« 半四郎さんに続き芦燕さんも逝去 | トップページ | 中村座の2月、3月 »

2011年12月27日 (火)

今頃だけど平成中村座昼の部

1222日 平成中村座昼の部(平成中村座)
今頃になってだけど、一応自分のために記録しておかなくては。しかし桜席で咳が止まらなくなったらどうしようと心配しながらの観劇は、咳は不思議と出なかったもののかなりきつくて、さっとだけ。
「車引」
菊ちゃんの声がひどくてビックリした。時間が経つにつれ徐々に出るようになっていったけれど、最初なんてほとんど声が出ていない。出てもしゃがれ声で、出ずっぱりの菊ちゃん、いったいどうなっちゃうんだろうと心配でたまらなくなった。
自分の体調のほかに菊ちゃんの体調が気になって、桜丸がいいのかどうかあんまりわからなかった。
勘太郎さんの梅王は勢いがあって、姿勢が低くてとても見ごたえあった。
彌十郎さんの松王は大きくて立派だし、さすがに一日の長があるが、若い2人とのバランスという点でどうだっただろうか。
亀蔵さんの時平は不気味さは十分あったが大きさにやや不足を感じた。
虎之介クンの杉王丸はまだ勉強中といったところだろうか。こういう経験を積むことが大事なんだと思った。
山左衛門さんの金棒引きのいかにも「虎の威を借る」的な感じが時平の権力を表していて面白かった。
「賀の祝」
松也クンの女形、久しぶりなような。最近体型的に女形は無理かなあと思っていたが、意外とスッキリして見えて松王の女房としての落ち着きが感じられてよかった。
亀蔵さんの松王と勘太郎さんの梅王のケンカはまったく子供の喧嘩で笑った。これまで松王というと体の大きな人が多かったと思うので亀蔵さんはその点ちょっと物足りなさがあるが、そうした先入観を除けば、また松王が次男であると思えば、よい松王だったのではないだろうか。
勘太郎さんの梅王はここでも見事。
菊ちゃんの桜丸はやっぱりよくわからない。私には菊ちゃんは本性的に明るいように思えて、意外と合わないんじゃないかとも思うし、いややっぱりニンだよなとも思うし…。
わが子に切腹の小刀を渡す白太夫(彌十郎)の心情がたまらない。

「寺子屋」
菊ちゃんの武部源蔵からは、悩み、身代りを見つけた喜びと小太郎に対する申し訳なさ、しかし主君の子を守る強い決意と覚悟が伝わってきた。菊ちゃんの声はまだしわがれてはいるが、最初よりよほどよくなっていた。
勘三郎さんの松王とのバランスがまたよい。2人ともやわらかく丸みを感じさせて、こういう小屋でこういうコンビを見るのはなかなかいいなあと思った。勘三郎さんの松王には子への情が深く籠められていたが、ただ、小太郎が笑って死んでいったと聞かされて松王が泣き笑いに入る前の笑いが私の耳には少し品がなく聞こえたのが残念だった。
亀蔵さんの春藤玄蕃は安心して見ていられる。
扇雀さんの千代がうまい、と思った。
なかなか珍しい顔合わせで、貴重な「寺子屋」を無理してでも見てよかった。

私の風邪はなかなか治りません。5日分の薬を飲み終えて、もう一度医者に行って薬も増やしてもらったけれど、あんまり症状が改善しない。ただの風邪だっていう診断なんだけど。

|
|

« 半四郎さんに続き芦燕さんも逝去 | トップページ | 中村座の2月、3月 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

いつもいい条件(客席の環境、自分の体調エトセトラ)で見たいのはやまやまですが、なかなかそうもいかないですよね。
私も二日目に見た時には、大雨の中を行き他にもモロモロ集中できない要因もあったりして、ちょっとなぁ・・・なんて思ってました。昼を2回見るのならその分、夜を増やせばよかった、とも。でも、千穐楽に見た時は、ずいぶん印象が変わって、(菊ちゃんの声を差し引いても)単純に菊之助・桜丸、勘太郎・梅王丸、そして勘三郎・松王丸を楽しみ、味わったのでした。私は源蔵よりもだんぜん桜丸が気に入りました。
年末年始、何かと気ぜわしい時ではありますが、ここでしっかり静養してくださいね。SwingingFujisanさまはすごく真面目な方だと思うので(そういうところが好きというか信用できる)、あれこれしなくちゃとお思いでしょうが、ここはズボラになって、来るべき新年の歌舞伎ラッシュにそなえて下さい。
また来年も素晴らしい舞台にたくさん出会えますように!(と、〆の挨拶をしてますが、まだお邪魔するかもbleah

投稿: きびだんご | 2011年12月29日 (木) 11時14分

きびだんご様
こんにちは。コメントありがとうございます。
中村座を見るといつも、雨の日はさぞ大変だろうなあと思います(舞台のセットも、小屋に当たる雨音も、観客の装備も)。確かにちょっと気がそがれる部分があるかもしれませんね。
菊ちゃんは桜丸のニンなんだろうなあとは思うのですが、鬱々と内へ内へと悩む男を見るのが私はあんまり好きじゃないから、「賀の祝」の桜丸そのものが今一つ胸にひびいてこないんだと思います。まったくの偏見ですね、申し訳ない。
それとやっぱり体調のいい時に見たかったですわ。ちょっとよくなるとすぐに何かしてしまうのがよくないんですねえ、きっと。でもやることがいっぱいあると思うと、ゆっくり寝てもいられなくなるんですよ。なるべく、ズボラになるように気を付けます(いえいえ、本当は普段から超ズボラだから、年に1回くらいちゃんと掃除でもしようかな、なんて思っていたんですけれど…体調不良を口実にサボってしまおうbleah)。
バイタリティー溢れるきびだんご様も、健康にはお気をつけてくださいね。
お互い、体調よくいいお芝居をたくさん見られますように。

投稿: SwingingFujisan | 2011年12月29日 (木) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/43532502

この記事へのトラックバック一覧です: 今頃だけど平成中村座昼の部:

« 半四郎さんに続き芦燕さんも逝去 | トップページ | 中村座の2月、3月 »