« 不気味な余震 | トップページ | 備えあっても… »

2011年3月12日 (土)

悪夢みたいな現実

皆様、おはようございます(やっとネットが繋がった)。ご心配くださった方々、ありがとうございます。
昨夜は2階のほうが安全と、布団の中で暖まりながらテレビをつけていたら、いつの間にか眠ってしまっていた。眠れそうにない、なんて言ってたのにねcoldsweats02
それでも時々は揺れで目が覚め、一晩中揺れているんだと身が固くなる。携帯の緊急地震速報が鳴るたびにどきっとしてどう行動すべきかとめまぐるしく頭を働かせながらも結局は布団の中でじっとしている私。地震の悪夢は朝になっても覚めることなく、ますますひどさが明らかになる惨状を見るにつけ、これは事実なんだ現実なんだと言い聞かせる(災害が起こるたび同じことを思う)。被災者の方々には言うべき言葉もない。そして自分の無事を心からありがたく思う。

朝刊を見たら、演舞場ではとこ様が情報を下さったように「御所五郎蔵」の最中、急遽中止になったと出ていた。菊五郎さんと吉右衛門さんが「本日はこれきりにて」とご挨拶なさったそうだ。観客は混乱なく外にでて、劇場にも被害はなかったとのことは何より。
他の劇場公演もみんな中止になったそうで、当然正しい判断だろう。私自身は来週2件の観劇を予定しているが、少なくとも今はそんな気になれない。
両親と暮らすことになって今のところに越してきたのは、「都会では地震が怖い」という母の強い願いから。その母は、昨日地震直後に様子を見に行ったら揺れたこともわからないようで職員さんに「どんと構えていたわよ」と言われるほど。怖い思いをしなくてよかった、と思った。

それにしても次々明らかになる惨状、他の地域にも広がってくる震源、「地震列島」の恐怖が現実になるんじゃないかと心配している。

|
|

« 不気味な余震 | トップページ | 備えあっても… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

夕べ何度もコメントを入力しかけては結局送信しないままになっておりました。皆様ご無事で何よりですが、被害状況が明らかになるにつれ、恐怖心がまたつのってまいります。

私も職場から歩いて帰宅いたしました。何度か自転車でも通った経路ですので迷うこともなく1時間20分程でしたが、道路(車)はかなり渋滞していました。夜中も夜が明けてからも余震は続き、とにかくはやくおさまってほしい、そう思っています。

国立も演舞場も今日の公演は中止になりましたね。当然だと思います。

ただただ祈ることしかできないからつぎでした。

投稿: からつぎ | 2011年3月12日 (土) 09時03分

からつぎ様
おはようございます。
からつぎ様も歩いてお帰りでしたか。ご無事でよかった。以前「M8」という小説を読んだとき(小説の地震はM8の東京直下地震でした)、徒歩で帰宅するのも危険が一杯で読むだけで怖い思いをしました。昨日はそういう危険はなくても歩いている最中いつ又大きな揺れが来ないとも限らず、大変でしたね。お疲れ様でございました。

国立劇場もですが、演舞場も中止のお知らせが出ましたね。おっしゃるとおり、当然だと思います。

私も早く地震がおさまるよう、これ以上被害が出ないよう、祈るばかりです。

投稿: SwingingFujisan | 2011年3月12日 (土) 09時24分

SwingingFujisanさま☆
ご無事でよかったです。
昨日からこわくて悪夢みたいですね…私はこわくて会議室で一夜を明かしました。アルコールもありましたがその気になれず何も食べずに朝を迎えました。
父は毎日の晩酌も昨日はする気になれず、勤務先まで迎えにくる気まんまんでしたが、あの渋滞で断りました。妹はお友だちと歩いて帰宅…。
うちは耐震対策のおかげか、お皿も割れず、無事でした。
演舞場、行く気になれないな~て思ってたら中止のお知らせ…明日から振替受付だそうです。
会議室、空調効かせてたのに寒かったから、被災地の方はさぞや、と涙が出ます…

投稿: 七子 | 2011年3月12日 (土) 20時48分

七子様
七子様のところもご家族さま皆さんご無事でよかった!!
大勢でいると怖さも少し分散されますが、こんな状態のときに気持ちが盛り上がるわけはありませんよね。

耐震対策、うちも考えないといけないかも。一応、本棚なんかはチェーンで留めてあるんですけれど、建物自体が…。

14日から輪番停電だそうですが、そうなると劇場の照明なんかも使えなくなるかもしれませんね。とすると公演自体なくなる可能性もあるかなあ。どっちにしても今の気持ちでは観劇への意欲が湧いてきません。
電気にガスに水道--まさにライフラインだなあ(って言うのもへんなものですが)。

