« 蘭ちゃん開花 | トップページ | 又も不手際で完敗の三谷公演 »

2011年4月17日 (日)

美術の4月③:フェルメールの次はレンブラント

414日 レンブラント 光の探求/闇の誘惑(国立西洋美術館)
11041601rembrandt 一昨日フェルメールをはじめとする1617世紀のオランダ(フランドル)絵画を見てきたが、今日は同じ17世紀のレンブラント。版画が約100点、油彩画が13点、たっぷり光と闇の世界に浸れる展覧会である。
展示は
Ⅰ「黒い版画」:レンブラントと黒の諧調
Ⅱ「淡い色の紙」:レンブラントと和紙刷り版画
Ⅲ「とても変わった技法」:レンブラントとキアロスクーロ
Ⅳ《3本の十字架》と《エッケ・ホモ(民衆に晒されるキリスト)》--2点の傑作版画
4部に分かれている。専門的な部分は記憶だけでは頼りないので図録の助けを少し借りてのレポですcoldsweats02
レンブラントは光の探求を生涯の課題としていた。光への関心はまず闇の表現として現れる。その時代の作品がⅠ「黒い版画」である。すでに同時代あるいはそれ以前から他の版画家たちも夜景や暗い室内を描写していて、それらの作家の作品も10点ほど展示されている。目を凝らしてこうした作品を見ていると、なるほど、光の探求と闇の表現は対立するものではなくて、同一のものであるのだな何となくわかる気がするthink
レンブラントの版画で興味深いことの1つは原版に何度も修正が施されていることであり、もう1つは同じ版でも異なる用紙に刷っていることである。したがって、1つの作品がいくつもの様相をもつことになる。後述するが、修正によって全く別の作品のようになっているものも見られる。
さて、用紙であるが、白い西洋紙のほかにレンブラントは淡い黄色の中国紙やインド紙、和紙を使った。Ⅱ「淡い色の紙」では和紙刷りの作品が多数紹介されている。白い西洋紙と淡い黄色の和紙に刷った同じ版の作品が並べられているが、全く赴きが違う。私の目には和紙の作品のほうが深みがあるように感じられた。レンブラントが和紙を使い始めたのは1647年からだそうだが、当時の日本は家光の時代、出島からオランダの彼のもとに和紙が渡ったと思うと、なんだかロマンが広がる気がするconfident
レンブラントの版画がとても変わった技法なのかどうかは私にはよく理解できなかったが、エングレーヴィングに比べて新しい手法であるエッチングを用いることによってその明暗表現が力強く絵画性をもっている、ということなのだろうか(17世紀、イタリアの著述家バルディヌッチがレンブラントの版画を「とても変わった技法」と形容し、「深く力強い明暗表現」と「絵画性」とを高く評価したそうだ)。Ⅲ「とても変わった技法」では、エングレーヴィング、エッチング、ドライポイントといった版画の手法についての詳しい解説がパネル展示されている(この解説はもっと早く見たかった)。そして驚くことに、銅板原版が2点もあるのだ。なんて貴重sign03「放蕩息子の帰還」と「神殿奉納」。当たり前のことなのに、版画と原版とでは左右が逆になっていることに「おお!」と思ってしまったcoldsweats01 さっきちょっと触れたが、原版に修正が何度か施されている作品では今回展示されている作品とその原版とで相違点がいくつか見出される。その違いを探すのも興味深い。もっとも解説を見ても違いがわからなかったりもしたのだがbearing

さて、その修正であるが、それが加えられた段階をステートという。第1ステートが最初の刷り、それに修正を施すと第2ステートに、さらに修正を重ねれば第3、第4ステートとなる。Ⅳ《3本の十字架》と《エッケ・ホモ(民衆に晒されるキリスト)》の「3本の十字架」には第5ステートまであり、ここには第1、第3、第4ステートが展示されている。第1と第3ステートは同じような構図だが、第4はびっくりするほどガラリと変わっている。端的に言ってしまえば、第3までが処刑直後、第4は処刑直前のキリストを描いているということのようだ。「エッケ・ホモ」は第8ステートまであり、本展覧会では第1、第4、第5、第8ステートが展示されている。「エッケ・ホモ」の大きな変化はここには展示されていないが第6ステートで起きたそうだ。処刑されるキリストの下で見物する群集をすべて消したのである。修正は版の磨耗を修正するばかりではなく、このような大きな改変が施されることもあるというのは、今回初めて知った。
ステートと用紙、これの組み合わせによっていくつものバリエーション(と言ってら語弊があるかしら)が生まれるのは実に興味深かった。
絵画に触れなかったが、どれも素晴らしい作品であった。ただ、私にとってフェルメールほど惹かれるものがないのはなぜであろうかcoldsweats02
追記:図録は中身は同じだが表紙が2種類あって、1つは黒っぽい地の普通版、もう1つは白いハードカバー版。白のほうが魅力だけど迷っていたら、白は限定版なんですって。それを聞いてもう迷わず白を購入smile
追記2:音声ガイドは辰巳琢郎さん。借りなかったけれど。

|
|

« 蘭ちゃん開花 | トップページ | 又も不手際で完敗の三谷公演 »

ミュージアム」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/39628253

この記事へのトラックバック一覧です: 美術の4月③:フェルメールの次はレンブラント:

« 蘭ちゃん開花 | トップページ | 又も不手際で完敗の三谷公演 »