« 8月演舞場第一部 | トップページ | 第17回稚魚の会・歌舞伎会合同公演B班 »

2011年8月14日 (日)

8月演舞場第二部

811日 八月花形歌舞伎第二部(新橋演舞場)
あまりに暑いので外へは出ずに中で第二部を待つ。
「東雲烏恋真似琴」
「あけがらすこいのまねごと」と読み、「真似琴」は「まねきん」にもひっかけてある。G2の新作歌舞伎。橋之助×G2@演舞場は「魔界転生」も「憑神」も見ているが、第3弾はいよいよ歌舞伎である。
15
分前に定式幕が開き、舞台があらわになる。そこには巨大な厨子が置かれていた。開演前に舞台を見せるとは、歌舞伎では珍しい(私が知る限り初めて)。厨子は盆の上でまわり、人形ケースにもなったり幕にもなったり。
はじめは人形師・左宝月(獅童)と弟子(?)の宇内(巳之助)との遣り取りが笑わせる。でも、この芝居の獅童さんはちょっと…。とくにラスト直前、空の厨子を見て「うわっ」と大仰に驚くアレはなんだったのだろうか。この後、不気味な笑いで新左衛門と小夜の人形を見送るのだが、ちょっと理解に苦しむ。
小夜の福助さんはここでもきれい。だけど、やっぱり嫉妬でこわ~い顔をするときにやり過ぎるように私には感じられる。新左衛門を唆すときもあれでは怖いどころか笑ってしまう。ほんと、惜しいんだよなあ。
橋之助さんが一途な侍・新左衛門を好演しているが、小夜が姿を消してからがテンション高くてちょっと疲れる(小夜を探し回る間も、人形を小夜と思い込んでいる間もずっと疲れる。でも、こういう橋之助さんはわりと好き)。
このキョーレツな思い込みが新左衛門の家族を振り回すことになるのだが、お家のためにと新左衛門の思い込みに付き合うことを決めた母親・お弓(萬次郎)がバカバカしくて可笑しい。そんなことまでして家を守らなくてはならないのが滑稽な哀れさで案外悲しく覆える。いろんな意味で、ちょっと「憑神」を思い出した。萬次郎さんが持ち味発揮。
このとばっちりを受けるのが七之助さんのお若。本当なら自分が妻になるはずだった相手は人形に心奪われているなんて残酷な話である。しかし素直でやさしいように見えるお若も、いつかは新左衛門の嫁になれることを信じての下心ありだったのかもしれない。
勘太郎さんはここでも、家族思い、家思いの好人物である。「花魁草」の時よりずっと勘三郎さんに似ていた。
橘太郎さんの蕎麦屋さんが楽しい。生きていたとはありがたい。武勇伝に拍手paper
この芝居、私のイチオシは扇雀さんである。新左衛門の心を壊す原因を作ったのは扇雀さんの関口多膳であるが、おそらくこの物語の中で一番まともな人物ではなかろうか(つまり、ふつうの人間である)。複雑な心境に揺れるこの役をご本人も楽しんで演じられていたのではないだろうか。
扇雀さんは、笑福亭鶴瓶とやった「スジナシ」がとてもよくて、女方より立役のほうがいいんじゃないかとその時思ったのだった(コクーンの殿様もよかったことを思い出す)。「隠蔽捜査」も俄然見たくなったけれど、日程で迷っている。
人形ってただでさえ怖いものがあるし、オドレイ・トトゥの「愛してる、愛してない」的な怖さを感じた。
ところで、この物語では亀戸天神のうその護符が重要なカギとなる。来年はうそ替えにも行ってみたい(花魁草といい、すぐに流される私coldsweats01)。 

「夏 魂まつり」
 
成駒屋全員ではないけれど、一家の踊りを楽しむという趣向。芝翫さんはチャリティー歌舞伎を休まれたので心配していたけれど、まずまずお元気そう。もっともほとんどの時間床几に腰かけており、踊っても足は数歩動かすくらいで腕・手中心。
 
芝翫さんは若旦那、福助・橋之助さんが芸者、国生クンが太鼓持ち、宜生クンが舞妓。あの男っぽい橋之助さんが意外にもすっきりと涼しげできれいな芸者さんになるから不思議不思議。福助さんもきれいだったけれど、橋之助さんのほうに見とれてしまった。宜生クンは愛らしく、国生クンは後ろ姿(動いているときの姿)が橋之助さんによく似ていた。
 
本当は25分の幕間でたった12分のこれを見るのはやめようかと思ったのだけれど、思いのほか悪くなく、まあ満足した。

<上演時間>「恋真似琴」序幕73分(14301543)、幕間5分、二幕目・大詰51分(15481639)、幕間25分「夏 魂まつり」12分(17041716

 

|

« 8月演舞場第一部 | トップページ | 第17回稚魚の会・歌舞伎会合同公演B班 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
巳之助君の出演が短くて、一寸残念でしたが、橘太郎さんの蕎麦屋さんは、良い味出していますねgood

あの~表題が「7月演舞場第二部」になっていますよ。

投稿: とこ | 2011年8月16日 (火) 22時46分

とこ様
コメントありがとうございます。
巳之助クン、短い出番でも巳之助クンらしい味わいが出ていたと思います。
橘太郎さんの武勇伝、とっても嬉しかったです。勘太郎さんに頭叩かれちゃってbearing

表題の間違いのご指摘ありがとうございます。さっそく訂正いたしました。ボケてますねえ、まったくwobbly

投稿: SwingingFujisan | 2011年8月16日 (火) 23時53分

SwingingFujisan様
 こんにちは。ここ数日、天候は悪いですが、涼しいですね。昨日、演舞場で一二部みてきました。実をいうと四作品の中で一番安心してみられて、楽しんだのは、最後の十数分の「夏魂まつり」でした。最後、五山の送り火がつくほんわかとした良さは、心が休まりました。芝かんが思ったより元気で、足元もしっかりしていました。来月の淀君も無事勤めてほしいものです。橋之助の芸者もすっきりした仇っぽさがあり、背丈がもし低ければ、女形の実力派に育ったかもしれません。明治以降、名女形を排出した成駒屋の血筋でしょうか。あと、宜生の女形もかわいかったですね。この人、先年、鼠小僧の子役をやったひとですか。どの子がやったいたか忘れてしまいました。

投稿: レオン・パパ | 2011年8月21日 (日) 15時39分

レオン・パパ様
こんばんは。コメントありがとうございます。
朝晩など涼しいを通り越して寒いくらいですね。これからもし又暑さが戻ってきたら、完全に体が参ってしまいそうです。でもこのまま秋になるのも寂しいかな。
「夏魂まつり」、(意外と)よかったですね。芝翫さんのお元気そうな姿も嬉しかったですが、何と言っても橋之助さんがきれいでびっくりしました。確かに言われてみれば成駒屋の血なのかもしれませんね。
宜生クンはそうです、「野田版鼠小僧」でさん太をやりました。今回の舞妓役、かわいかったですね。3兄弟の中では宜生クンが女方に進むのかもしれませんね。

投稿: SwingingFujisan | 2011年8月21日 (日) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/41208039

この記事へのトラックバック一覧です: 8月演舞場第二部:

« 8月演舞場第一部 | トップページ | 第17回稚魚の会・歌舞伎会合同公演B班 »