれるのは人間のやさしさだ。同じ日本人どうしだけでなく、外国からの温かい言葉はほっとさせてくれるし支援はありがたい。人間は、日本人は1人じゃないんだ。
そんな中、この状態を悪事に利用しようとする輩がいたら絶対に許せない。

ラジオはやさしいよ。テレビじゃなくては得られない情報もあるけれど、おだやかな声がラジオから流れてくると少し落ち着く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月15日 (火)

計画停電スケジュール

今日から18日までの計画停電予定が発表になっていた→ココココがわかりやすいかも。
今日15日は
6:20~10:00  第3グループ
9:20~13:00  第4グループ
12:10~16:00 第5グループ
15:10~19:00 第1グループ
18:10~22:00 第2グループ

14日と違って1日2回割り当てられたグループはなくなった。
また、グループ分けリストもより詳細に番地まで表示されている。これで、2グループにまたがる地域はなくなったみたい。うちは第2グループ。昨日は朝からずっと東電のカスタマーセンターに電話をかけ続けてやっと午後3時半過ぎ繋がったと思ったら、カスタマーセンターでも私が入手したリスト以上のものがあるわけでなく、結局第2なのか第4なのかはわからずじまい。電話の向こうではとても感じのよい真摯な声で平謝りだったけれど、現場だって情報がなくて混乱している様子で気の毒だった(きっと1日電話の向こうから怒られ続けていたんだろうな)。
ともかく、これで心構えができるようになったのはありがたい。
実施するかしないかは需給のバランス次第ということでその場にならないとわからないのは昨日と同じ。で、これはやむを得ないことだそうなのだ。
正確な情報が入手できないことでどれほど神経が参るか、このたびよくわかった。被災地でも物資だけでなく情報がほしいという声を多々聞く。それがどんなに切実なことであるか!!
情報不足の被災者の方たちには本当に申し訳ないが、これで安心したのでおやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月14日 (月)

国立劇場3月公演中止

先ほどmaroon6様から情報をいただいたが、国立劇場のHPでも公演中止の発表があった。→ココ
国立劇場、国立演芸場、国立能楽堂、国立文楽劇場の主催公演をすべて、3月15日から31日まで中止にするとのことである。誠に残念ではあるが、現状ではやむなし。
ああ、お芝居を楽しむ時間がどれほど貴重だったことか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

スーパーで

お昼前にスーパーに買い物に行った。入口のガラスに貼紙がしてあった。「12時から入店制限します」
え?なにそれ?と思ったら、このスーパーの地区が第3グループで12:20~16:00に停電する予定だからなのであった(これ、今後毎日そうなんだろうから、覚えておかなくては)。
私が入店したのは11:55。おおぎりぎりセーフhappy01
入ってすぐ見渡した感じでは商品もそこそこあるじゃない、と思ったのは大間違い。納豆、豆腐、インスタントラーメン、カップ麺、パン、卵はまったく陳列棚にない。おかずになる缶詰もほとんどない。ハム・ウインナー類は少し残っている。じゃがいもほしかったのにこれもぜ~んぜんなし(みんな考えることは同じ。出遅れた)。冷凍食品はさすがにたっぷりあった。
こんなにスーパーから商品がなくなったのを見るのは初めてかも。それでも何とか買い物袋を一杯にしてレジ前の長蛇の列に辛抱強く並び、無事帰ってきた。
ここのスーパーでは私は屋上駐車場が好きでいつも上に止めていたのだが、地震以来1階の平面に置くようにしている。

第3グループの停電も今のところ回避されているようだが、スーパーでは時間帯が過ぎたら点検して再び開店するそうだ。
途中のガソリンスタンド、何十台も車が並んでいたな。

政府から「国民の皆様へ」という節電お願いのメールが来ていたね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