投稿: SwingingFujisan | 2011年3月12日 (土) 23時29分

こんにちは。 時間が経つにつれ被害の大きさがわかり
胸がつぶれる思いです。

本日より演舞場、国立劇場とも再開されたようですね。
国立劇場では、本日より終演後ロビーにて役者さんが
募金箱をもっての義援募金が始まるようです。

愛之助さん、吉弥さん、梅枝さん、孝太郎さんが立たれるようですが、
役者さんが劇場側と粘り強く交渉して実現されたと伺いました。

私も来週観劇いたしますので参加させていただこうと
思います。 被災された方々を思うにつけ何をしたらよいかわかりませんが、
私が少しでも出来るところから行動していきたいと思います。

投稿: maroon6 | 2011年3月13日 (日) 15時40分

maroon6様
未だに夢であってほしいと思うような恐ろしい現実--テレビはなるべく見ないようにしているのですが、1日に何回かつけると、その被害の大きさ、恐ろしさに思わず涙が出ます。助けられてよかったと涙し、その一方で命を失った人もいるのだと涙し、本当に胸のつぶれる思いです。

国立は私は15日なのですが、自分自身の恐怖とこのような時に芝居を楽しんでいいのか、あるいは果たして楽しめるのかという思いもあり、でも役者さんたちが一生懸命演じているのだから客としてもそれに応えたいという気持ちと葛藤しています。
そんなところへmaroon6様の情報で募金のことを伺ったら、やっぱり15日は国立へ足を向けようという気持ちが強くなってきました。これからもまだ葛藤は続くと思いますが、役者さんたちの様子をお知らせいただいて嬉しく存じました。ありがとうございます。
私も何が出来るか、被災者の方たちのために役立つ事は何かを考えて行動したいと思います。

投稿: SwingingFujisan | 2011年3月13日 (日) 19時17分

こんばんは。
先ほど実家から戻りました。

実家は思いのほかなんともなかったですが
近所の瓦屋根のお家は若干被害が出たようです。
それでも夜はやはり両親がいたため心強かったです。

一人の部屋ではもはや怖くて報道番組を見られず、
たまに報道特番は入るものの、ほぼ通常態勢のテレ東を見て気を紛らせています。

国立劇場、私は次は千穐楽です。
役者さんのお心遣いに温かい気持ちになりますね。
募金、微力ですが私もぜひしてきたいと思います。

投稿: あねご | 2011年3月13日 (日) 22時51分

あねご様
実家に帰っていらしたのですね。お疲れのところ、コメントありがとうございます。
茨城も色々被害が報道されていて大変だと思いますが、ご家族のご無事を確かめて、そしてご家族のそばで安心しておやすみになられて、さぞほっとされたことでしょう。

テレ東の通常番組を見ると妙にほっとしたりもして… (^-^;

明日から停電になると生活パターンが大きく変わりますから、今週の観劇はやはり控えようかなとまだ気持ちが定まりません。千穐楽は予定どおり行きたいですね。私も微力ながら募金したいと思っています。


投稿: SwingingFujisan | 2011年3月14日 (月) 00時39分

こんにちは。
先ほど決まったようですが、明日以降の国立劇場の公演はすべて中止となったそうです。

残念ですが、この状態では仕方がありませんね。
また落ち着いてお芝居が楽しめるようがんばりたいです。

投稿: maroon6 | 2011年3月14日 (月) 16時10分

maroon6様
情報ありがとうございます!!

やっぱりそうですか…。
せっかく面白い芝居だったし役者さんたちも頑張っていらしたのに…。役者さんやスタッフさんもどんなにか残念でしょうね。
でも、正直、正解かもしれません。今はとてもお芝居を楽しむ気持ちにはなれないし(どんどん状況が悪くなっていって、ひどくユーウツになってきました)、お芝居は電気もたくさん使うだろうし、観客の足もしっかり確保できないだろうし…。
ただ、これって国立だからできるのかしら。ある小劇団では公演中止は劇団運営に大きな影響を与えると言っていました。それもわかる気がしますが、あるいは他にも公演中止に踏み切るところが出てくるかもしれませんね。

今まで当たり前のように多くのお芝居を楽しんできましたが、それがどんなに大切な時間だったか、その時間が愛おしく思えます。
このお芝居は、いつか又同じ座組で再演していただきたいですわ。

投稿: SwingingFujisan | 2011年3月14日 (月) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/39197887

この記事へのトラックバック一覧です: 悪夢みたいな現実:

« 不気味な余震 | トップページ | 備えあっても… »