« 10月演舞場夜の部:當世流小栗判官② | トップページ | フランスの漫画を見る:BDで楽しむルーヴル美術館展 »

2011年10月12日 (水)

10月演舞場夜の部:當世流小栗判官③

1011日 10月花形歌舞伎夜の部(新橋演舞場)

「當世流小栗判官」
 
大詰の前半は、判官が万福長者の娘・お駒に見初められて祝言を挙げることになるエピソード。なぜこの話が入るのかすっかり忘れていたけど、1つにはここで照手と判官が再会し、もう1つにはお駒の怨念で判官の顔が醜くかわり足腰が立たなくなるために必要な話なのであった。
 
お駒の亀ちゃんは可憐。でも怨念は国立のときの春猿さんのほうが怖かったかな。お駒の母親・お槇の笑三郎さんがしっとりと美しく、娘よりも忠義を通す母親の気持ちが痛いようにわかる。ここでは亀ちゃんの早替りが楽しめる。
 
体が不自由になった判官を照手が車に乗せて引く場面が国立では印象に残っていたが、今回はそこは省略。笑也さんは確かに「奇跡の52歳」だ。透明感のある美しさ、姫さまの頼りなさと一途さ、人買いに売られて万福長者のところの下女・小萩になった照手は悲しい姿ながらどことなくユーモラスな雰囲気が漂う。笑也さんの明るさ、大らかさのなせる業だろう。
 
遊行上人(愛之助)と僧侶の踊りは素晴らしかった。「達陀」もそうだが、僧侶の群舞って迫力あって楽しい。もっと見ていたかった。
 
天馬の宙乗りは、今回は途中で天井(=二階席の床)に隠れ見えなくなってしまったけれど、千穐楽にたっぷり見ることができるはず。
 
ラストのドサ雪、あんまりすごかったので笑也さんが手でさっと払っていたような。数片もらって帰りたかったな。
 
最後は亀治郎(小栗判官)、照手姫(笑也)、段四郎(横山大膳)、猿弥(横山次郎)、薪車(横山三郎)、上杉安房守憲実(獅童)、横山太郎(右近)、今出川頼房(笑三郎)、近藤采女之助(春猿)と、主だった出演者が居並び、「これぎり」で幕となる。
 
獅童さんも右近さんも、格と美しさがさっきの役とは大違いで終わるから、なんかよかったな、という気分でした。
 
<上演時間>序幕42分(16301712)、幕間20分、二幕目74分(17321846)、幕間30分、大詰84分(19162040

|
|

« 10月演舞場夜の部:當世流小栗判官② | トップページ | フランスの漫画を見る:BDで楽しむルーヴル美術館展 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

SwingingFujisan様
 今晩は。私は夜の部を、日曜9日に見ました。やはり面白かったですね。亀治郎の三役、演じ分けが上手で、殆ど不満を感じませんでした。特に浪七の男らしさは、従来の女形くささがなく、猿之助襲名後の不安を吹き飛ばすもののと言えます。そして娘役はあくまで加役として演じた猿之助を明らかに凌駕する演技・適役だったと思います。本当に楽しみな役者ですね。
 今回改めて思ったのは、澤だか屋一門の演技力が一層あがってきていることで、行儀の良さもあり、本流の歌舞伎役者としての厚みすら感じられるようになってきたことです。特に、笑三郎の演技にそれを感じました。猿之助、故 藤間紫の薫陶の賜物でしょうか。ただ、それに比べ獅童のちゃり役は歌舞伎の枠組みをはみだしているのがやはり気になりました。

投稿: レオン・パパ | 2011年10月12日 (水) 23時40分

レオン・パパ様
おはようございます。コメントありがとうございます。
亀治郎さんの立役は違和感なくなりましたね。体型的には女形だと思うのですが、そこを演技力でカバーして大きさが出てきたと思います。娘役は、おそらく亀治郎さん本人も猿之助さんより上をいくという自負があるのではないでしょうか。
澤瀉屋一門はもっとあちこちで活躍してほしいですね。先月の松竹座でもその実力を発揮していましたし、今回演舞場で一門の顔が揃ったことは本当に嬉しいことです。笑三郎さんは昼の部の小万も素晴らしく、大きな役をどんどんやってほしいと思いました。
獅童さんは、やっぱり歌舞伎の基本からズレているのでしょうか。獅童ファンの私でも時々そう感じざるを得ないことがあります。楽屋オチの部分はともかくとして、橋蔵にちょっとそういうものを感じましたcoldsweats02

投稿: SwingingFujisan | 2011年10月13日 (木) 10時30分

本当に亀ちゃんは器用というか、何をやってもできてしまう人ですね。
三役とも良かったし、しかも浪七はニンではないと思っていたのに
最後の岩場での立ち回りや死にざまは壮絶で、気迫が迫ってくるように感じました。
浪七の場は「渡海屋銀平」と「俊寛」をあえて入れ込んで(パロディっぽくといいましょうか)作った場なのかなと思ったのですがそんな事はないのですかね?

一緒に行った初見2名は暴れ馬で関心したり、チャリ場で大笑いしたり
(出てくるだけで笑いを誘う猿弥さんの愛嬌が大好きです!)、
最後のドサ雪で声をあげたりとタップリ楽しめたようで、もう2回目を催促されております(笑)
演目の面白さもさることながら、イヤホンガイドの存在は大きいようで、
今何をやっているのか、どんな心情を表現しているのか、という事がよく分かりストーリーに集中できたようです。

また新たに初見の友達を連れていく予定があるのですが、何にしようかと悩み中です。いきなり「忠臣蔵」は面白くないでしょうし、中村座は高すぎるし、
今月の国立が来月だったら連れていきたかったのですが。。。

投稿: 林檎 | 2011年10月13日 (木) 11時36分

林檎様
こんにちは。コメントありがとうございます。
亀治郎さんの才気あふれる舞台でしたね。
小栗判官は、「義経千本桜」を意識したということをどこかで読んだような気がしますが、記憶違いかもしれません。でもきっと、誰もが知盛と俊寛を重ねますよね。

お友達も大喜びされたそうで、嬉しいです(お2人の様子が目に浮かびます)!!
イヤホンは時々感情をリードされるのが問題だなと思いますが、物語の背景や、衣裳などを知ることができるので、私も月に1回は借りています(とくに舞踊のときは)。
次回は12月の日生なんていかがでしょう。本当は今月の国立がベストなんでしょうけれどねえ。

投稿: SwingingFujisan | 2011年10月13日 (木) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/42469475

この記事へのトラックバック一覧です: 10月演舞場夜の部:當世流小栗判官③:

« 10月演舞場夜の部:當世流小栗判官② | トップページ | フランスの漫画を見る:BDで楽しむルーヴル美術館展 »