不安な情報不足

輪番停電。被災地の方のことを思えば1日3時間程度の不自由なんか喜んでガマンしようと思っていた。
でも、時間帯とかどうやって知らせてくれるんだろう、ちゃんと1軒1軒回らないまでも、町会単位でお知らせがくるとか・・・。
ところが、詳細はネットでしかわからないみたいで、それも東電のHPは全然繋がらなくて、それでも他のルート(新聞社のサイト)でリストは入手したけれど、うちはG2にも4にも入っているのよ。恐らく同じ地域でも2グループに分かれるのだろうと想像しているが、番地まで書かれてないってことは、電気が止まってみるまで自分のグループはわからないってこと? 
それにひょっとしたら両方のグループに入れられるってこと? そうしたらほぼ丸1日停電だよ~(G2が一番難しい時間帯のように見える)。そんな事態を何のお知らせもなく受け入れろっていうの?
一応そういうことも想定して用心はしているものの、さすがにそれは勘弁してほしい。仕事も何もできなくなってしまう。
あまりに情報が行き渡らなさ過ぎる(節電のため早寝しようと思っていたのに、情報探しで結局遅くなってしまった)。それだけ非常事態にある、とうことだろう。しかしネットが使えない人はどうやって自分の停電時間帯を知るというの? オール電化のお宅は大変だろうな。
情報がないというのはとても不安だし、生活パターンがどう変わるのか、どんなトラブルが生じるのかわからないし、さっき観劇しようかと少し上向きかけた気持ちが萎えてきた。

グループ①6:20~10:00、16:50~20:30
グループ②9:20~13:00、18:20~22:00
グループ③12:20~16:00
グループ④13:50~17:30
グループ⑤26:20~19:00
なおグループ分け等、変わる可能性もあるらしい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年3月13日 (日)

癒し

1131301crocus
3月11日、あの恐ろしい揺れのあった日に開いた花。黄色のクロッカス集団の中で一輪happy01 去年の11月にも咲いたのにまた顔を見せてくれたのかと思うと不安と緊張で疲れた心が和む。
今日は輪番停電に備えて使い捨てカイロを買ってきた。全体に品薄で、とくに貼るタイプのものは箱入りのものが2~3箱残っているだけ。
ほんの小さな力に過ぎないけれど、我が家でもできるだけ節電に努めています。戦争を経験した両親に水1滴でもムダにしないよう口すっぱく言われてきたことが切実に理解できます。
揺れも怖いけど、今は原発が怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月12日 (土)

備えあっても…

今、スーパーに行ってきた。目的は水のペットボトル。駐車場へ戻ってくる人ほとんど全員が水を1箱ずつ運んでいる。私も大急ぎで売り場に行くと、ラッキーなことに最後の1箱が残っていた。バラ売りではまだ少し並んでいたが、それも時間の問題かも。
あとはパンがずいぶん売れていた。
都内の親戚もスーパーに行ったら保存食やらパンやらが何にもなくなっていたと言っていた。土浦の知り合いは「コンビニもイオンもカラ」とメールしてきた(昨日は停電で集会所のようなところに避難していたので、今朝になって電気が通り自宅に戻ってテレビをつけて初めて惨状を知ったとも)。
みんな切実に備えの大事さを感じているのだろう。
私は灯油とガソリンも満タンにしてきた(10日前に比べてどちらも確かに値上がりしていた)。でも、ストーブだって電気がなくてはつけられず、これから計画停電もありうるというのに大丈夫かしら。
あと、秋田の親戚で連絡がつかないところが2軒あって心配。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

悪夢みたいな現実

皆様、おはようございます(やっとネットが繋がった)。ご心配くださった方々、ありがとうございます。
昨夜は2階のほうが安全と、布団の中で暖まりながらテレビをつけていたら、いつの間にか眠ってしまっていた。眠れそうにない、なんて言ってたのにねcoldsweats02
それでも時々は揺れで目が覚め、一晩中揺れているんだと身が固くなる。携帯の緊急地震速報が鳴るたびにどきっとしてどう行動すべきかとめまぐるしく頭を働かせながらも結局は布団の中でじっとしている私。地震の悪夢は朝になっても覚めることなく、ますますひどさが明らかになる惨状を見るにつけ、これは事実なんだ現実なんだと言い聞かせる(災害が起こるたび同じことを思う)。被災者の方々には言うべき言葉もない。そして自分の無事を心からありがたく思う。

朝刊を見たら、演舞場ではとこ様が情報を下さったように「御所五郎蔵」の最中、急遽中止になったと出ていた。菊五郎さんと吉右衛門さんが「本日はこれきりにて」とご挨拶なさったそうだ。観客は混乱なく外にでて、劇場にも被害はなかったとのことは何より。
他の劇場公演もみんな中止になったそうで、当然正しい判断だろう。私自身は来週2件の観劇を予定しているが、少なくとも今はそんな気になれない。
両親と暮らすことになって今のところに越してきたのは、「都会では地震が怖い」という母の強い願いから。その母は、昨日地震直後に様子を見に行ったら揺れたこともわからないようで職員さんに「どんと構えていたわよ」と言われるほど。怖い思いをしなくてよかった、と思った。

