« 松竹座、昼と夜 | トップページ | 7月松竹座昼の部② »

2011年7月28日 (木)

7月松竹座昼の部①

726日 関西・歌舞伎を愛する会 七月大歌舞伎昼の部(松竹座)
7
27日 同千穐楽
昼夜とも大満足な松竹座の七月歌舞伎、まずは昼の部から。2回見たと言っても昼の部は「江戸唄情節」のみリピート。朝の苦手な私にはここからが精一杯。というわけで、以下、「皿屋敷」と「素襖落」は1回のみの、「江戸唄情節」は2回まとめての感想となります(前2演目も無理してでも2度見たかった~とは、見終わってからの後悔)。
「播州皿屋敷」
子供の頃父からよく聞かされた「いちま~い、にま~い」のお話はこのお菊さんであったか。それがここで見られたのがとても嬉しい。
愛之助さんの悪役・浅山鉄山がとてもよい。最初の登場ではとても立派で大きく、即座に松永大膳を思う(本人もそれを意識しているのが番付を読むとわかる)。愛之助さんは最近悪役も演じるようになり、元々の人柄の良さが何となくそぐわないような気がしていたが、この鉄山はよかった。声も太く低くちょっとダミらせて(い~い声なんだわ、これが)、表情にも残忍さを漂わせて、それでいて美しいのが歌舞伎の悪として素敵だった。お菊を見る目は悪役でも好きな女を見ればこんな目になるというほど嬉しそうなのに、見初めた女が自分の意に従わぬからといって、あんなに卑劣で残忍な殺し方ができるのか(「三五大切」で小万が源五兵衛に殺されるところを思い出した)。これは可愛さ余って憎さ百倍というよりは、元々計画していたようなところもあり、女を野望の道具にしようとして失敗した腹いせなのかもしれない。後半は前半ほどの大きさはみられなくなってしまったが、だからといってこの芝居のよさをジャマするものではない。お菊の亡霊に引き戻されるところなども力が入って形もきれいだった。
ラブリンは今月、子の外に「江戸唄情節」では役者・市村家橘役、「車引」では梅王丸、「伊勢音頭恋寝刃」では奴・銀平とタイプの異なる4役で活躍。東の染五郎、西の愛之助か、なんちゃってsmile

亀蔵さんを久しぶりに見たような気がする。こういう忠実な悪役(その名も忠太、なんちゃって)には亀蔵さんが欠かせない。亀蔵さんも愛之助さんもお菊を折檻するのに本当に棒で叩いていた。帯のところだったから孝太郎さんは痛くはなかっただろうけれど。
お菊を惨殺した後、亀蔵さんが何か気配を感じて井戸を覗き込み、ちょっと跳び退って「びっくりさせるなぁ」と言うから幽霊が出てくるのかと思ったら、何事もなく鉄山は雨の中を外出支度。やがて鉄山一行が上屋敷へ出発すると、出た、お菊さんの幽霊が!! 「いちま~い、にま~い」。お菊は忠太を井戸に引きずり込み、鉄山を引き戻す。なのだが、「びっくりさせるなぁ」から幽霊の登場までの間が私の中では何となくしっくりこなかった。
さて、そのお菊さんの幽霊はとても悲しそうだった。とくに舞台を横に浮いて移動している間、ず~っと悲しげな顔に静かな怨みをのせ、しかし最後にはそれは激しい怨みへと変わっていく。孝太郎さんが可憐で儚くしかし芯のしっかりした強いお菊さんにぴったり。それなのに顔が妙に仁左様に似ていた。お菊は鉄山と忠太に責められ井戸に吊るし上げられて挙句の果てには井戸の底に沈められ、幽霊となると宙乗りならぬ宙吊り状態で怨みを晴らそうとする、孝太郎さんもなかなか大変だっただろうけれど、着物の裾をなが~く引いてイメージ通りのとても綺麗な幽霊だった。
朝からかなり涼しくなった。やっぱり夏は怪談だ。
「素襖落」
飄々とした秀調、亀蔵、三津五郎のベテランの味わいに、巳之助、萬太郎の若々しさ、そして梅枝の華と、見ごたえ十分。三津五郎さんの踊りが端正(この端正さが魅力)でいて滑稽さを見せるのは呼吸が素晴らしいからだろうか(よくわからないけれど、そう表現したくなる)。巳之助クン、萬太郎クンの2人はどうしてもやや小粒感があるが、2人とも丁寧に演じ踊っていて好もしい。梅枝クンには、他の若手にはなかなかみられない風格のようなものがあって、ベテラン役者の中に入っても全然見劣りしない。この姫御寮もあの若さで位が上の者としての風格とおっとりとした美しさが感じられた。

|

« 松竹座、昼と夜 | トップページ | 7月松竹座昼の部② »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/40994761

この記事へのトラックバック一覧です: 7月松竹座昼の部①:

« 松竹座、昼と夜 | トップページ | 7月松竹座昼の部② »