« 5月1日 | トップページ | 苦い酒 »

2011年5月 2日 (月)

海老蔵、まずは富樫で復帰:7月演舞場

演舞場の7月演目と配役が発表になっていた。海老蔵復帰公演として世間の関心も高いだろう。
海老蔵の出演は昼の部が「勧進帳」の富樫、「楊貴妃」の高力士(「楊貴妃」は初めて見るぞぉ)、夜の部は「春興鏡獅子」、「江戸の夕映」の本田小六。

「江戸の夕映」は以前(平成18年5月團菊祭)でやはり海老蔵さんが小六を演じて、その暗い眼がぞくぞくするような魅力だった。あの時は松緑、菊之助と若手3人が等身大な感じで、再演を待っていたのだ。しかし今回の親子共演は年齢的にどうなのかしら。ま、見てみないことにはわからないから、事前にとやかく言うのはやめましょう。

昼の部は「勧進帳」の前に右近・笑也・猿弥・門之助による「鳥居前」が、夜の部は「春興鏡獅子」の前に右近・笑三郎・春猿・猿弥・笑也(笑也さんは十郎!!)・男女蔵・松江・梅玉による「吉例寿曽我」がある。澤瀉屋さん揃っての演舞場出演を待っていたので楽しみ。今年の1月にダメになった右近弁慶 vs 海老蔵富樫もいつか是非見たい

|
|

« 5月1日 | トップページ | 苦い酒 »

公演情報」カテゴリの記事

コメント

SwingingFujisan様
おはようございます。連休中はサッカー観戦ですか。7月の演舞場はチケット争奪戦になるのでしょうか。私としては、演目建ては今一つかなと思います。チームおもだか屋で、もう少し重い演目を見たかった気がします。
 昨日、演舞場昼の部見てきました。「天下茶屋」とういう狂言は、上方の仇討狂言らしい、筋の合理性はあるのですが、江戸芝居の破天荒さがない分(南北のように)、さらさらと展開し面白さに欠ける気がします。以前、猿之助、段四郎、東蔵等で見た時も同様に感じました。今回、幸四郎の元右衛門に愛嬌が薄いのは如何ともしがたいのですね。一方、東間はさすがに立派ですし、梅玉、吉右衛門も当代の配役だと思いますが、大看板役者の相乗的な効果はあまり感じられませんでした。舞台照明もうす暗く、眠気を誘われて困りました。
 上演時間に余裕があるので、大切りに福助あたりの女形舞踊の小品をつけて、華やかに打ち出した方が良かったのではないかと思いました。


投稿: レオン・パパ | 2011年5月 4日 (水) 08時52分

レオン・パパ様
おはようございます。コメントありがとうございます。
「天下茶屋」は粗筋を見ると3月国立の「絵本合法衢」に似ているのかなと思いましたが、味わいはだいぶ違うようですね。でも初めて見るので、自分がどう感じるか、それはそれで楽しみです。

7月の澤瀉屋さんの演目は確かに物足りなさを覚えますが、それでもお正月公演がなくなってしまったので今回みんなが揃うのは嬉しいです。

GWはサッカーだからということでもなく、他の観劇との兼ね合いなどで演舞場は初日をはずしました。それに連休中のチケットは取りづらいかな、とも思って (^-^;
上演時間ですが、私としては夜の部の終演を少し早めにしてほしいところです(それでもひところよりは早くなりましたかしら)。時間だけでいえば「あやめ浴衣」を昼の部に持ってきてもいいような…。

投稿: SwingingFujisan | 2011年5月 4日 (水) 09時36分

SwingingFujisan様 
 今晩は。たびたびのコメント恐縮です。今日は明治座昼の部行ってきました。亀治郎ファンのFujisanさんは、何度かご覧になるのでしょうか。私は明治座十数年ぶりです。昨日の演舞場のもやもや感を吹き飛ばす楽しさでした。歌舞伎はこれでなくっちゃいけません。若手(中堅?)の力いっぱいの演技、震災のストレス解消に持って来いです。
 ともかく亀治郎の四の切が傑出しています。昨年の国立での所演は女形臭さが残っていましたが、今回は、本物の忠信はきっぱりと凛々しく、狐忠信は、子狐の情愛に溢れた演技で猿之助の後継者としての存在感を十分示していたと思います。狐言葉も義太夫の勉強の跡が伺われました。(義太夫と言えば、葵太夫の竹本、大変立派です。)ところで、明治座の宙乗りの引っ込みの鳥屋は、独特で一見の価値があります。
 「封印切」は若手の勉強芝居かとさほど期待はしなかったのですが、なかなかどうして、面白い。勘太郎、染五郎「二人忠兵衛」みたいな気もしますが、掛け合いが決して上滑りせず、二人の実力を垣間見せました。おえんの吉弥も、上方のこの種の役の後継者として、得難い役者になりそうです。