それにしても次々明らかになる惨状、他の地域にも広がってくる震源、「地震列島」の恐怖が現実になるんじゃないかと心配している。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2011年3月11日 (金)

不気味な余震

余震がこんなに不気味なものだとは思わなかった。国内観測史上最大というM8.8の本震はもちろん一番怖かったけれど、余震も怖い。
一日中胃がむかむかするのは、ひっきりなしに揺れているせいだろう。
それでも自宅でこうして普通にしていられる私は幸せだ。幸い息子も今日はうちにいたし。
お勤めの皆さん、ご帰宅なさる方も外で夜を明かされる方も、どうぞくれぐれもお気をつけてくださいね。
うちでは私以上に息子が防災グッズを真剣に用意してくれている(うちの耐震強度にまったく信用を置いていないんですって。昼間やっと繋がった携帯の第一声が「うち、潰れてない?」だった。私もほとんど信用していないけれど…)。水、食料品、懐中電灯、ヘルメット等々。靴もそばに置いておくよう言われた。

今日の国立劇場はたまたま開演が16:30で、公演は中止になったそう。演舞場はどうだったのだろう。地震発生時はちょうど「御所五郎蔵」が始まったばかりの頃だったはず(私も歌舞伎座で地震にあった経験は2度ほどあるけれど、もちろんこんなに大きくはなかった)。
明日は埼スタでサッカーがあってこれじゃ行く気にならないなと思っていたら、Jリーグ全部中止になったみたい。

不気味な余震で今夜は眠れそうにない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ただオロオロ

みんな、大丈夫? 無事? 
ものすご~く怖かった!!
慌ててストーブを消して、ガスの確認をして、玄関のドアを開けて、あとは何にもできずにただオロオロしていた(情けない)。
たまたま買い物に出かけていた息子に電話してもぜ~んぜん繋がらない。アクセスが集中したせいなのだろうか、役立たずっとか思いながらひたすらかけ直していたらやっとつながった。
店では陳列品がたくさん落ちて、客は従業員の指示で外の駐車場に避難誘導されたそう。
うちでは2階で物がたくさん落ちていた。ベランダのエアコン室外機の上にのせていたレタスの鉢が落ちて割れていた。一瞬だったけど停電もしたし。
あ~、まだゆれてるよ~。
地震は一番イヤ!!
被害に遭われた方、こわい思いをされた方、お見舞い申し上げます。 

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

花粉に負けて…

昨日から激しい花粉症に悩まされている。

観劇の最中などに突然咳が出る症状(30秒ほどで止まるんだけどね、静まり返った劇場で咳き込むのはちょっと…gawk)を長年抱えてきたが、3週間ほど前にどういうわけかやっと医者に行った。どうやら「咳喘息」らしいという診断だった(X線画像には現れず、症状からの推測)。
その際に花粉症の薬ももらってきて、2週間ずっと調子がよかったのでさらに4週間分もらったのだけど、身体が薬に慣れてきたのか、薬以上に花粉が強力なのか。顔もかゆいし(こすったりかいたりすると、シミの原因になるっていうから、ささっと払う程度にしている)、鼻はグズグズだし(鼻をかんでもシミの原因になるって、どうすりゃいいのだbearing)、さんざん。
この時期、つい選んでしまうテンプレどおりだねcoldsweats01

咳喘息のほうは、吸入ステロイドと気管支拡張薬でだいぶ軽くなってきている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月10日 (木)

もう巡業…

ぴあから近松座チケットの案内がきていた。あら、もう巡業か、と色々検索したら、近松座はとりあえず
7
2013001800 兵庫県アルカイックホール
7
261400      越谷サンシティホール(→ココ
というのだけ見つけた。
出演は籐十郎、翫雀、扇雀、亀鶴、壱太郎他
演目は「お目見得御挨拶」「夕霧名残の正月 由縁の月」「曽根崎心中」
だそう。
亀鶴さん、今年も巡業なのね。もちろん見に行きますlovely 多分越谷へ。

東コースは1つだけヒット。
7
311330 厚木市文化会館(→ココ
演目は「梶原平三誉石切」と「河内山」
出演は2年前の一座と同吉右衛門、歌六、歌昇、芝雀、染五郎他。


西コースの仁左様一座情報は見つけられなかった。もうあちこちで公開されているのかな(なにしろボケているからcoldsweats02)。ま、自分のための情報ってことでcoldsweats01

去年のうちに発表されていたことだけど、
東コースは6月29日〜7月31日
中央コースは6月29日〜7月30日
東コースは8月30日〜9月25日

追記:チケットWeb松竹に近松座の越谷と鎌倉(7/2)が出ていた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年の声明公演は6月11日

すっかり忘れていたけれど、先日国立劇場に置いてあったチラシの中に今年の声明公演が!!

