« 春 | トップページ | 妙な安心感 »

2011年3月17日 (木)

思うこと

17日、18日は演舞場休演だそうです。
私は今日コクーンで「日本人のへそ」を見るべくチケットを持っていてギリギリまで悩んだのですが、やはりどうしてもその気になれず、やめることにしました。
各劇団、演劇集団、劇場、それぞれに悩んでそれぞれが苦渋の選択をしているようです。

原発現場では決死の作業に当たっていらっしゃる方がいます。昨日、アメリカでこの50人の献身的作業が注目されていることをネットで知り、それまで現場で命を賭して日夜作業をしている人のことまで思い至らなかった自分をとても恥ずかしく思いました(現時点ではもっと大勢の方が現場に踏みとどまって危険な作業に従事しておられるそうです)。

買いだめ買占めもずいぶん問題になってきました。昨日、Addie様(→ココ)からも一目でわかるポスターについてトラックバックをいただきました。私自身、この先の生活の不安に少し食料を買いためておこうかと思わないわけではありません。また輸送経路が確保されていないという問題も被災地の物資不足に関係していると思います(貨物鉄道が通りそうです。鉄道の輸送力は大きいので期待します)。でも、少なくとも今切実に必要としている人たちが優先されるべきです。自分があの避難所にいたらと思えば……。多分、地震直後に不安からスーパーの棚がカラになったのだと思いますが、物のないことがさらに不安を呼び、入荷したとたんに又カラになるという悪循環が起こっているのでしょう。どこかでこの循環を断ち切る必要があるのではないでしょうか。

不安や恐怖は消えないまでも、落ち着いて淡々と生活する、そんな精神力を私ももたなくては。

追記:さっきラジオをつけたら、自衛隊によるヘリコプターからの水の投下が行われたとのこと。警視庁の放水もじき始まるようです。この作業も命がけに違いありません。現場の方たちに感謝しつつ、これが成功すること、さらには5号機、6号機の水温がこれ以上あがらないことを祈るばかりです。

|
|

« 春 | トップページ | 妙な安心感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

続けてお邪魔します。
従姉が仙台におりまして、無事が確認できたのは地震の3日後でした。「家も残ったし、家族がみな生きているだけでありがたい」と言っていました。
食料品の買いだめは、地震後のチェーンメールなども拍車をかけたのかも知れませが。
今ここで自分に出来ることをしっかり考えて、落ち着いて生活したいですね。
節電、停電、喜んで頑張りたいと思います。

投稿: マキ | 2011年3月17日 (木) 11時27分

マキ様
こちらにもありがとうございます。
従姉さんのご無事、よかった!! マキ様もさぞご心配だったことでしょう。
家も残って家族もみな生きているだけでありがたいというのは、この惨状を経験なさった方の心からの声と聞こえて涙が出る思いです。

テレビやラジオ、またブログやツイッターなどの働きかけで、落ち着いて1人1人が自分に出来ることを考え始めている人が増えてきているのではないでしょうか。私も時々はプチパニックに襲われますが、そんな時は深呼吸をして気持ちを落ち着けるようにしています。

予定ではあと20分ほどで停電です。うちの電気が止まることが少しでも日本の役に立つのですから、私も喜んで受け入れたいと思います。こんな非常事態ですもの、みんなで助け合って、日本が沈まないように頑張りましょう。

投稿: SwingingFujisan | 2011年3月17日 (木) 12時00分

SwingingFujisanさん、拙ブログをご紹介くださってありがとうございます。m(_ _)m

各家庭で最低限の「備え」は、もちろん必要なことですし、食べ盛りのお子さんがいらっしゃるご家庭では一日の消費量がかなり多いでしょうから一概には買い過ぎとは言い切れない部分もあるんですが、被災していない地域のスーパーの棚が空っぽになるというのはちょっと行き過ぎではないのかなと買い物に出るたびに感じています。

昨日あたりからは、大分落ち着いてきたようですね(^^)

投稿: Addie(kirigirisu改め) | 2011年3月17日 (木) 19時22分

Addie様
こちらこそ、色々ありがとうございました。

そう言われれば状況は少し落ち着いてきているかもしれません。昨日行ったスーパーではほしかったジャガイモが買えましたしcoldsweats01、月曜日に行ったスーパーに比べれば物があったように思います。あるいは店によって多少違うのかもしれませんが、先日行った別のスーパーでいつもは溢れんばかりに詰まれたカップめんやラーメン等の棚に何もない光景はちょっとショックでした。
買占めによって被災地に迷惑がかかるのはなんとしても避けなくてはなりませんが、こちらにいてもたとえば高齢者だけのお宅など、おばあちゃんおじいちゃんが何分もかけてやっと歩いて買い物に来て何もなかったらお気の毒でなりません。

ガソリンはまだ行列のようですね。来週になったら落ち着くのかなあ。

投稿: SwingingFujisan | 2011年3月17日 (木) 23時09分

こんな状況でも他人を思いやる事ができる日本人であることを心から誇りに思います。
自分が実際に被災者になってしまっても、今の被災者の方々のようにできるのか?と考えてしまいます。。。
とにかく今は節電をし、買い占めをやめて、私は今接客業なのでご来店いただいたお客様に少しでも笑顔になってもらう事(普通に春物などをお買い物すると日常に戻った気がして気持ちが明るくなると言ってもらえるんです)など、できる事をやっていきたいと思っています。

原発で作業をされている方々、被災者の方々、全ての方達がいつか必ず笑顔になれますように。

投稿: 林檎 | 2011年3月18日 (金) 18時01分

林檎様
日本で暴動や略奪が起こらないことが世界で賞賛されているようですが、私たちにとって当たり前のことなのが世界では当たり前じゃないんですね。日本人はとかく自虐的になりがちだけど、誇りに思っていいことがたくさんあるのだと、今度のことであらためて感じました。
被災地の方々が譲り合い助け合っていらっしゃる姿にはいつも泣いてしまいます。あの方たちに、早く温かいご飯をたっぷり召し上がっていただきたい。自分でささやかな節電をしていると、温かいご飯がどんなに安らぎを与えてくれるかとありがたくてありがたくて。

林檎様のやさしい笑顔がお客様に笑顔をもたらし、お客様の笑顔がまた林檎様に笑顔をもたらす。素敵なお仕事です!! 寒い東北地方ですが、被災地にも明るい色が広がるといいな。

本当に、みんなが安心して笑顔になれるよう、祈っています。

投稿: SwingingFujisan | 2011年3月18日 (金) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/39260262

この記事へのトラックバック一覧です: 思うこと:

« 春 | トップページ | 妙な安心感 »