« 朝、出かける前の1時間 | トップページ | 知り合いに会いませんように »

2012年1月19日 (木)

臨場感に胸がどきどき:平成中村座昼の部

117日 平成中村座昼の部(平成中村座)
中村座は遠いけれど、朝の陽を浴びながら冷たい空気を頬に受けながら隅田川沿いを歩くのはイヤじゃない。でも昨日の今日だから、ちょっときつい。
「鳥居前」
萬太郎・義経、梅枝・静という嬉しい配役。萬太郎クンは童顔で損をしている部分もあるが、声もセリフもよく、若いながら義経の風格のようなもの(上に立つものが持っている何か)が感じられた。梅枝クンは古風な美しさ、可憐さ、別れを嘆くはかなげな風情がなんともいい。
NHK
の「ヒストリア」で義経と静の吉野山の別れをやっていたが、芝居とは違って雪の吉野だった。ここから先は女人禁制だとか厳しい雪の山道だから連れて行かれないとか。そしてこれが2人の永遠の別れになったそうだ。そう思うと歌舞伎では後に再会できるのがほっとする。
亀蔵さんは花道を飛び出してきたとき、節分のオニかと思っちゃった、なんて言ったら申し訳ないか。拵えがそんな感じだったんだもの。弁慶を亀蔵さんで見ることができて、やっぱり中村座はいいなあと思う。
山左衛門さんの早見藤太がユーモラスで存在感があって面白かった。獅童さんの花道の登場は堂々と立派で、大きく頼もしい。華もあるし、惚れ惚れした。歌舞伎の獅童さんを堪能した。
でも立ち回りは先日の試演会出演者にどうしても目がいってしまう。彌紋さんは、小柄な体を活かして大活躍だった。
最後の忠信の狐六方は幕外になるので、桜席の客は見えるところまで移動して見た。小さな小屋での狐六方にはたまらなく胸がきゅんとした。
「身替座禅」
傳左衛門さんが演舞場と掛け持ちしていた(演舞場の傳左衛門さんの吠えが萌えなんである)。ほんと、今月は掛け持ちが多くて大変ね。
獅童さんの太郎冠者は忠信を見た直後だから普通でかわいい感じがした。獅童さんのこういう役なんて見た記憶がないけれど、なかなか面白い。
勘三郎さんの右京を見ちゃうと、やっぱりこの役は勘三郎さんだよねえ、と思ってしまう。これほど自然な愛敬と色気は勘三郎さんにしかないんじゃないか、と思えるのだ。やっと何も考えずにできるようになった、と先日言っていたが、本当に自然。
彌十郎さんは控えめな化粧で、化粧で笑わせようという意図がないのが好もしい。愛情が強すぎる奥方の滑稽さ、悲しみがこちらも自然に出ていた。
「鳥居前」もそうだが、こういう芝居は正面から見るべきかも。 

「雪暮夜入谷畦道」
 
最初の蕎麦屋は客の男2人が蕎麦を食べている場面から幕が開くが、この人たち、幕が開くずっと前からちゃんと蕎麦を一杯ずつ手にしてちゃんと食べているのだ。蕎麦をすすっているうちに開幕の時間が近づく。程よいところまで箸を進めたら、そこで幕開きを待つ。そして幕が開くと同時に再び残りの蕎麦をすすって、席を立つ。幕開きに見せる分だけ食べているのかと思っていたから、へ~と驚いた。
 
さて私がこれまでに見た直次郎は菊五郎さんと染五郎さんくらいかしら、この2人とはタイプの違う橋之助さんだけど、この直次郎が骨太で実にカッコよかった。骨太・大柄でも芝居は大味でなく、丁寧で細かい心情がよく表れていて、見る者を惹きつける。
 
七之助さんの三千歳がまたよかった。しっとりとした大人の女の情と激しい若い熱情がないまぜになって直次郎を慕う気持ちが強く伝わってきた。
 
亀蔵さんは田之助さんの後を継ぐ丈賀として期待できる。持ち役になると思った。
舞台が小さいので、立ち回りも踊りも臨場感があって、胸がどきどきするのが中村座。

<上演時間>「鳥居前」40分(11001140)、幕間25分、「身替座禅」55分(12051300)、幕間20分、「雪暮夜入谷畦道」蕎麦屋35分(13201355)、幕間5分、大口屋寮35分(14001435

|

« 朝、出かける前の1時間 | トップページ | 知り合いに会いませんように »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

中村座、いらしたんですね♪
なんとなく、SwingingFujisanさまは今月都内中村座以外制覇か~と思ってました!
秋頃に七之助さんよりときめく役者さんが出現☆
七子なのに、“七”子じゃなくなってるこの頃です…
でも中村座は別格なので、毎月通っておりますよ。。。
そんな感じなので、勝手に「今月は見事にSwingさまとかぶらないな~」と思っていたので、中村座いらしたと聞いてうれしく思っております。
浅草や演舞場のレポ読ませていただき、やっぱり行けばよかったかな~と後悔しつつ、でもSwingさまのレポで想像して楽しんで終わりにします。勘九郎襲名でこれからおサイフが大変そうなんですもの。。。
後輩ちゃん二人、明日人生初歌舞伎で浅草昼の部に行きます。感想が楽しみです!
話があちこちとびますが、メイク、私は妹夫婦(秋にあの彼と結婚しました♪)と食事行く時はアイライナーひかないので、たまに外で会うと「顔ちがうよ」って義弟に言われます…

投稿: 七子 | 2012年1月19日 (木) 19時21分

七子様
こんばんは。コメントありがとうございます。
中村座は萬屋兄弟が出るんですもの、外すわけにはいきませんのよcoldsweats01 中村座はまだ夜の部がありますし、あとは玉様もこれからです(えへへ、やっぱり都内制覇ですわ)。

浅草へはぜひいらしてほしかったわ~。亀治郎さんの卒業公演ですし、愛之助さんが素晴らしい伊左衛門を見せてくれていますし。後輩のお二人もきっと喜ばれると思います。

「七」子さまじゃなくなっているときめく役者さんはどなたでしょう。気になりますぅ~。そのうち「七子あらため○○です」なんていうコメントをいただいたりして?smile

襲名公演の3月、お金かけても通いたいです!! チケットが取れれば、ですけれど。1月といい2月といい(遠征を3つ入れちゃいました)、3月といい、そして4月といい(国立に通います)、本当に歌舞伎貧乏になりそう。5月はまだわかりませんが6月は又襲名公演ですしね。

妹さんのご結婚、おめでとうございます!!

「顔ちがうよ」っていうくだり、吹き出してしまいましたhappy01 

投稿: SwingingFujisan | 2012年1月19日 (木) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/43796288

この記事へのトラックバック一覧です: 臨場感に胸がどきどき:平成中村座昼の部:

« 朝、出かける前の1時間 | トップページ | 知り合いに会いませんように »