「西大寺の声明」 詳細は→ココ
6月11日(土)午後1時・4時
@国立劇場小劇場
予約開始は5月11日(水)10時~

あら、今年は6月で、しかも小劇場なのねthink 
これまでに3回の声明公演を見てそのたび感動したので今年も是非にと行く気十分でいたのだけれど、11日は早々と「雨」(新国立劇場)の第二希望を入れてしまってwobbly 第一希望を平日にしたから多分第一が通るとは思うけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月 9日 (水)

閉鎖されるガソリンスタンド

ガソリンスタンドの数が減っているそうである。
主な原因は、タンクの老朽化が進み、その改修費用が莫大にかかることらしい(消防法が改正されて、埋設後40年が経過したタンクなどの改修が義務付けられたのだそうだ。1機何百万だとか)。
私の行動半径内だけでもこの半年〜1年の間に4軒も閉鎖され、どういうわけかと不思議だった(単純に経営難によるものかなと思っていた)が、そういう問題があったとは。
安全性を考えたら改修は当然必要だろうが、ガソリンスタンドの閉鎖は全国的に相次ぎ、状況は深刻なようだ。ありがたいことに、私の行きつけのスタンドは何年か前に改修したようで--そんな記憶がかすかにある--今も営業を続けてくれているが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

4月演舞場チケット、とりあえず

今日は4月チケットの発売日。最近、3階最後列でもいいと割り切っているせいか(いや、「最後列でもいい」ではなくて「最後列が案外いい」)、比較的気楽に発売日を迎えられる。
それでも10時が近づくにつれて少々落ち着かない気分になった。10時、チケット購入をクリックすると、なんとデータ展開にやたら時間がかかりshockこれはパソコンの不具合かと心配になってきた(ここのところ、どうもネットの調子がイマイチで)。これまでの私なら苛立ってもう一つ別に立ち上げてしまうところだけれど、それをやったらパソコンがもっと混乱してしまうだろうと、じっと待つ。
30
秒も経ったかしら(こういう時は実際よりも長く感じるから、正確なところはわからない)、やっとカレンダー画面が出てくれてほっとした。
早速3B、狙いの席を探すと、おや珍しい、最後列はほとんど売れていて(ある意味残念coldsweats01)、最前列が全席残っていた。
4
月は時蔵さんの後援会に昼夜お願いしてあるし、本当は1回ずつでいいかなと思っているのだけど、ポイント稼ぎもあって…coldsweats01 ただ、昼の部は予定が立たず、とりあえず今日は夜の部のみ。ボーナスポイント達成に滑り込めるかなあthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月 8日 (火)

シェー

お昼を食べながら、CM合間にチャンネル変えで見た番組。
10代が「シェー」を知っているのと、60代以上が「♡注入」を知っているのとどっちが率が高いか、50人にきいて調べていた。
私の予想は60代以上の「♡注入」だったけど、結果は逆。23/50 vs 19/50でした。
結果を鵜呑みにはしないけれど、今の10代の半数近くが「シェー」を知っているとはねえ。
私の場合、歌舞伎を見るまでは「シェー」イコール<イヤミ氏>であったが、今は女方の驚きの表現ですわsmile(イヤミの「シェー」も驚きの表現でしょ。歌舞伎からヒントを得たのかなthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月 7日 (月)

冷たかろう寒かろう

11030701crocus
昨日は↓
11030703crocus
こちらも…
11030702narcissus
昨日は↓
11030704narcissus
ちなみに私は風邪気味。弱くなったものだwobbly

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月 6日 (日)

