« 来年6月、亀治郎さんが四代目猿之助に、香川照之さんが中車に、香川さん長男は団子に | トップページ | 見事に見応えあった「車引」:九月演舞場夜の部再見 »

2011年9月27日 (火)

記者会見に涙

夕方のニュースで猿之助襲名の記者会見を絶対やるだろうと期待してチャンネルをあっちこっちに切り替えて待っていた。
その私の目に、亀治郎さんと香川さんに両側から支えられ席に着く猿之助さんの姿が!!
もうそれだけで涙がぶわっと出たのに、香川さんが今「45年間無縁だった」お父様と同居しているというではないか。前に「ラストデイズ お前はオレになれる 松田雄作×香川照之」という番組で、香川さんが若いころ父親に会いに行ったら「自分の人生はあんたを捨てたときから始まったのだからもう会いに来ないでくれ」と拒否されたと言っていた。父恋しの気持ちは香川さんのこれまでの人生を通じて捨てられなかったものだと思う。
その父子が同居していると聞いたらまたぶわっと涙が出て、ああよかったと泣けたのだった。
猿之助さん、香川さんとの同居を喜びながら(お2人とも浜木綿子さんに感謝していた)、一緒に生活していると「こわい」って。きっと香川さんがお父様に心配のあまりいろいろうるさく注意するんだろうなあ(私もそうだったから…)。
せっかくの会見ニュースだったけれど、亀ちゃんの襲名については2番組ともカットされちゃってて、それはないんじゃないのannoy(それとも私が見逃したのかな、どっちも最初からじゃなかったから) 
香川さんは、これまで通り、映画や演劇を香川照之の名前で続けて、歌舞伎にも市川中車の名で時々出演されるようだ(襲名については猿之助さんと十分相談したそう)。

7時のNHKニュースで「猿之助襲名」の会見を見ました。猿之助さんたっての願いで襲名することになったそう。亀ちゃんにとって猿之助は神様のような存在、どうやっても三代目の枠は超えられないと言っていました。
「翁の文字 身に添うまでは 生き抜かん」との色紙--猿之助さんの生き様だなあとぐっときました。

|

« 来年6月、亀治郎さんが四代目猿之助に、香川照之さんが中車に、香川さん長男は団子に | トップページ | 見事に見応えあった「車引」:九月演舞場夜の部再見 »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

やっと今朝、会見の様子を見ました。感動ですね。亀ちゃんが穏やかで余裕のある表情に見えました。おもだかや一門を末永く応援しようと思います。来年6月が楽しみです★

投稿: aki | 2011年9月28日 (水) 09時08分

aki様
おはようございます。コメントありがとうございます。
45歳にしての歌舞伎界入りは賛否両論あるでしょうが、香川さんの思いがあの会見で伝わったのではないでしょうか。
歌舞伎界では大先輩の亀治郎さんがサポートするでしょうし(大河初出演のときに香川さんが亀ちゃんをサポートしたんですよね)、香川さんも謙虚にかつ熱意をもって舞台をつとめられることと思います。
亀ちゃんが襲名したらなんて呼んだらいいんだろう。猿ちゃん?coldsweats01 亀治郎さん自身生涯亀治郎のつもりだった、死ぬ前にもう一度亀治郎の名で舞台に出たいようなことを言っていました。
澤瀉屋一門、私も末永く応援していきます。

投稿: SwingingFujisan | 2011年9月28日 (水) 09時39分

すっかりご無沙汰いたしております!
なんだか最近バタバタしており、今歌舞伎美人で襲名の件を知りました(←遅い)。
香川さんが歌舞伎に、というのは数日前にニュースでみたのですが、
中車も襲名なさるんですね。
私もあの松田優作さんのテレビを見ていたので、こちらで会見の様子を拝読、
同居されていることも知ってジーンときてしまいました。
来年六月、本当に楽しみです!

投稿: あねご | 2011年9月28日 (水) 12時41分

あねご様
こんばんは。コメントありがとうございます。
こちらこそご無沙汰しております。日程的にはちょっときついけれど永楽館のいいお席が取れたことなど、時々拝見しているのですが、なかなかコメントを差し上げられずごめんなさい。

あねご様もあの番組をご覧になったのですね!! 猿之助さんもあれだけ喜んでいらっしるのですから、心の底では香川さんのことをずっと思っていらしたのかもしれませんね。
発音がご不自由なのに「すみからすみまでずい~とお願い申し上げます」のセリフはしっかりおっしゃっていて、さすがに役者さんだと感心しました。
来年6月は演舞場に通っちゃうぞと今から鼻息荒くしていますsmile

投稿: SwingingFujisan | 2011年9月28日 (水) 20時39分

毎日新聞では(確か)6-7月の2か月連続の襲名公演だったと思います。例えば、「四十八撰」だけでも48あるのですが、たっぷり楽しみたいですね。
ところであと1回公演で区切りとしていた「亀治郎の会」はどうなるのでしょうか。来年8月では猿之助になっていますものね。前倒しで実施するのも大変でしょうし。今回で終了というのも残念な気が致します。

