« チーム蘭平に感謝と感動:團菊祭@松竹座① | トップページ | 当代時蔵当たり役になってほしい「女暫」と若く美しい苅藻:團菊祭昼の部① »

2011年5月27日 (金)

胸キュン弁天と引き込まれた鏡獅子:團菊祭夜の部②

525日 團菊祭大歌舞伎夜の部(松竹座)
5
26日 團菊祭大歌舞伎千穐楽夜の部(松竹座)
夕飯には早すぎる30分の休憩(でも小腹はすくcoldsweats02)後はこれまた気持ちのいいアウトロー劇。
「弁天娘女男白浪」
見た目がみんなオジサンなのは仕方ないけれど、それでも5人の勢揃いは若々しく、実にカッコよくて惚れ惚れする。だけじゃなくて、この後彼らを待ち受けている運命を思って悲しくなったりもする。でも、今この場面は楽しく思い出そう。
浜松屋見世先、橘太郎さんの番頭と菊十郎さんの目付きの悪い客を見た瞬間、江戸にタイムスリップする。活気のある町の空気が漂う。橘太郎さんはそれまで揉み手などして思い切り愛想を振り撒いていたのに、万引きと知ると目が鋭くなるのがいかにも番頭らしく、またちょっと背中を丸めた姿など実にうまいなあ思う。橘太郎さんの恒例セリフ「今月大阪松竹座で上演中の團菊祭(『だんきくさい』なのね。つい濁ってしまうけど)…さだめてお嬢様のご贔屓は当代随一の兼ねる役者七代目尾上菊五郎でしょう」も楽しくて目を細める。その後團十郎、時蔵(ウンって頷いてほしかったなbleah)、権十郎の名にも首を横に振る菊五郎弁天、左團次の名にぽっと顔を赤らめる様子が微笑ましい。
騙りであることがバレて開き直った悪童たち、ここからが小気味よい。ついついワルに肩入れして見ちゃうなんて、うまくできた芝居だと黙阿弥にノせられるまま。弁天と南郷が花道を引っ込む場面は何度見ても胸がアツくなる。とくに弁天が新内を口ずさみながら引っ込むところは、ほっかむり、緋の襦袢姿の菊五郎さんが粋で色っぽくて若々しくて、「いめえましい按摩だなあ」のセリフとともにキュンとなる。ここを見ただけでも大満足。
勢揃いは、ツケ打ちさんが名乗りに呼吸を合わせた渾身のツケ。打ち終わった後のツケ打ちさんも気持ちよさそう(に見えた)。でも赤星十三郎にはツケは入らないのだ。え~っそうなんだっけsad やさしいツケでも入るといいのに、とは時様贔屓の勝手な弁coldsweats01 忠信利平の権十郎さんがずいぶんお痩せになった気がするのは私の気のせい?
5
人の名セリフ、若さと粋、軽い立ち回り姿の美しさに酔ったところで幕。

