« 大奮闘、立役亀治郎の魅力全開①:新春浅草歌舞伎第一部 | トップページ | アツくなれなかった「三人吉三」 »

2012年1月15日 (日)

大奮闘、立役亀治郎の魅力全開②:新春浅草歌舞伎第二部

112日 浅草歌舞伎通し:第二部(浅草公会堂)
 
第一部と二部との間に休憩室(?)で天むすをいただく。歌舞伎座時代にはしょっちゅう買っていたあの天むす!! こうして時間がつぶせれば通しも楽。
 
「お年玉ご挨拶」
 
今回は春猿さん。
17
年前、昨年、今年と浅草は3度目。昨年も言ったが、浅草の町全体で芝居を盛り上げている。ことしもそういう浅草歌舞伎に出していただくのは日ごろご支援いただいているお客様のおかげ。
 
昨年からがらっと変わったことがある。それは平均年齢が下がったこと。フレッシュで皆さんお肌もぴちぴち。立役はイケメン、女形は美女揃いで私なんかが出ていいのか恥ずかしいくらい。私も若い方のエキスを吸収したい。体は40代でも心は1020代でやりたい。
 
私自身は30分でも喋りたいが、この後の芝居ですぐに登場するので早々に戻って来いと言われている。そこでプログラムとイヤホンをぜひ!!
皆様、熱きご声援を。そして至るところで拍手を。(と春猿さんが強調したものだから、本当に至るところに拍手があって、そこまでしなくても…という気もしないでもなかった)
 
「敵討天下茶屋叢」
 
前に幸四郎さんで見た時は、申し訳ないながらちっとも面白いと思わなかったこの演目、今回は面白くて楽しくて笑って笑って。
 
春猿さんはびっくりするほどの早拵えで、確かに幕開きすぐの登場。しっとりと美しい。若手の中で大人の女の魅力ね。
 
亀ちゃんはふざけるところはふざけて、締めるところは締めて、元右衛門という人物を魅せていた(しょぼい小悪党なんだけどね)。元右衛門が源次郎(巳之助)と葉末(壱太郎)と染の井(春猿)に囲まれて殺される前、何とか見逃してもらおうと巳之助クンにおべっか使ったり、春猿さんに「韓流スターが好きだから」と誰だかの写真をあげたり、「さっき挨拶で若くなりたいって言ってたから」とパックを懐へ押し込んだり。巳之助クンも春猿さんも客席には背中を見せて立っているのだけど、その背中が震えているのがわかる。それがまた可笑しくて。
 
やがて白い神馬に乗った元右衛門は小栗のパロディ?(小栗は照手と2人乗りだったっけ)
 
男女蔵さんの弥助が落ち着いた温かみがあって意外と(意外と、なんて言ったら失礼か)よかった。
 
亀鶴さんの伊織、愛之助さんの東間三郎右衛門、薪車さんの幸右衛門はさすがにうまい。亀鶴さんは悪役もいいけれど、こういうはかなげな役もいい。しかし、それにしても伊織・源次郎の兄弟は武士にしてはスキが多すぎる。
 
<上演時間>「ご挨拶」5分(15001505)、「敵討」序幕40分(15051545)、幕間10分、二幕目50分(15551645)、幕間25分、大詰85分(17101835

歌舞伎の上演時間もこれくらいだと楽なんだけどなあ。

|
|

« 大奮闘、立役亀治郎の魅力全開①:新春浅草歌舞伎第一部 | トップページ | アツくなれなかった「三人吉三」 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

昨日行ってきました。馬に乗るのは大根を持ってたから矢の根かな?と思いました。あと、絵馬の後ろに隠れてて、っていうのが三人吉三の天女のパロディ?
最後死んだ後も春猿さんの袖をぎゅっと持ったままで笑い取ってました~昼の部も楽しみ♪

投稿: urasimaru | 2012年1月18日 (水) 09時30分

urasimaru様
そうです、そうですよ!! 矢の根ですよ!!
白馬と亀治郎で単純に小栗にいってしまい、大根のことはすっかり飛んでいました。
絵馬に隠れるのは、三人吉三もそうだし、八百屋お七もそうでしたよね。もっと探せばパロディがいっぱいあるかもですね。
亀ちゃんのはじけっぷりが楽しいです。

投稿: SwingingFujisan | 2012年1月18日 (水) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/43750656

この記事へのトラックバック一覧です: 大奮闘、立役亀治郎の魅力全開②:新春浅草歌舞伎第二部:

« 大奮闘、立役亀治郎の魅力全開①:新春浅草歌舞伎第一部 | トップページ | アツくなれなかった「三人吉三」 »