« 体調不良でも絶対見てよかった!! 顔見世夜の部① | トップページ | 勘九郎襲名公演の演目と配役 »

2011年11月26日 (土)

体調不良でも絶対見てよかった!! 顔見世夜の部②

1125日 顔見世大歌舞伎千秋楽夜の部(新橋演舞場)
「髪結新三」

白子屋見世先で、白子屋お常(萬次郎)・車力善八(秀調)・加賀屋藤兵衛(権十郎)の3人が結納のやりとりをしているとき、突然どこかでぴよぴよ音が鳴りだした(二階あたりから聞こえてくるように思った)。かなり大きい音で、ずいぶん長い間鳴ったあとやっと鳴りやんだが、いったい何だったのかしら。地震の警報音かもしれない、とドキドキして思わず携帯に目をやったが、電源は切っているし、座席内は電波がこないし、見たってムダだわね。
今回は新三の家の場面では、大家と新三の落語のような可笑しさに笑いながらも菊ちゃんの勝奴を重点的に見た。そうしたら前回見たときとは全然違う印象を受けた。勝奴は、ほとんどいつも新三から目を離していない。新三に背中を向けている時でさえ、新三に目を向けているように思える。弥太五郎源七や大家とのやりとりはどことなく小バカにしたような薄ら笑いを浮かべてじっと見ていて、もちろんいざという時には飛び出せるように身構えてはいるのだけど、新三を兄貴分として慕うだけではない狡猾さ、鋭さが感じられた。この男はちょっと間抜けたところのある新三より上のワルさ、抜け目のなさ(大家のナゾを新三より先に解いたしね)、さらには残忍さを秘めているのではないかしら。それと、これは私が間抜けなんだけど、おくまを乗せた駕籠と一緒にぱっと走ってきてぱっと駆け去るほっかむりの男が勝奴だって、今回初めて気が付いた。
新三は白子屋の門口で、おくまと忠七の話を聞きながらもう悪巧みが頭の中に出来上がっている様子が面白い。そうとも知らず、すっかり騙されて駆け落ちを決意していく忠七の心の動きがまた面白い。その忠七が「今頃はさだめて新三の手籠めにあっていることだろう」おくまを見捨てて死ぬ自分を許してと泣く忠七の絶望は哀れであった。源七に救われた命ではあるが、忠七のこれからの人生を思うと再び哀れになった。源七が「おっと、提灯の灯が消えるところだった」と慌てるところは、危ういところを救われた忠七の命と提灯の灯を重ねて面白いが、それがまた忠七の哀れさを募らせた。
しかし、戸棚の中におくまが押し込められていることはわかっているのに誰も扉を破って助けようとしないものなのかしらね。
善八が、祝言が決まったのを喜んで加賀屋へ伝えようと小走りになるところ、やっと解放されたおくまの駕籠に付き添って白子屋へ走るところ、秀調さんのいかにも気の小さい好人物ぶりが微笑ましかった。
菊十郎さんの絶品の鰹売りは、雨よりも新三のスッキリした浴衣姿よりも何よりも季節を感じさせた。
<上演時間>「外郎売」35分(16301705)、幕間15分、「娘道成寺」65分(17201825)、幕間30分、「髪結新三」130分(18552105

|
|

« 体調不良でも絶対見てよかった!! 顔見世夜の部① | トップページ | 勘九郎襲名公演の演目と配役 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

千穐楽・夜の部、私は珍しく1階の花道近くから見ましたよ!
髪結新三の冒頭、あの電子音は不気味でしたね。浮かれた着信音も困りものですが、あれは、えっ?緊急地震速報??なんて、ちょっと思ったりして。権十郎さんたちがお気の毒でした。
前回、1階3列の少し右寄りで見た時には、勝奴がちょうど新三の陰になって、表情などがよく見えなかったので、今回はもっぱら勝奴を見てました!! ほんとキャラの違い(cf松緑さん)で役のイメージが全然変わりますね。
それとおくまを乗せた駕籠と一緒に勝奴が花道を駆けてくるところ。ものすごいスピード感に驚きました。

弥太五郎源七の「老い」「落ち目」の苦さ、善八の「無邪気な善意」(えてしてこういうタイプが人を傷つけたりするのが現実?)などなど、ちょっと地味なところにもとてもおもしろみがあって、更に満足でした!

投稿: きびだんご | 2011年11月27日 (日) 00時45分

きびだんご様
こんばんは。
あらぁ、きびだんご様も千穐楽夜いらしたのね!! しかも花道近くってことは案外おそばでしたかしら。
あの音はなんだったんでしょうねえ。やっぱり地震関係かと思いますよね。客席もざわついたし、あれだけ大きい音だとセリフにもかぶるし、ほんと、役者さんがお気の毒でした。

きびだんご様ももっぱら勝奴をご覧になっていた--私の比較は染五郎さんで…。しかし菊ちゃんの勝奴は<いい男>でしたねえheart04
そして勝奴の走りの速かったこと!! 風のように駆け抜けていった…ただあんぐりと口をあけて見送る私coldsweats02

源七は今回「老い」が強調されているような気がしました。相手と同じ土俵に立たなかった大家と立ってしまった源七、その違いも面白かったです。
善八についてのコメント、同感です!!smile

投稿: SwingingFujisan | 2011年11月27日 (日) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/43155681

この記事へのトラックバック一覧です: 体調不良でも絶対見てよかった!! 顔見世夜の部②:

« 体調不良でも絶対見てよかった!! 顔見世夜の部① | トップページ | 勘九郎襲名公演の演目と配役 »