投稿: レオン・パパ | 2011年5月 4日 (水) 21時08分

レオン・パパ様
再びのコメント、ありがとうございます!!
明治座は実は昼夜とも1回ずつしか取っていないのです。大阪に行くのと、他の芝居が入るのと、サッカーとでもう一杯一杯なんですbearing 
でもレオン・パパ様絶賛のコメントを拝読したら、是非もう一度見たくなってチケットWeb松竹で探してみましたがピンポイントで行ける日のチケットはなく、後はどうにかこうにか無理をすれば…という感じ。とりあえず今日のところは控えることにしました。6日に昼の部を見ますので、その時座席の具合等を確認して、チケットも残っていたら又チャレンジしてみます。
葵太夫は明治座ご出演なんですね。楽しみです。
宙乗りの鳥屋は座席表に載っていなかったのでどこに作るのかしらと思っておりました。私の席から宙乗りがよく見えるといいのですが。

1月の浅草、2月のルテアトル銀座と、若手の充実ぶりが目立ちますね。チケットの売れ行きも若手のほうがいいようですし。
6日に向けてすご~く気持ちが盛り上がってきました。

投稿: SwingingFujisan | 2011年5月 4日 (水) 22時22分

とうとう発表になりましたね!勧進帳では弁慶、その他の演目でも共演する父、團十郎さんの愛情を感じてグッときました。お正月の埋め合わせというのもあるのかもしれませんが、おもだか屋一門、そして成駒屋さん、共演してくださる皆さんの大きな思いを海老蔵には決して忘れてもらいたくないですね。とにもかくにも歌舞伎界の大きな華が一つ帰ってきてくれるのですから楽しみですsign03happy01張り切って一等を取っちゃおうかなぁと思ってますnotes

昨日、明治座夜の部に行ってきたのですが、中日以降の筋書きに舞台写真が入る予定との情報を入手しました。
中村屋兄弟の成長が著しく、七之助さんは玉三郎さんに台詞回しがソックリ!ながらも感情表現が格段にうまくなって思わず感情移入。客席から拍手が起こる事も度々ありました。そうそう、高杯での勘太郎さんは勘三郎さんがしゃべっているのではないかと思うほど声や台詞回しがソックリでした。こちらまでワクワクする楽しい踊りでしたよ〜!
亀鶴さん、吉弥さんの存在感も光っていて満足感いっぱいの1日でしたlovely早く昼の部も見た〜〜い!

投稿: 林檎 | 2011年5月 5日 (木) 11時06分

林檎様
こちらにもありがとうございます。
海老蔵さんが人気役者としてやってこれたのは自身の才能や特性にもよるでしょうが、周囲に支えられていることをしっかり認識してほしいですね。
今度の件で成長したところが見られるでしょうか。でも成長と同時にはみ出したところもなくさないでほしいな。私も一等席買っちゃおうかなと思っていますwink

明治座、楽しみ~heart04 やっぱり1回ずつじゃもったいないかな。でも日程もう入らないのだぁbearing

筋書情報ありがとうございます!! 夜の部観劇のときには舞台写真入りが買えますわ(^^)

投稿: SwingingFujisan | 2011年5月 5日 (木) 13時56分

こんばんは。明治座、今日、夜の部に行って参りました。初日3日目とは思えないほど、完成度が高く、とても楽しめました。このところ演舞場でちょっと不完全燃焼だったので、やっとこの明治座で、スカッとしました。昼夜二度ずつ行きますが、とても楽しみです。何だか気持ちが高揚して、早々に筋書きを買ったところ、歌舞伎座で舞台写真をとっていたカメラの方がいて「え?もしかして...」と思ったら、やはり後半舞台写真が...ああ、焦り過ぎました!!happy02
林檎さまのおっしゃるように、私も七之助に玉三郎が度々重なりました。低音で色気の漂うきっぱりした話しっぷりが本当に似ていました。お嬢様のお露、お峰(貧しい時代と裕福な時代)のそれぞれを、たたずまいも声も変えて見事にこなしていて、たくましい成長ぶり。魅せる芝居が本当に出来るようになったと思います。染五郎との夫婦もバランスがとてもよいと思いました。最後は大きな見せ場を作っています!!(ある有名な別の演目を思い出します、お楽しみにhappy01
「高坏」は、期待どおり、勘太郎、亀蔵、亀鶴さんたちによる、はじけるような明るい舞台shine勘太郎の笑顔は、いつもどこか初々しさがあって、素敵ですlovelyあさって昼の部を観て、あとは楽日近くに行きます。ああ、楽しみ、楽しみ、ワクワクup

投稿: よこ奴 | 2011年5月 5日 (木) 23時53分

よこ奴様
おはようございます。コメントありがとうございます。
皆さんに大好評の明治座、やっと今日これから、昼の部に行ってきます(夜の部はもうちょっと先なんです)。
七之助さんは玉三郎さんに師事して日々努力しているのでしょうね。いいものをもっていながら少し物足りないところも時々あったのですが、それだけの成長が見られるということは素晴らしい。
若手の活躍に比べて確かに演舞場はちょっと元気がありませんね。色々考え直す時がきているのかもしれません。

投稿: SwingingFujisan | 2011年5月 6日 (金) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/39830680

この記事へのトラックバック一覧です: 海老蔵、まずは富樫で復帰:7月演舞場:

« 5月1日 | トップページ | 苦い酒 »