投稿: うかれ坊主 | 2011年9月29日 (木) 00時09分

うかれ坊主様
おはようございます。
2カ月連続ですか!! 猿之助四十八撰に猿翁十種、本当に楽しみです。口上には現猿之助さんも登場されるのかしら。
チケット争奪戦きびしくなりそうですね。

亀治郎の会はどうなるのでしょうね。会場などは早々と押さえてあるのだろうと思っていましたが、今年の会の時点ですでに襲名話は決まっていたのかもしれませんね(あるいはもっと早く)。亀治郎さんのことだから、またファンを驚かせるようなことを考えていそうですね。

投稿: SwingingFujisan | 2011年9月29日 (木) 09時31分

本当に素晴らしい会見でしたね。
皆さんそれぞれの複雑な胸中が伺えて、胸がいっぱいになってしまいました。
やはり親子。いいものですね。

この年齢から始めるのは正直そうとう難しく、厳しい道のりになるでしょうが香川さんの強く熱い想いを聞いて分かったような気がします。
早く6月にならないかなぁ。
亀ちゃんには「黒塚」踊ってほしいな。

猿之助さんは更にお痩せになったような気がしましたが、「隅から隅まで~」の
口上はさすがでしたね。
最後に、「おもだか屋っっ」とTVに向かって思わずかけてしまいましたshine

「亀治郎の会」を老後に10回目。やりそうですね~(笑)

投稿: 林檎 | 2011年9月29日 (木) 11時47分

林檎様
こんにちは。ほんと、親子っていいものですね。
猿之助さんが「浜さん、ありがとう。恩讐をの彼方にありがとう」とおっしゃった時には、猿之助さんが今度のことをとてもよろこんでいらっしゃることがよくわかり、胸がつまりました。

亀治郎さんの「黒塚」は私も見たいと思いますが、右近さんがどうなっちゃうのかなあ、なんて心配もしています。
一門全員で澤瀉屋の繁栄をつくっていってほしいですね。

亀治郎の会、どうなるんでしょうねえthink

投稿: SwingingFujisan | 2011年9月29日 (木) 14時26分

SwingingFujisan様
 今晩は。澤だか屋の襲名、久々のビッグニュースですが、猿之助襲名は新歌舞伎座の開場後のもう少し後だと予想していました。猿之助側に急ぎたい事情があったのでしょう。2か月連続公演とのことですが、スーパー歌舞伎(ヤマトタケルかオグリ)を1か月出せば3カ月でも満員御礼になったと思います。商売上手な松竹としては珍しい。
 興味は、まず披露狂言ですが、「四の切」「黒塚」「吉野山」は動かないでしょう。私としては、新猿之助の出世芸ともいえる、「金閣寺」も役者が一杯出せるので、可能性ありとみます。あと、猿之助がよく踊った「奴道成寺」「鏡獅子」も是非みたいですね。通し狂言「再岩藤」は披露狂言としては、主役級の役者が少なくなるので難しいでしょう。
また、「二人三番叟」も新団子の附け千歳での披露に最適でしょう。新中車は新歌舞伎(真山青果、長谷川伸あたりで)で颯爽と登場してほしいものです。 
そして次の興味は座組みです。猿之助が元気な最後のころよく競演した、玉三郎、勘三郎はどうでしょうか。玉三郎は演舞場出演に消極的ですが、是非出演して、吉野山の静あたりみたいものです。中村屋は息子の襲名がかすむので、内心やや面白くないのではないかと懸念します。団十郎、海老蔵は猿之助が成田屋宗家をたてる姿勢を示しているので確実に出演するでしょう。これも楽しみです。

投稿: レオン・パパ | 2011年9月30日 (金) 19時41分

レオン・パパ様
こんばんは。
襲名は猿之助さんが確実に自分の芸を伝えられるうちに、ということでしょうか。
襲名公演の演目は、私も「四の切」「黒塚」「吉野山」は予想します。「金閣寺」は亀治郎さんは演じたけれど猿之助さんが演じたことのない役だそうですから、それを入れるかどうか。1年間にわたる公演でできるだけ四十八撰から選びたいと亀治郎さんは考えているようです。
中車、団子の役どころも楽しみですね。香川さんは突然歌舞伎に入っていくことについて覚悟と遠慮があるでしょうけれど(小さな役でいい、とご本人は語っているみたい)、襲名公演ではある程度大きな役をやってほしいなと思います。新歌舞伎なら長谷川伸がいいな。
座組もいろいろ想像すると楽しいですね。ああ、しかしチケット争奪戦のきびしさを思うと…かつて、勘三郎、海老蔵で苦労したことが思い出されます。演舞場はキャパが小さいし…。席にこだわらず、取れればいいという覚悟でいなくては(^-^;

明後日からの花形、亀治郎の名では最後となる来年の浅草(とりあえず日程と亀治郎・愛之助の2人の出演者のみが発表になりましたね)、楽しみがいっぱいです。

投稿: SwingingFujisan | 2011年9月30日 (金) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/42067147

この記事へのトラックバック一覧です: 記者会見に涙:

« 来年6月、亀治郎さんが四代目猿之助に、香川照之さんが中車に、香川さん長男は団子に | トップページ | 見事に見応えあった「車引」:九月演舞場夜の部再見 »