「春興鏡獅子」
弥生(菊之助)は恥じらいが初々しく、覚悟を決めて踊り出すと花の香がそっと漂うような清楚な色気が美しい。難しい舞踊技術がたくさん使われているだろうに、そんなことを感じさせないしなやかすっきり、メリハリのある踊り、眠ることも忘れcoldsweats01、引き込まれる。手にした獅子頭に魂が入ってからの動きも秀逸。自分の意志とは関係なく引きずられていく様子がちょっと痛々しいくらい自然だった。
獅子になってからの菊ちゃんがまた素晴らしい。今までのたおやかな姿とは別人のような勇壮さ。踊りも大きく、見ごたえたっぷり。二畳台に乗ってからの毛振りは前日35回くらい、楽はやや少なかったかも。でも、回数なんかどうでもいい。毛を両手で持って足を開きしっかり立つ姿がとても力強くてきれいだったから。
びっくりしたのは胡蝶の2人。名前を見たときにえ~っ!! それは、胡蝶って子供が踊るものだと思い込んでいたから。実際、これまで見た鏡獅子の胡蝶は全部子役だったのではないかしら。それが今回は左字郎さんと松男さん。左字郎さんの踊りのうまさは知っているけれど、胡蝶ってどうなの?という気分だった。それが見事に覆された。新鮮だった。松男さんは子供のように愛らしく、左字郎さんはちょっとおねえさんな感じで不思議な色気があり(胡蝶として全然違和感ない。むしろ、ああこんな感じもいいなあと思った)、踊りにも魅せられた。胡蝶もけっこう動きが激しく、これまで子役がよくやっていたなあと改めて感心した。獅子と絡みは子役のほうがやりやすいかもしれないと思ったが、2人はそこも上手に絡んでいた。左字郎さんといえば男踊りと思っていたのに、スリムになって女方を見せてくれたのが去年の「第2回挑む」。芸の幅が広がるのは嬉しいことだ。松男さんのことは失礼ながらあまり知らなかったが、今回の大抜擢に見事に応えた左字郎さんと松男さんにも大拍手。
新幹線最終に間に合わないとエラいことになるので、余韻に浸る間なく劇場を後にしたのがちょっともったいなかったかな(結局20分ほど余裕があったので)。

<上演時間>「蘭平」90分(16001730)、幕間30分、「弁天」70分(18001910)、幕間20分、「鏡獅子」55分(19302025

|
|

« チーム蘭平に感謝と感動:團菊祭@松竹座① | トップページ | 当代時蔵当たり役になってほしい「女暫」と若く美しい苅藻:團菊祭昼の部① »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

SwingingFujisan様
こんにちわ。
今日は雨模様ですので仕事はのんびり、合間にコソコソ観劇記拝見しました!
どの演目も楽しく、どこにコメントしようか...やはり鏡獅子にします♪
私の中で菊之助さんは綺麗という印象ですが、勇壮な毛振りだったのですね!
SwingingFujisan様の観劇記で舞台の様子を妄想しながら、演劇界の発売を待ちます。
やっと4月の可愛らしかった菊之助さんを、写真で観ました。
想像以上に可愛かったので、『うわっ』と驚きましたよ~。
少し時差はありますが、現在の歌舞伎ライフも楽しいものであります♪
来月も楽しみにしております。

投稿: オレンジスイート | 2011年5月28日 (土) 13時11分

オレンジスイート様
こんばんは。コメント、ありがとうございます!! こうしてコメントをいただくと、ああ、無事にお過ごしだったとほっといたします。昼間出かけておりまして、お返事が遅れ申し訳ありません。

菊之助さんの弥生は真っ白な花が薄紅に色づくような初々しさがあり、獅子はまた真っ白な感じ--白獅子というのではなく、獅子のまわりの空気が清新さでいっぱいというような清々しさを感じました。今思い出すと勇猛な中にふっくらした柔らか味もあって、その絶妙なバランスがとても魅力的でした。
演劇界がお手元に届くの楽しみですね!! 5月の菊之助さんの写真は弥生か獅子かわかりませんが、どちらもお楽しみに。

雨の日は少しのんびりお仕事できるのとのこと、どうぞお体を休めてくださいませね。今日のような気候は、じっとしていると肌寒く、ちょっと動くと汗をかく…体調のコントロールが難しいと思いました。石巻の気候はいかがでしょう。これからは暑かったり肌寒かったり安定しない日が続くかもしれませんが、くれぐれもお身体をお大切になさってくださいね。私の観劇記が少しでもお慰めになるのであれば、とても嬉しいです。

投稿: SwingingFujisan | 2011年5月28日 (土) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/40157349

この記事へのトラックバック一覧です: 胸キュン弁天と引き込まれた鏡獅子:團菊祭夜の部②:

« チーム蘭平に感謝と感動:團菊祭@松竹座① | トップページ | 当代時蔵当たり役になってほしい「女暫」と若く美しい苅藻:團菊祭昼の部① »