« 8月演舞場第二部 | トップページ | 第17回稚魚の会・歌舞伎会合同公演A班 »

2011年8月15日 (月)

第17回稚魚の会・歌舞伎会合同公演B班

815日 第17回稚魚の会・歌舞伎会合同公演B班(国立劇場小劇場)
 
本当はA班とB班を通しで見たかったのだけれど、それをするには朝10時半の回から見ることになる。朝の弱い私には到底無理ということで、今日16時の回のB班、明日同じく16時の回のA班と分けていくことにした。駆け足で感想を。
「曽我対面」
工藤祐経役の升六さんがイヤホンガイドのコメントで梶原景高役の京純さんに「ダブルキャスト」と言われて「いや、シングルキャストです」と訂正していたように(このお2人の掛け合い漫才みたいなコメントが面白かった)、升六さんはA班でもB班でも祐経である。声もよくとおり、大きさと情が感じられた。
楽しみにしていた梅之さんの舞鶴、きれいだったし、男勝りながら女性らしさも見せていた。口を大きく開いて声も大きく、セリフを丁寧に言っていたのが印象的。
去年その愛らしさに要チェックとなった春希クン、今年は化粧坂の少将でその愛らしさがまた印象づけられた。錦二郎さんの大磯の虎は普段女方はあまりやらないとは思えないほど。春希クンとは華やかさ姉妹のよう。
曽我五郎は富彦さん、十郎は梅秋さん。富彦さんには富十郎さんというよりは吉右衛門さんの指導を感じた(実際に吉右衛門さんのご指導があったかどうかはわからないけれど)。梅秋さんにはやっぱり梅玉さんの芸風がみられた。
最後に友切丸をもって駆け付ける鬼王新左衛門の猿琉さん、待ってました!! 華があってスッキリとかっこよく、とても素敵だった。時間的にはごく短い出番で舞台の真ん中に出るわけでもないのだが、最後に舞台を締めるこういう役の重要性を感じさせてくれた。
曽我対面には並び大名役として、第20期の研修生が出演している。今の子は顔が小さいのだなあと思う。烏帽子や衣裳に顔が負けている感じなのだ。しかしひとたびセリフを聞いたらビックリ。発声もセリフ回しも実にしっかりしている。徐々に舞台に慣れてきたらきっと烏帽子や衣裳も似合って歌舞伎役者らしくなることだろう。これまでもそういう稚魚さんたちのそういう姿を見ているから、楽しみなことである。

「一條大蔵譚」
 
なかなか見応えがあった。今回は檜垣茶屋がなく、いきなり大蔵館奥殿の場となる。吉六さんの鬼次郎は勇ましく、しっとりとした喜昇さんのお京とともに源氏への忠義が感じられた。
 
吉二郎さんの大蔵卿はお顔を見たとき「またずいぶんと若い」と思ったが、本来の姿、本心が大きくよく表現されていた。最後にちらちらと見せる作り阿呆も上品な愛嬌があって、檜垣茶屋も見てみたかったなと思った。
 
蝶紫さんの常盤御前はうまい。心ならずも清盛の言いなりになる件にはその苦しさがひしひしと伝わってきて涙が出そうになった。
 
この演目は、吉右衛門さんが病み上がりの身体をおして熱心に指導されたとのこと(教わるほうは自分の舞台もあったりするから一度に揃わず順繰りに。教えるほうは何時間も)。吉右衛門さんに学んだ役者さんが心からの感謝をしていた。
 
ところであら、曽我対面も友切丸、大蔵卿も友切丸と、どっちも源氏の重宝が絡んでいたことに今気づいたわ。
 
「戻駕色相肩」
 
國矢、左字郎の踊り上手コンビだから、こちらも見応え十分。とくに花道での担ぎ棒トントン足踏みドンドンは楽しくてこちらも合わせて首を振ってしまいそう。左字郎さんの与四郎は艶っぽく、國矢さんの次郎作は男性的でほんと、かっこいい。竹蝶さんの禿は膝をずっと折っている姿は大変そうだったけれど、子供っぽさとおませな雰囲気を織り交ぜて愛らしかった。

