« 魅惑の配役に芝居の醍醐味:「キネマの天地」 | トップページ | 次回に期待「勧進帳」:松竹座夜の部② »

2011年9月23日 (金)

澤瀉屋のチームワーク満喫「華果西遊記」:松竹座夜の部①

919日 九月大歌舞伎夜の部(松竹座)
敬老の日だってことを忘れてこの日を取ってしまったのは、敬老の日が15日じゃなくなっちゃったから(もう8年も経つのにねcoldsweats01)。
「華果西遊記」
2
年前の国立劇場での公演がとっても楽しかったので、ぜひもう一度見たいと思っていた。松竹座に来たのは海老蔵の追っかけばかりというわけではなく、夜の部は「華果西遊記」、昼の部は「悪太郎」があるのも一つの理由。
とにかく面白くて大満足。
花道から三蔵法師(笑也)、猪八戒(猿弥)、沙悟浄(弘太郎)が登場する。笑也さんの知的な気品と美しさが三蔵法師の高僧ぶりを印象付ける。三枚目的な猪八戒、沙悟浄とともにいて空気をぐっと締める。でもその高僧がころっとだまされて意外に簡単に敵の手中に落ちちゃったりする。子供のころ「西遊記」を読んでその辺をよくツッコんでいたものだ。ここでも、「よい匂いがする。きっとおなごの匂いに違いない」とだらしなく鼻の下を伸ばす八戒と悟浄をたしなめておきながら、芙蓉(春猿)に言い寄られると悪い気がせずちょっとよろめきかけるbearing その微笑が法師の感情を見せてうまい。法師は、悟空(右近)に芙蓉が妖怪であるかもしれないと警告されながらも、信じない…法師も人間であることよなあ。
猿弥さんは体型も(失礼bleah)キャラクターもこれ以上ないんじゃないかという八戒。悟浄は以前は段治郎さんがやっていたそうだけど、国立でも弘太郎さんだったので、私は段治郎さんの悟浄を見たことがなく、想像すらできない。弘太郎さんも悟浄のキャラクターをよくつかんでいて、出しゃばることなくちゃんと存在感を示していた。
客席を笑わせてくれる猿弥さんと弘太郎さんだけど、締めるところは締める。右近さんを交えての棒術は最大の見どころと言ってもいいのではないだろうか。中国京劇院直伝というその技は実に見事である。3人の息がぴったり合っていなければ危険さえ伴う棒捌き。さすがの澤瀉屋3人、楽しくて素晴らしくて、やんややんやup その前の常盤津の「棒づくし」もちゃんと聞いていると面白い。
右近さんはマジックも見せてくれる。頭の毛からメスと針を創り、八戒のふくらんだ腹から赤い布を出して(八戒は不用意に飲んだ子母泉の水で妊娠してしまう。「生まれる生まれる、腹が痛いよ~」と騒ぐ八戒の腹を麻酔もせずにかっさばくshock)、それを手の中で消して見せる。「おおぉ~」の歓声。
妖怪に別々に囚われた法師と八戒・悟浄を同時に救うため、悟空は頭の毛から分身を作り出す。分身役の子供たちの愛らしさに客席がざわめく。身長順に小→大と舞台真ん中から両側へ6人ずつ並ぶ分身ちゃんたち。右近さんと一緒に踊る「かっきれかっきれ」(かっぽれのもじり)がかわいくて楽しい。
分身ちゃんたちを指揮したり、マジックに棒術、色々やることがあって右近さんは大変だと思うけれど、力みなく軽快に自然な愛敬が好もしい悟空である。

西梁国女王・実は蜘蛛の精姉である笑三郎さんにはしっとりした貫録があり、芙蓉・実は蜘蛛の精妹である春猿さんは愛らしく美しく、でも2人ともどことなくこわ~い。本性を顕してからの糸の投げ方や見得がとてもきれいだった。
澤瀉屋得意の立ち回りも楽しい。悟空との戦いの中、蜘蛛四天の1人が4人返り越しをしようと構えると、4人の真ん中に右近さんが割って入り、台座は5人に増える。お見事っ!!5人返り越しは猿琉さんのようでした。
8
人くらいが作るロープの蜘蛛の巣、そこに右近さんが乗ったときには、ロープ(蜘蛛の糸)を張る蜘蛛四天の11人の腕の筋肉に目いっぱいの力が込められているのが見て取れ、軽々と見せているようでその実はどんなにか大変なんだろうなあと感動した。
一言触れておきたいのが悟空が連れている天馬。悟空と会話する場面(馬は喋らない、悟空が馬の口に耳を近づけて馬の言ったことを伝える)では仕草がとてもユーモラス。分身と悟空の「かっきれ」踊りでも一緒に体をゆすったりして愛敬たっぷりだった。澤瀉屋のお馬さんは、来月の「小栗判官」でも大活躍するはず。
ところで、西梁国の侍女の1人が猿三郎さんだと後で知ってビックリ。しとやかできれいでどなたかしらと思っていたのだ。猿三郎さんの女形は私にとっては珍しい。
適材適所の配役、しっかりした脚本・演出、スピーディーな展開、客を飽きさせることのない様々な趣向、こんなに楽しめるお芝居は演舞場でもぜひやってほしいと思う。

|

« 魅惑の配役に芝居の醍醐味:「キネマの天地」 | トップページ | 次回に期待「勧進帳」:松竹座夜の部② »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!  私も23日通しで観劇してきました。
2年前の国立バージョンとほぼ同じでとっても楽しかったです。
開幕のお芝居としてはふさわしい演目ですね。
右近さんの棒術も冴えていたし、蜘蛛四天との立ち廻りにも
ワクワクしました(蜘蛛四天の隈どりでお顔が判明しないのが
残念)
ただ、悟空の分身ちゃんたちが2年前に比べるとはじけた感じが
いまひとつだったように感じましたね。 疲れていたのかな(笑)

投稿: maroon6 | 2011年9月25日 (日) 11時41分

maroon6様
こちらにもありがとうございます。
楽しかったですねえ「華果西遊記」!! 右近さんの活躍が拝見できてとても嬉しかったhappy01
蜘蛛四天さんたちのお顔、私もほとんどわかりませんでした。どなたかって考えているとお芝居についていけなくなってしまうので、途中で断念。立ち回りは演じるほうは大変だなと思いましたが、その分私たちがたっぷり楽しめてありがたいですね。

悟空の分身ちゃんたちの踊り、確かに国立のほうがはじけていました。こちらはそろっていないところもあったし。でも小さい子が右近さんとの絡みで首を傾げたり、とってもかわいかったですね。

投稿: SwingingFujisan | 2011年9月25日 (日) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/41928126

この記事へのトラックバック一覧です: 澤瀉屋のチームワーク満喫「華果西遊記」:松竹座夜の部①:

« 魅惑の配役に芝居の醍醐味:「キネマの天地」 | トップページ | 次回に期待「勧進帳」:松竹座夜の部② »