素敵な悪党:「絵本合法衢」

35日 「絵本合法衢」初日(国立劇場大劇場)
面白かった、楽しかった。ちょっと正月の復活狂言を見るようなわくわく感もあり、退屈するところなどまったくなかった。
これでもかこれでもか、というほどの殺戮――いったい何人殺されたのか、数えていたけれど途中でわからなくなった――、私は南北の暗いドロドロに辟易することが多いのだが、今回は不思議と厭な感じがなく(1カ所を除いて)後味も悪くなかったのは、南北にしては陰湿さがなく、劇画チックだったからだろうか(先日見た「芸に生きる」で亀鶴さんが「歌舞伎は漫画だ」と言っていたのに引きずられたかな)。
あるいはまた大悪人・左枝大学之助と悪党・立場の太平次の2役を演じた仁左様の魅力ゆえかもしれない。大時代的悪人・大学之助の笠をかぶっての登場シーンは「え? これほんとに仁左様なのぉ?」と首をかしげたほど凄みのきいた声(はじめちょっと掠れていた?)。良心のかけらもない、卑怯で冷酷でワルいヤツなのに、笠を上げて不敵でニヒルな笑みを漏らす顔が意外とかわいくて、悪人ぶりにも大らかさを感じる。時代物の大学之助に対する世話物の太平次も良心のかけらなどまったくなく冷酷。しかしちょっといがみの権太を思わせる感じで、華も愛敬もあって、とにかくカッコいいのだ。悪党ながら素敵に惹かれた(この芝居では「素敵に」って言葉は使われていなかった)。
もう一つには、殺されても殺されてもめげない善人グループのエネルギーが殺戮の残酷さを超えた、ということがあるのかもしれない。11人は善良なあまり弱くても、善人派全体として最後まで悪に向かっていく強さである。

初日なのであまりネタバレしないように気をつけながら…。
序幕第一場は凄惨な殺しから始まり、この第一の殺人がこの物語の展開を象徴しているようである。第二場は大学之助が鷹狩りをする鷹野の場面。大学之助の家来(男女蔵)が百姓たちに「お前たちが草を刈るから小鳥が一羽もいない」と怒るところでは、いつだったかの「ブラタモリ」を思い出した。

時様のうんざりお松は第二幕で登場。この悪婆が太平次と組んで道具屋を強請るところではつい先月の土手のお六を思い出した。時様はきれいで色っぽく、伝法なのもすてき。ワルい女であっても、もっと悪い太平次に惚れた女の可愛さが哀れを感じさせた。第三場では早替り!で武家の妻に。
ここではだんまりになるが、だんまりでよく見られる「物」のやりとり(大事な物が次々登場人物の手に渡って、互いの持ち物が入れ替わる)はありそうでなかった。

続きを読む "素敵な悪党:「絵本合法衢」"

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2011年3月 5日 (土)

スカパー解約

さんざん迷ったけれど、ついに今月一杯でスカパーを解約することにして、さっき電話で手続き完了。
2
年前に歌舞伎チャンネルの運営が松竹の㈱伝統文化放送から㈱歌舞伎チャンネルに移ったときにも懸念されたことではあるが、いざ今月で終了と思うと、何とも残念で仕方ない。
芝居はテレビで見るものではなく生で見るものだというのはたしかにそうかもしれないが、生で見られない人だってたくさんいるんだし、過去の名優の芝居は見たくたって見られないのだ。
歌舞伎チャンネル友の会から律儀に返金されてきた2カ月分の会費を前に寂しい気持ちで一杯の私です(きっとかぶちゃんの人も悔しい寂しい気持ちでいるんだろうなあ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年3月 4日 (金)

5月は大阪で暮らしたい!!:團菊祭

昨日團菊祭の演目・配役がアップされていたようだったのに、気づきませんでしたわ~bearing
昼の部は
「女暫」 時蔵、菊之助、松緑
「汐汲み」 藤十郎、翫雀
「幡随長兵衛」 團十郎、時蔵、翫雀、左團次、菊五郎
夜の部は
「蘭平物狂」 松緑、菊之助、翫雀
「弁天娘女男白浪」 菊五郎、左團次、権十郎、時蔵、團十郎
「春興鏡獅子」 菊之助

いや~んhappy02この期間、大阪に住みた~いsign03

詳細は→ココ
 
 

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2011年3月 3日 (木)

