« 冷水 | トップページ | すっかり忘れていた発売日 »

2011年4月 9日 (土)

四月歌舞伎夜の部①:「絵本太功記」と「男女道成寺」

47日 四月大歌舞伎夜の部(新橋演舞場)
実は大きな余震のあった7日は演舞場で夜の部を見たのでした。帰宅して感想を書こうと思っていたところが、地震で気持ちが挫けてしまいました。これじゃいかん、と気を取り直して…。なお夜の部は千穐楽にも見る予定。
「絵本太功記」
時さまの十次郎、あまり期待していなかった(同じ武士でも源頼光のような貴公子は合うのだけれど、こういう役はどうかなと思っていた)のだけれど、若々しくて美しくて凛々しくて悲しくてとても素敵だった。菊之助さん(許婚・初菊)とのコンビも全然違和感がなく、最期の「もう目が見えぬ」にはじ~んときた。時さまの鎧姿なんてまず見られないので、私にとっては貴重な演目となった。
逆に團十郎さんの光秀はいまひとつピンとくるものがなかった。つくりはとても立派なのだが気持ちが表情やセリフにあまり感じられなかったのだ。というより気持ちが空回りしているような感じかしら。昼の吉岡鬼次郎のほうがずっとよかったのは私の予想と大きく違った。
そういえばこの芝居を国立の通しで見たのは平成1711月。その時の印象で一番残っているのはどういうわけか、真柴久吉の芝翫さん。それも風呂が沸いたと言いに来て「お先にどうぞ」と勧められて引っ込むそのわずかな出の場面の久吉。今回の菊五郎さんはその場面のインパクトはあまりなかったが、最後大将姿で登場すると、その大きさが一段と光って見えた。
佐藤正清の三津五郎さんが荒事らしさを見せて、かつ菊五郎さんの大きさを引き立てるような感じもして、とても好もしく思った。

「男女道成寺」
おおお所化さん、亀三郎・亀寿兄弟を中心に御曹司がいっぱい。小吉クンがあまりに大きくなっていたので驚いた!! か細くて健気に巳之助にいちゃんや三津五郎おじさんにくっついていたあの少年が(「つばくろは帰る」)こんなに背が伸びて…しばらくはオペラグラスの焦点は小吉クンからはずせなかった。所化さんたちの踊りでは梅枝クンが群を抜いていたように思う。手拭撒き(すっかり忘れていたが、そういえばこれも「道成寺」なんだから)は亀・亀兄弟の遠投が客席を沸かす。3階までは届かなかったようだが、2階のかなり奥へは落ちたんじゃないかな。
松緑さんは愛敬もあり、踊りにやわらかさとはずみがあって魅せる。白拍子姿の時はどちらかというと菊之助さんの動きのほうが男っぽいように見えたのが面白かった。
菊之助さんは美しい花のようで、動きも美しい。後半、玉三郎さんが重なって見えた。

鞨鼓をもって踊る2人に花四天が絡む趣向は、四天のどなたかが松緑・菊之助の上を返り越したりもして楽しい(「男女道成寺」は何回か見ているはずなんだけど、踊りと立ち回りのコラボみたいなのがあった記憶がない)。
と、それぞれの場面をそれぞれに楽しんできたが、花子の怨念はほとんど感じられず、徐々にそれが燃え上がるという道成寺本来のドラマチックな盛り上がりを感じる踊りではないのだなあと思った。最後の蛇の尾(1人が逆立ち、1人がそれを肩の上で支える)は大変そうで幕が閉まるまではらはらしてしまった。

|
|

« 冷水 | トップページ | すっかり忘れていた発売日 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。私は昨日、夜の部を見てきました。
前夜の地震(我が家は震度3ですが、やはり被災地の方々を思うと胸ふさぐ思いで・・・)と、朝の尋常じゃない強風に、少し心が萎えました。で、せっかくのかぶりつき席なのに、おめかしもせず、ひょこひょこ出かけた次第。
でも、席につくともちろん楽しくて気も晴れましたわ。夜の部の時蔵さんは、十次郎もおかんもとてもよかったですね。特に十次郎は意外な魅力発見、というくらい。
男女道成寺は(最前列で踊りを見るのは好きじゃないこともありますが)、こんなバリエーションもあります、って感じでみてました。でも、最後に菊ちゃんが鐘に上って決まるところでの「思い」は、受け止めた気がしてます。あ、ついでに所化さんが投げた手拭いも受け止めましたですよ!!
千穐楽は、仕事帰りに道成寺からなら間に合うと思って、3階の後ろの方を取ってるんですが、予想よりも早い開演で、ちょっと難しいかも。絵本太功記、カットしすぎ??

投稿: きびだんご | 2011年4月 9日 (土) 12時00分

きびだんご様
こんばんは。コメントありがとうございます。
すごい風でしたね。まるで地鳴りのような唸り、家も揺れているようで怖かったです。往復大変でしたね。
かぶりつきで見るとまた違うんでしょうね。私も千穐楽には菊ちゃんの思いを受け止めたいと思います。所化さんの手拭、いいなあ。私は最近ちっとも手拭に当たらないので今度もダメだろうなあ。
時さまの十次郎、ほんとほんと、意外な魅力でしたね。えへへ。
絵本太功記は、文楽に比べてだいぶカットされているようですね。国立の通しで見た内容をあまりよく覚えていないのですが、あの時に比べてもカットされているのかしら。久吉がなぜ出てきたのかも唐突でしたね。

投稿: SwingingFujisan | 2011年4月 9日 (土) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/39540077

この記事へのトラックバック一覧です: 四月歌舞伎夜の部①:「絵本太功記」と「男女道成寺」:

« 冷水 | トップページ | すっかり忘れていた発売日 »