今回は後見さんが衣裳の直しや引き抜きで大活躍。「戻駕」では左字郎さんの衣裳の引き抜き糸がうまく抜けずにちょっとハラハラする場面もあったものの、無事にちゃんとタイミングを合わせて引き抜けたのはさすが。鋭く役者さんの動きを見ながら目立たぬように呼吸を合わせる後見さんのお仕事は本当に大変かつ大切なことをあらためて感じた。

今日は友右衛門さんご一家、米吉クン、種太郎クンをお見かけした。歌昇さんもいらしていたようだが残念ながら私は気づかなかった。
 

<上演時間>「対面」50分(16001650)、幕間20分、「大蔵譚」55分(17101805)、幕間30分、「戻駕」38分(18351913

 

|
|

« 8月演舞場第二部 | トップページ | 第17回稚魚の会・歌舞伎会合同公演A班 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

毎年「稚魚の会…」公演、楽しみにしています! SwingingFujisan様のご感想も、「待ってましたぁ!」、です♪

やっぱり、20期生の方々には、ビックリですよね(私もそう思いましたし、コメントにも頂いたので、皆さんそうだったんだ、と!)。歌舞伎らしい、立派な節回しでした。この公演のみならず、普段ご指導されている先生方(稚魚先輩たち)のご指導もよろしいのでしょうね。ほんと、頼もしいです!

吉二郎丈の大蔵卿、おおらかで、良かったですね。難しいお役なのに、と思いながら拝見しておりました。

本日はA班ご観劇でしょうか。またのレポを楽しみにしております。

投稿: はなみずき | 2011年8月16日 (火) 21時11分

こちらにもお邪魔します。
梅之さんの舞鶴は、本当に綺麗で台詞もよかったです。
私の今回の注目、國矢・左字郎コンビ「戻駕」だったのですが、期待通り良かった~。20日の「挑む」も楽しみです。

投稿: とこ | 2011年8月16日 (火) 23時07分

はなみずき様
コメントありがとうございます!!
昨日は、メモ用紙は持って出たのに筆記用具を忘れ、記憶の新しいうちにと急いで感想を書いたのですが(最近、物忘れがひどく激しくなっていますcoldsweats02)、それでもきっちり覚えていなくて…。

20期生の方々、やはり、皆さん同じことをお感じになったのですね。あれだけセリフがいいのですから、板についた歌舞伎役者ぶりを見せてくれる日もそう遠くないかもしれませんね。

稚魚の方も歌舞伎会の方も、それぞれ師匠のもとでのご自分のお役目もお忙しいでしょうに、精進が見事ですね。また指導なさる師匠方のお力もこの会を成功させる大きな要素なんですね。そう思いながら見ると、感激が増します。

吉二郎さんの大蔵卿、とっても素敵でした。作り阿呆の場面も見てみたいですねhappy01

ご推察のとおり、今日はA班を見てまいりました。

投稿: SwingingFujisan | 2011年8月16日 (火) 23時50分

とこ様
こちらにもありがとうございます。
梅之さんの真摯な演技が迫力ありましたね。男勝りでも女性らしさを失わず、きれいでしたわ~。

「挑む」はまだ行かれるかどうかわからないのですが、國矢・左字郎コンビを見たら、「挑む」でもこの2人を見たいという気持ちがますます強くなりました。何とかスケジュールが整うといいのですが…。

8月は盛りだくさんで忙しいけれど楽しいですね!!

投稿: SwingingFujisan | 2011年8月16日 (火) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/41223268

この記事へのトラックバック一覧です: 第17回稚魚の会・歌舞伎会合同公演B班:

« 8月演舞場第二部 | トップページ | 第17回稚魚の会・歌舞伎会合同公演A班 »