« 面白かったけれど…:籠釣瓶① | トップページ | え~っ、明治座 »

2011年5月20日 (金)

見事な心理劇:籠釣瓶②

518日 五月大歌舞伎夜の部(新橋演舞場)
前半それなりには面白かったのだが、何となく消化不良的なものも残ったまま見初めの場へ。
三幕目~五幕目:場内闇になり幕が開くと、桜満開、ぱっと艶やかな吉原の花街になる(吉原って、1年中桜の木が植えてあるわけじゃなくて、散ったら抜いて菖蒲を植え、七夕には竹、秋には菊を、なんですって。そうして又春になれば桜を植えるわけでしょ、どんな世界なんだ)。
urasimaru
に啓蒙を受けて松井今朝子さんの「吉原手引草」を読んでいたのがバッチリ(まだ7割くらいなんだけど)。吉原のことが少しわかった上でのここからは非常に面白かった。「手引草」を読みながら八ツ橋のことが頭を過ぎったものだが、「籠釣瓶」を見ていると「手引草」が思い出されて胸が痛む。
次郎左衛門、八ツ橋(福助)、治六、栄之丞(梅玉)、九重(芝雀)、丹兵衛(由次郎)、丈助(桂三)は平成18年秀山祭のときと同じ。
私の中では昔見た先代勘三郎×歌右衛門以来、現勘三郎では多分1回しか見ていないにもかかわらず、次郎左衛門は勘三郎という意識が未だに抜けないでいるのだが、今回の吉右衛門さんの次郎左衛門はぞくっとするほどよかった。田舎のお大尽ではあるが金離れがよくて、廓側が喜ぶような遊び方をする。容貌コンプレックス(あばたがハンパじゃなかった。描き方にも力が入っている)がマイナスの方向にいかない明るさ、大らかさ、遊び慣れてからは堂々と振舞いかつ八ツ橋を見る目の嬉しさ、八ツ橋を地元の仲間に自慢できる誇らしさ、晴れの舞台のはずが誇りも何も地に落とされた悔しさ情けなさ、コンプレックスがきっと心の中でどす黒く渦巻いているだろう…息詰るような緊張にこちらが居たたまれなくなる。「花魁、そりゃあんまり袖なかろうぜ」のセリフが胸を抉る。この役は吉右衛門さんだ、と初めて思った。
ここでも、ただただ吉原の見事さに感心しながら、うっとり別世界に心が飛んでしまっている主人を温かく見守り、また縁切りではどんなにか傷ついたであろう主人を案じながら下がる歌昇さんの実直さがいい。
福助さんは当時に比べてぐっと臈たけ、美しく寂しい。苦悩する姿が哀れに見えたのは「手引草」で花魁の気持ちを私が斟酌できるようになったからばかりではあるまい。性根の強さを内に秘め、一流の花魁としての格も見られた。ただ、見初めの場での笑みはやっぱりイマイチかなあ。もっとも前回は客席から失笑が漏れるほど不気味な笑いだったから、それを考えればずっとよい。
梅玉さんが素敵だった。まさに花魁の情夫だねえと思った。
栄之丞をそそのかす権八の彌十郎さんも充実している。
立花屋お駒の芝翫さん、さすがの貫禄だけれど、声も小さく(3階に辛うじて届く)セリフもちゃんと入っていないのが心配。

大詰:芝雀さんの九重は心優しさがそのまま美しさになっているようだった。情の細やかさでは芝雀さんの右に出る人はいない、と思う。愛想づかしをされた次郎左衛門のそばに最後まで1人残り、そっと羽織をかけてやる優しさが胸に沁みる。九重は次郎左衛門をどう思っているのだろうか。単なる同情ばかりではないだろう。九重の部屋に八ツ橋を呼んで意見する場面、芝雀さんも福助さんもしっとりしみじみ、互いに素直な気持ちが表れていて、感動した。
立花屋二階、4カ月ぶりに姿を見せた次郎左衛門が豹変する。目が変にイッていないのが逆に怖い。そのくせとても惹き付けられるものを感じた。
最後は大屋根での立ち回り。時間は短かったが、楽しめた。
遣り手の守若さん、女中の芝喜松さんが印象に残った。
後半の心理劇のような部分がとてもよかったし、もう一度見たいなあ。そうすれば前半物足りなく感じたこともあるいは解決するかもしれない。
「あやめ浴衣」
芝雀、錦之助、歌昇の3人による踊り。きれい。さっきはバッチい盗賊だった錦之助さんが本来の二枚目に戻ったのが嬉しい。歌昇さんの前髪姿は意外に似合っていないけれど、踊りは素敵だった。見る前は「籠釣瓶」の後に踊りの演目必要なの?と思っていたけれど、楽しめたからよかった。
<上演時間>籠釣瓶発端~二幕目58分(16301728)、幕間30分、三幕目~五幕目93分(17581931)、幕間10分、大詰28分(19412009)、幕間10分、あやめ浴衣15分(20192034

|
|

« 面白かったけれど…:籠釣瓶① | トップページ | え~っ、明治座 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
節電の影響か上演時間が短めで疲れなくてよかったです。^^;
籠釣瓶の通し、
ほかの場面は後学のために一度見ればいいかなって感じでしたけど、九重の部屋はいつも演ればいいのに、って思いました。

投稿: urasimaru | 2011年5月20日 (金) 13時40分

urasimaru様
今晩は。
演舞場はずっと9時くらいの終演で長すぎると思っていたので、助かります。
九重の部屋はほんと、よかったですね!! 私もいつも演ればいいのにって思います。他の場面についても同感です(^^)

投稿: SwingingFujisan | 2011年5月20日 (金) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/40057214

この記事へのトラックバック一覧です: 見事な心理劇:籠釣瓶②:

« 面白かったけれど…:籠釣瓶① | トップページ | え~っ、明治座 »