« 東京の交通100年博②:写真集 | トップページ | 七月歌舞伎昼の部再見 »

2011年7月24日 (日)

昔の庭でほおずき市

11072404hoozuki
723日、文京区のほおずき市に行ってきた。実は9日の演舞場帰りに浅草のほおずき市に寄ったのだけど、残念ながら終わっていた。地震以降、そういうイベントも早い時間にしめてしまうのだ。諦めきれずにネットで探したら文京区のほおずき市が見つかった。
それも会場は源覚寺=こんにゃくえんまsign03
先日、「うちからちょいと駆け出せば都電の線路」と書いたが、それは表のことで、「うちからちょいと裏へ駆け出せばこんにゃくえんま」だったんである(こんにゃくえんまが本当は源覚寺という名前だとは、数年前に知った)。こんにゃくえんまは礫川公園とともに、子供の頃の私の庭であったsmile
まずはえんま様にお参りして、いい鉢選び。浅草の賑わいとは比べ物にならないだろうけれど、短い参道の両側と広場に並べて吊るされたたくさんの鉢から茎が太くて元気のいいものを選ぶ。
実は日に当てると23日で赤くなるんだそう。果実を包む赤い袋を破り、果実を取り、茎にくっついてたところからそぉ~っと丁寧に種を取り出す。そして口で鳴らす。私は全然鳴らなかったけれど、母が得意であった。そういえば母は海ほおずきも上手に鳴らしたものだ。母の口の中でぎゅっぎゅっと鳴る海ほおずきは磯の香りとゴムみたいな感触があったように記憶している。
帰りに、もうとっくになくなった自分の生家跡を訪ねてみた。そこにはお稲荷さんが建っていたからお参りして、しばし昔の思い出に浸った。
こんにゃくえんま周辺の道路は広くなったみたいだけれど、商店街はあんまり変わっていないような気がした。
ちなみに、朝顔市が小石川伝通院にて同時開催。伝通院も庭みたいなもので、よく紙芝居を見たから寄りたかったが、墓参の帰りでエネルギーもなくなってきたので今回はパス。いずれ機会があったら行ってみたい。

11072401hoozuki

11072402hoozuki
11072403hoozuki 

|
|

« 東京の交通100年博②:写真集 | トップページ | 七月歌舞伎昼の部再見 »

写真」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

fujisan様は文京っ子だったんですか!お江戸でございますなぁ〜。
私も先日、近所のお寺でやっていたほおずき市に行ってきました。色といい形といい、なんとも可愛らしくてノスタルジーを誘います。
ほおずきは買いませんでしたが、チャリティ団扇を購入。
得の高そうなとーーーってもキレイなお坊さんが梵字とメッセージを書いてくれました。
そうそう、うちの母もほおずきを鳴らすのが上手だったなぁとこの日記を読んで思い出しましたshine

投稿: 林檎 | 2011年7月24日 (日) 20時37分

林檎様
はいっ、こんにゃくえんまで産湯をつかい、とでも言いましょうかbleah

ほおずき市って、けっこうあちこちでやっているのでしょうかしら。私は浅草のしか知りませんでした(こんにゃくえんまのほおずき市は子供の頃にはやっていなかった)。
林檎様のお母様もほおずきを鳴らすのがお上手だったのですね。女の子はよくほおずきで遊んだものでしたっけ。赤いほおずきの実を見ていたら、母に仕込んでもらって、子供に伝えたかったと残念に思えてきました。
お坊様の梵字入りの団扇、素敵!!

投稿: SwingingFujisan | 2011年7月25日 (月) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/40932678

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の庭でほおずき市:

« 東京の交通100年博②:写真集 | トップページ | 七月歌舞伎昼の部再見 »