« 歌舞伎襲名A to Z:東京新聞記事から | トップページ | 演舞場夜の部再見 »

2012年1月24日 (火)

姿だけじゃない早替わりに感心:平成中村座夜の部

122日 平成中村座夜の部(平成中村座)
 
今日の桜席は2列目だったけれど、そこそこ悪くなかった。
 
「寿曽我対面」
 
勘三郎さんの十郎がやわらかみがあって品が良くて、若々しくて高い声がとてもきれいで、とても素敵だった。
 
橋之助さんの五郎は体が大きくて、動きも勢いがあって迫力たっぷり。十郎とのバランスもよかったと思う。
 
彌十郎さんの工藤が立派。見栄えがする。
 
新悟、七之助の女性陣もきれい。幕開き前に、2人の前帯に垂らす帯を差し込んだり(なるほど、遊女の衣裳ってああいう風になっていたんだ)。小林朝比奈のなが~い刀をしっかり差したり、役者さんの準備風景を興味津々見た。
 
山左衛門・いてうの梶原親子もよい。
 
獅童さんの小林朝比奈が意外と元気が足りないように私には思えたけれど、そんなことなかったかしら?
 
衣裳をつけた「対面」はやっぱり華やかである。目出度く幕が閉まると、勘三郎さんがこちらに軽く目礼してくれた(うれしっ)。
 
「於染久松色読販」
 
福助、亀治郎で見て、今度の七之助で3度目であるが、七之助さんの七変化も非常に魅力的で、舞台に引き付けられた。早替わりは早い。とにかく「早いっ」。早替わりでいつも感心するのは姿の変化だけではない、瞬間的によくその役になれるなあということ。声、話し方、動き、心持、そのどれかが他の役と混じってしまっては芝居にならない。そばで見ているから舞台奥に駆け込む姿やある程度のウラが目に入る。それだけに一瞬の変化により感心するのだ。七役どれもに七之助さんの努力の跡が見える。私はとくにお光狂乱が3度の中で一番良かったと思う。
 
大詰の道行は、吹替えの役者さんの顔がモロに見えるので興醒めという人もいるだろうが、私のような野次馬にはかえって興味深かった。傘の中でお染と久松が入れ替わるのは目の前で、しかも上から見ているのにどういう仕掛けになっているのか全然わからなかった。
 
今月は山左衛門さんといてうさんのうまさが印象に残った。ここでの山左衛門さんは鈴木弥忠太、いてうさんは丁稚久太。どちらも芝居を崩すことなくユーモラスで存在感があってよかった。
 
それから小山三さんのお元気な姿を見られたのが嬉しかった。登場するだけでその役の雰囲気が伝わるのが素晴らしい。
 
舞台にも工夫がこらされ、とくに回り舞台がないのに橋本座敷から小梅莨屋へと巧みにセットをまわしていたのが見事だと思った。ただ、善六が嫁菜の藁苞に隠した午王吉光の折紙があまり生きていないような気がした。というのは、前に見たときは、どこかで久作が折紙の存在に気づいて驚く場面があったように記憶しているのだが、今回はいつの間にか久作が手にしていたような…(居眠りしていて気付かなかったのかな)。
ところで、昨日のような悪天候の時は、大道具とかどうするのだろう。どんなにか大変だろうなあ。

 
<上演時間>「対面」50分(16001650)、幕間30分、「於染久松」序幕55分(17201815)、幕間5分、二幕目40分(18201900)、幕間20分、大詰35分(19201955
120124bus

帰りの無料バス。いつもは普通の都バスなんだけど。座席のカバーにパンダの耳がついていて中もかわいかった。

|

« 歌舞伎襲名A to Z:東京新聞記事から | トップページ | 演舞場夜の部再見 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

亀ちゃんで見たばかり(…ばかりでもないですかね…)なので、どうかな~と心配してたのですが
SwingingFujisanさまに合格点をいただけてよかったです♪ついつい見守り目線で見てしまうので。。。
七之助さん、よかったですよね!まわりのお客さんも「楽しかった~」とコーフン気味に帰っていかれたので、私までほっとしました。
七之助さんのお舞台は、目が合ったらどうしよ~きゃっ☆てなアホなドキドキと、あとまたいろいろ心配もしてしまうドキドキで、なかなか平常心では見られませんわ!
ところで、初歌舞伎の後輩ちゃんですが、楽しかったみたいです♪歌昇くんがイケメンだったとのこと♪生の亀ちゃんにもコーフンしてましたよ!テレビによく出る人ですよね、って。上手でおもしろかったって。
やっぱり浅草は歌舞伎人口増やすのに大きい存在ですね!!

投稿: 七子 | 2012年1月24日 (火) 22時54分

七子様
こんばんは。コメントありがとうございます。
コメントをいただいてから一昼夜近く経ってしまい、ごめんなさい!!

七之助さんは2年半前の桜姫で大きく成長しましたね。あれからも精進されたのでしょう。7人の人物を演じ分けるのはただでさえ難しいのに、一瞬のうちに違う人物になるという難役を見事にこなされていました。
七子様がドキドキしながらご覧になるお気持ちは、よくわかりますわ。私ももっと若ければ…smileなんてね。

後輩の方が歌舞伎を楽しまれてよかった!! 間違いなく楽しまれるだろうという確信通りで嬉しいです。歌昇クン、人気ですねhappy01 今後も浅草歌舞伎が発展していくことを願い、また応援していきたいと思っています。

投稿: SwingingFujisan | 2012年1月25日 (水) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/43855326

この記事へのトラックバック一覧です: 姿だけじゃない早替わりに感心:平成中村座夜の部:

« 歌舞伎襲名A to Z:東京新聞記事から | トップページ | 演舞場夜の部再見 »