« 予備軍 | トップページ | 花形歌舞伎再見②:「一心太助」の可笑しさ »

2011年10月21日 (金)

花形歌舞伎再見①

1020日 芸術祭十月花形歌舞伎昼の部(新橋演舞場)
2
度見ても面白くて、3度目も、それも花道そばで…と欲張りたいところだけど、もう行かれる日もないし、がまんがまん。
「義賢最期」
今回は、この後の「実盛物語」(竹生島も含めて)とのつながりを深く感じながら見たせいか、心に残るものが前回に比べて大きかったように思う。
九郎助の背中に背中合わせに負ぶわれて刀を振り回している太郎吉が、後に実盛が討たれてやろうと約束するあの子なんだとか、義賢に源氏の白旗を託された小万が命にかえて守ったのだとか。義賢が小万に白旗を渡す場面は万感の思いが伝わり、泣けた。
末期の水の柄杓を義賢に渡し(水をあんなに求めていた義賢だもの、この場面にはいつもほっとする)、義賢の最期を見届ける小万には、笑三郎さんの好演もあってずいぶん泣かされた。
しかしこれほど壮絶で哀しい別れはあるだろうか。愛之助さんの孤軍奮闘ぶりにも感動した(義賢ってあんな長袴でよく戦えるなあ、とはナンセンスツッコミ)。進野次郎が義賢を後ろから羽交い絞め(舞台では腰に手を当てているだけ)にして階段を後ずさりして上がる場面では、薪車さんが愛之助さんの体と動きに気を配っている様子が見えたような気がした。派手な立ち回りはもちろんだが、こういうところも2人の呼吸が合わないと難しいのだろうなあと思うと、そこにも感動してしまう。
ところで、折平と小万と待宵姫の関係はどうなったの? 結局小万は折平に会えなかったの?(ここ、いつもよくわからない) 
「京人形」
前半と後半ががらっと変わる面白さ。その前半と後半もそれぞれに見どころたっぷりの面白さ。
澤瀉屋の人たちの芸というのはとても行儀がよく、それでいて巧まざるユーモアを発揮する。それがここでも生きている。
「京人形」と書かれた箱の蓋を甚五郎(右近)がはずし、人形(笑也)の姿が露わになると、そのあまりの美しさに客席から「わ~」という歓声があがった。
人形が前に出てきたのを不審に思った甚五郎が人形を抱きかかえて箱へ戻す時の笑也さんの体の動き(というか動かないというか)が本当の人形のようだった。
2
人の踊り、後半の立ち回り、30分という短い時間の中でたっぷり楽しんだ。

|

« 予備軍 | トップページ | 花形歌舞伎再見②:「一心太助」の可笑しさ »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/42618545

この記事へのトラックバック一覧です: 花形歌舞伎再見①:

« 予備軍 | トップページ | 花形歌舞伎再見②:「一心太助」の可笑しさ »