« ついていけない、新しい並び | トップページ | さようなら松田選手 »

2011年8月 3日 (水)

ラブ歌舞伎座・47(必見、百段階段での「わが心の歌舞伎座展」)

82日 「我が心の歌舞伎座展」(目黒・雅叙園百段階段)
11080301kabukzia 
昨年12月、高島屋にて好評を博した「わが心の歌舞伎座展」が雅叙園の百段階段に場所を移して行われている。高島屋でもあたたかく懐かしい空気に包まれて感動したが、百段階段での展示には高島屋とは別の独特の雰囲気があって、これを見逃したら後悔するところだったと思った。
靴を脱いで会場に行くまでの通路でまず目に入るのは、歌舞伎座最後の公演となった御名残四月大歌舞伎の「御名残木挽闘争」「熊谷陣屋」「連獅子」「寺子屋」「三人吉三」「藤娘」の絵看板。あの熱気を思い出して胸が熱くなる。
第一展示室:花道、舞台、客席
11080302kabukizaまず、第一展示室は百段階段の下のスペースで、劇場扉が再現され(鳳凰の向きが一つずつ左右逆になっている、って今まで気がつかなかった)、中に入ると花道、舞台(ごんごろちゃんが)
、座席が設えられている。ここのみ写真OK
高島屋では人が多くて遠慮してしまった揚幕のチャリーン、なかなかいい音が出ないんで11080303kabukiza_2 すもの、何度もやってみた。花道の所作台でのトントンがかなり強く踏まないと出なかっ たのは高島屋でも経験済。ほとんど人のいないこの会場で自分だけの歌舞伎座をたっぷり楽しんだ後、いよいよ百段階段へ。

十畝(じっぽ)の間:歌舞伎の変遷と歴史
大間の赤絨毯が敷き詰められ、真ん中にはあの赤いぴかぴかの円柱が。そして「我が刻はすべて演劇」の柱時計。現在は止まっているが、新歌舞伎座で再び時を刻み始めることだろう(この時計は親子時計で、歌舞伎座で我々の目に触れていたのは時刻を表示する子機のほうで、時計の心臓部にあたる親機は別に設置されていたそう)。
他に本瓦葺き屋根の一部として、鳳凰の瓦や鬼瓦、筋書きやポスター、さよなら公演のチケット袋などが展示されている(高島屋の時と同じかな)。
魚樵の間:歌舞伎衣裳展示「勧進帳」
義経、弁慶、冨樫の衣裳と持ち物が展示されている。勧進帳を覗き込もうとする冨樫と弁慶の間に漲る緊張、弁慶の打擲、義経御手、様々な場面が目に浮かぶ。
草丘の間:知られざる歌舞伎座
まずは一般の目にはほとんど触れたことのない通用門の大提灯が出迎えてくれる。最後の公演(4月)の着到板、平成15年天覧歌舞伎で両陛下が坐られた椅子、来賓の芳名帳(平成747日中曽根康弘夫妻、平成7512日小泉純一郎氏のページが開かれていた)。
ここでは歌舞伎座のビデオが3
種流れており、それぞれわずかな時間とはいえ、見逃せない。一つは映画「わが心の歌舞伎座」から歌舞伎座の裏側で、主に裏方さんたちの様子。一つは「歌舞伎のいき第一巻」より「思い出の歌舞伎座」で、屋根、大間、花道、鳥屋の内部(これは珍しい)など。もう一つはシネマ歌舞伎「女殺油地獄」の予告編。まだ見ていないから早く見に行きたいんだけど…。
静水の間:歌舞伎衣裳展示「藤娘」
一歩中に入ると、なんと美しく見事な世界が広がっていて思わず歓声を上げるほど。垂れ下がる藤の花房の前に2点の衣裳。暗闇の中、ぱっと舞台が明るくなって登場する藤娘の衣裳が向かって左側に。右側には赤襦袢が目にも鮮やかな後半の衣裳。ここは帰りにも立ち寄って2度見てしまったほど。
星光の間:鳴物展示、体験
鳴物展示の部屋なのだが、なんと風音、波音を自分で出すという貴重な体験が出来る。風は商店街の抽選機みたいな機械に布がはってあり、ハンドルを回すと、ひゅ~ひゅ~と音を出す。激しくまわすと嵐の音になる。波音は中に小豆だけでなく大豆も入っていた。意外と重い。
音は素人でも出せるのだが、お芝居に合う加減はプロの仕事そのものだろう。

清方の間:思い出の歌舞伎俳優、生まれ変わる歌舞伎座
歴代の名優の扮装全身と素顔の顔写真がたくさん。富十郎さん、又五郎さんもいた。
新しい歌舞伎座およびその周辺がどうなるかはビデオで知ることができる。東銀座からの直結で地下が大きく様変わりする。

頂上の間:売店
歌舞伎座に出ていた売店を再現。私は俳風煎餅を買った(実は、歌舞伎座では一度も買ったことがないのよね)。

楽しかった。デパートと違ってそれぞれ独立した部屋での展示だし、人もあまりいなくて淋しいけれど、ゆっくり見ることができる。できたらもう一度見たいくらい。それと、雅叙園に通っているうち(年に1度、父の会合の付き添いで来ていたし、今年も父のかわりに出席したし、百段階段も23度)、雅叙園がだんだん好きになってきたかも。
わが心の歌舞伎座展は87
日(日)まで

|
|

« ついていけない、新しい並び | トップページ | さようなら松田選手 »

ラブ歌舞伎座」カテゴリの記事

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

7日まで!明日から旅に出るので、チャンスは今日のみ。思い立ったが吉日…で、行ってきます(・∀・)ノ

投稿: aki | 2011年8月 4日 (木) 11時02分

aki様
コメントありがとうございます。
旅の直前なのに、お出かけくださり恐縮ですcoldsweats01
aki様だけの歌舞伎座の世界をお楽しみいただけると嬉しいです。
雨は大丈夫でしたかしら。

投稿: SwingingFujisan | 2011年8月 4日 (木) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/41063019

この記事へのトラックバック一覧です: ラブ歌舞伎座・47(必見、百段階段での「わが心の歌舞伎座展」):

« ついていけない、新しい並び | トップページ | さようなら松田選手 »