« 澤瀉屋のチームワーク満喫「華果西遊記」:松竹座夜の部① | トップページ | 笑ってほろり「幸助餅」:松竹座夜の部③ »

2011年9月23日 (金)

次回に期待「勧進帳」:松竹座夜の部②

919日 九月大歌舞伎夜の部(松竹座)
「勧進帳」
海老蔵・弁慶、團十郎・富樫は初めて(そもそも国内初なんですって。パリ公演の記憶が強いからもっと何回もやっているのかと思った。私がパリで見たのは海老・富樫、團・弁慶)。團十郎さんの富樫はただでさえめったにないし、海老ちゃんの弁慶もありそうで意外と少ない。だから、とても楽しみにしていた。しかし…
團十郎さんは出てきた瞬間「立派!!」。う~ん、富樫にしては立派過ぎる? まあそれはともかく、口を開いた瞬間、これまたびっくり。ひどい声なのだ。風邪でもひいているのではないかというかすれ声。團十郎さんの富樫は声のせいばかりではないであろうセリフが今一つよくなかったように思った。
海老蔵さんの弁慶は、期待していた私としてはちょっとガッカリかな。パワフルで、海老蔵さん自身の意気込みはわかる。でも目をひんむき過ぎだと思うし(後遺症があるかどうかわからないけれど、左目にちょっと違和感があったな)――何が何でも主君を守ろうとする目力はいいけれど、あんなに鋭い目ではただの山伏には見えまいに――、力が入れば入るほど人間的な深みが感じられなくなってしまって…。力みすぎだからなのかもしれないが、團十郎さんの弁慶にみられるような大らかさや愛敬のようなものがない。余裕も感じられなかった。今のままでは團十郎・弁慶、海老蔵・富樫のほうがずっとよいと思った。しかし海老蔵さんは弁慶は必ず自分のものにしなくてはいけない立場、次回に期待したい。
翫雀さんの義経は声も大きく元気そうに見えて違和感を覚えたが、だんだん主君としての大きさ、品格が見えてきて、義経御手は感動的であった。でも、この時の弁慶がちょっと卑屈に見えたな。
主役の2人がどうもピンとこなかったためか、全体に盛り上がりに欠けるような気がした。さすがに最後の弁慶の六方には大きな拍手が湧いたけれどね(ツケに合わせて拍手が手拍子になりそうでハラハラしたが、何とか持ちこたえて拍手のままで終わった)。
順序が逆になるけれど、花道の出では常陸坊の市蔵さんが本当に義経を尊敬している気持ちを見せていたのが印象的だった。亀三郎さん(駿河次郎)の声のよさは毎度のことながらやっぱり一言触れておきたくなる。

|

« 澤瀉屋のチームワーク満喫「華果西遊記」:松竹座夜の部① | トップページ | 笑ってほろり「幸助餅」:松竹座夜の部③ »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

またお邪魔します。coldsweats01
今回の「勧進帳」は残念でした。 
>パワフルで、海老蔵さんの意気込みはわかるが、目をひんむき
過ぎだと・・・・・・・
私もその通りに感じました。 席が2列目花道寄りでよく海老蔵さん表情が見えたのですが、目と表情で表現しようとしたのか?疑問に感ずるところです。 見ていて、とにかくこちらが疲れたました。 これまでも海老蔵さんの弁慶は観たことがありましたが
今回の演技(顔芸?)とは違っていたと思いました。
團十郎さんの富樫も少し違和感がありました。
唯一大変失礼ながら、翫雀さんの義経は意外に良かったのが
嬉しかったです。 情のある義経でしたcoldsweats01

投稿: maroon6 | 2011年9月25日 (日) 11時56分

maroon6様
たくさんのコメントありがとうございます。
やはり、弁慶も富樫もそうお感じになりましたか。團十郎さんは富樫のニンではないのかもしれない、と思いました。海老蔵さんは、パリの映像(ごく一部ですが)を見る限り、あんな弁慶ではなかったような…と記憶をたどっていたのですが、今回はどうしちゃったのでしょうね。復帰したことで気合が入りすぎていたのでしょうか。今後もあの弁慶では困りますね。
翫雀さんの義経、同感です。むずかしい役だと思いますが、情も大きさもありましたね。
遠征での通しのご観劇、お疲れ様でしたconfident

投稿: SwingingFujisan | 2011年9月25日 (日) 13時19分

海老蔵・弁慶、團十郎・富樫
という事で、見たくて見たくて身もだえしました。が。。。
うーーーーん。。。残念だったようですね。
海老蔵は頑張りすぎ?や自分なりの工夫をいれこんだりして、それが空回りしてしまう事が時々ありますよね。汗
今後の進化に期待したいです!

團十郎さんは演舞場でも疲れが見えた気がしたので、調子が悪かったのは声だけであってほしいです。。。

SwingingFujisan様の感想を読んで、「幸助餅」がとーーーーっても見たくなりましたhappy01

投稿: 林檎 | 2011年9月29日 (木) 12時16分

林檎様
こちらにもありがとうございます。
な~んかね、ちょっと期待はずれでしたわ。まあ、空回りした結果が次回へのいい積み重ねになればいいのですが。

團十郎さん、たしかに頑張りすぎかもしれませんね。今年になってから2回も弁慶をやっているし、今度は富樫とはいえ、緊張感も海老蔵さんの後見としての役割も團十郎さんにのしかかっていますものね。そして9月以降は12月までお休みなし。ちょっと心配です。

幸助餅、東京でも是非!! と願っています。

投稿: SwingingFujisan | 2011年9月29日 (木) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/41928266

この記事へのトラックバック一覧です: 次回に期待「勧進帳」:松竹座夜の部②:

« 澤瀉屋のチームワーク満喫「華果西遊記」:松竹座夜の部① | トップページ | 笑ってほろり「幸助餅」:松竹座夜の部③ »