三月大歌舞伎昼の部

32日 三月大歌舞伎昼の部初日(新橋演舞場)
なんだかすご~く久しぶりに歌舞伎を見る感じがする。ル テアトル銀座の歌舞伎が終わってからまだ5日というのにね。
「恩讐の彼方に」
ミーハー的観劇者としては、これが一番楽しみだった。そしてこれが一番面白かった。
青の洞門の話だってことは薄ボンヤリと知っていたが、見ているうちに、ああ昔読んだか見たか、とにかく知っている話だとわかってきた。そして見ているうちにぼろぼろと涙がこぼれてきて、困った。泣こうなんて全然思っていないのに、知らず知らずに涙が出てくるのだもの。宗教的な面は全く押し付けがましくなく、むしろ宗教とは関係なく私の心の琴線に触れる。
松緑さんは「達陀」でも煩悩を乗り越える僧を好演したが、ここでも女に唆されて悪事を犯すもののそれに耐えられず逃げ出し、仏門に入ってなお苦悩と戦いながら洞門を掘り続ける僧をよく演じている。松緑さんは竹を割ったような性格に見えるが、こういう苦悩を抱えた役が案外似合うのではないかと思った(怨みに燃えた崇徳上皇もよかった)。年老いてからの顔は私の席からはよく見えなかったけれど、若い染五郎さんの実之助との違和感も全然なかった。
染五郎さんの実之助は、長く苦しい旅の末やっと目指す仇を見つけはやる若者の感情がいやみにならずに伝わってきて、実之助の立場に立って早く仇討ちをさせてやりたいとさえ思いたくなるほど。了海(松緑さんの役)の意外な姿にとまどいながらも徐々に変化していく気持ちがほどよく熱くて、私が泣けたのはその染五郎さんに対してだったかもしれない。
菊之助さんの悪女は珍しいかな。本性を顕したときにちょっと男が入っているのが気になった(声もあそこまで変えなくてもいいんじゃないかしら。優しい声のほうがかえって怖いかも)けれど、スゲエ女だなと呆れながらやっぱりきれい、そのギャップが興味深い。
團蔵さん、歌六さん、亀三郎さん、亀寿さん、芝のぶさん(亀寿・芝のぶの夫婦殺しが了海――この時は市九郎――に悪事から足を洗う決心をさせたことを思うと、この夫婦が初々しく2人旅を心から楽しんでいる風情が必要だが、2人にはそれがよく現れていて、殺しの場面が演じられなくてもその残酷さ、哀れさが胸に堪えた)等々、出演者も豪華。
これはもう一度見たいなと思った。

続きを読む "三月大歌舞伎昼の部"

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年3月 2日 (水)

火災予防週間

11030201ensyu_3   
今朝、演舞場前の読売新聞で消防演習をやっていたようだ。1日消防署長は篠塚和典氏。どなた?と考える私の頭で「篠塚氏」といえば元巨人軍の篠塚利夫氏。後で調べたらその篠塚利夫氏が改名されて和典氏になったとのこと。
先月28日には国立劇場でも消防訓練が行われ、その様子が東京MXテレビのニュースで紹介された。1日署長は時さま。あの冷たい雨の中、風邪などひかれないといいがと心配にもなったが、制服姿もよくお似合いで、「逃げ遅れを救出せよ」との指揮も凛々しく、とても素敵だった(訓練に「素敵」は変な感想だけど)。消火器を使ったことがないので、そういう訓練にも参加してみたいとのこと。ちなみに、私、むか~し、家の中で消火器の中身をぶちまけてしまったことがあって(上から何かを落として、レバーが押されてしまった)、粉末の始末に大変な苦労をしましたっけ。
ところで1週間ほど前だっただろうか、うちの近所で火事があり、1人が亡くなられた。火事はこわい、とつくづく思う。

続きを読む "火災予防週間"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々の

1.11時開演run
2.東銀座
3.越後屋さん(越前屋さんだったかしらcoldsweats02)で100円のお茶購入
4.5時間観劇(終演16:03)
5.めでたい焼きdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年3月 1日 (火)

道真公薨去の日に湯島天神へ

11030101ume
2月25日、花形歌舞伎一部と二部の間の約3時間に梅見も兼ねて湯島天神へ。
父が元気な時は毎月25日に湯島へお参りしていたし、この日は道真公薨去の日(旧暦)でもあり、格別な思いで境内を歩いた。梅はまだ6~7分というところだったかしら。その後、先日の暖かさで一気に開いたかもしれないけれど、またこの寒さ。梅もかわいそう(我が家の紅梅は早、散り加減)。
写真の梅は「思いのまま」という名前。風情は楽しめたけれど、梅の香漂う前に様々な出店からのソースの匂いなどが…coldsweats01(こういう雰囲気は大好き)
11030102ume
みんな合格するといいね。ン十年前の自分、そして子供たちの受験--もうあんな思いはしたくないな、という気持ちと懐かしさと…。

続きを読む "道真公薨去の日に湯島天神へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »