« 2カ月待ってた勝利 | トップページ | 迫力、ユーモア、優れたデザイン性:国芳展 »

2011年6月23日 (木)

よう参られたり、中村屋

勘三郎さんが昨日のコクーン夜の部に大星由良之助役で飛び入り出演したことは、今朝の新聞にも大きく報道されていたが(東京新聞はけっこう大きな扱い)、23日以降の出演は未定になっていた。
でも、今日昼の部も出演されたそう。
昨日の出演は本当に予告なしの飛び入りで、「よう参ったり、数右衛門」のセリフに、気づいた観客から拍手と「なかむらやっ」の掛け声が上がったそう。体調も回復したら、きっと出たくて出たくてたまらなくなっちゃったんだろうな、勘三郎さん。
私の観劇予定は千穐楽なんだけど、これからもずっと出演されるのかな。ラストがどうなるのか、すっごく楽しみ。

|

« 2カ月待ってた勝利 | トップページ | 迫力、ユーモア、優れたデザイン性:国芳展 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

こちらにもコメントします。中村屋元気そうでなによりです。千秋楽の舞台でも、必ず出演するでしょうから、楽しみですね。ところで、中村屋の本格復帰、東京の舞台からではないのが残念ですが、地方のファンも大事にしたいとの中村屋の心意気なのでしょう。
 ところで、私が苦手だった、小万殺しの演出、「きびだんご」さんが「皮膚感覚」とおっしゃった表現力に脱帽しました。私はコメントするときに、「被虐美、し虐美、歌舞伎の殺し殺される美のはき違え」ぐらいの表現を考えたのですが、しっくりこなかったのです。確かにぞわっとする「皮膚感覚」でしたね。この場をお借りして、「きびだんご」さんに、お礼を申し上げます。

投稿: レオン・パパ | 2011年6月25日 (土) 17時05分

レオン・パパ様
こちらにもコメントありがとうございます。
勘三郎さん、本格的な復帰は9月の新歌舞伎座ですが、11月からは平成中村座が予定されていましたよね。10月は25日に鹿児島ですから、東京での復帰は11月になるのでしょうかしらね。

きびだんご様は表現がとても素敵で、私もいつも素晴らしいなあと感心しております。明後日私もぞわっとする「皮膚感覚」を覚えるでしょうか、ちょっと怖いですけれど楽しみにしております。

投稿: SwingingFujisan | 2011年6月25日 (土) 21時58分

大詰めの最後で声を聞けただけでも嬉しかったのに、本人登場なんて、羨ましすぎです!
Swinging Fujisan様がごカンゲキの千穐楽ももちろん出るでしょうね〜!

>体調も回復したら、きっと出たくて出たくてたまらなくなっちゃったんだろうな、勘三郎さん。
ほんとほんと、出番前にワクワクする勘三郎さんの姿が目に浮かびますnotes

投稿: 林檎 | 2011年6月26日 (日) 10時33分

林檎様
こちらにもありがとうございます。
まさかのご本人登場でしたねえ。
お芝居も大変評価が高いようなので楽しみにしていたのですが、もう一つの楽しみができました。お客を喜ばせるのが大好きな勘三郎さんですから、きっと千穐楽にも、と期待しています。

投稿: SwingingFujisan | 2011年6月26日 (日) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/40521975

この記事へのトラックバック一覧です: よう参られたり、中村屋:

« 2カ月待ってた勝利 | トップページ | 迫力、ユーモア、優れたデザイン性:国芳展 »