« 博多座千穐楽昼の部③:「天竺徳兵衛」その二 | トップページ | 博多座千穐楽夜の部①:「華果西遊記」その一 »

2012年2月28日 (火)

博多座千穐楽昼の部④:「天竺徳兵衛」その三

226日 二月花形歌舞伎千秋楽昼の部(博多座)
「通し狂言 天竺徳兵衛新噺」(てんじくとくべえいまようばなし)
★二幕目第一場「小幡の里螢ヶ沼の場」

磯平がかつての朋輩・小平次を頼ろうと小幡の里にやってくる。小平次は今川家の家臣であったが、奥勤めのおとわと恋仲になり、主家を追われて郷里に戻ったのであった。
ところが、このおとわという女が極悪人で(どうして小平次はこんな女と一緒になったんだろう)、小平次の留守の間に馬市の多九郎といい仲になっている。2人は悪徳医師(欣也)と組んで小平次を亡き者にしようと画策するが、小平次はしぶとくなかなか死なない。無惨に斬られ、沼に沈められ、もうダメかと思うと浮かび上がってきては多九郎の足や杭にしがみつく。気の毒な小平次ではあるが、そのしぶとさは薄気味悪いほどである。ついに、おとわが杭にしがみつく小平次の5本の指を斬り落し(刀でぐしぐしshock エグすぎるshock トラウマになりそう)、小平次の命は尽きる。
ところで、どういうわけか、浪頭の名鏡は多九郎の手に入っていたのだが、今川家の重臣・尾形十郎が通りかかり、闇にまぎれて逃げるうち(右近、猿弥、欣也、亀治郎4人のだんまり)、鏡は沼に落ちてしまう。
ここは、小平次とおとわ2役の亀ちゃんの早替り。予期していなかったので、本当にびっくりした。多九郎は最初、馬子に絡まれて困っていた磯平を助けたりして人間の大きな侠客(三婦みたいな)に見えたのに、こんなに悪いヤツだったとはbearing 猿弥さんはどっちにも見えるからなあ。
★二幕目第二場「小幡の里小平次内の場」
おとわと多九郎は悪徳医師の毒薬で小平次の父正作と妹おまきを殺そうと計画している。そこへ尾形十郎がやってきて一夜の宿を乞う。正作が小平次を案じていると、十郎が素性を明かし、小平次惨殺の事実を知らせる。
で、ここで強行軍の疲れが出て、少しsleepy(♪人は誰でも~・・・スキマ風です。つまらんギャグでごめん) 気が付いたらおまきが父親に縛られて外の柳の木に括りつけられているところであった。なんで? あとで筋書きを見たら、おまきが十郎に一目惚れ、しかし十郎は小平次の主筋とあって父親が許さなかったらしい(そうわかっても、やっぱりよくわからない)。
小平次は幽霊となって多九郎とおとわを脅かし、十郎には沼に沈んでいた名鏡を手渡す。そして多九郎は十郎の手によって、おとわは小平次の亡霊によってついに絶命する。
おとわの亀ちゃんは土手のお六みたいだけれど、こっちのほうが断然悪女。春猿さんに「姉さんは悪婆」と言われていた。幽霊の亀ちゃんとおとわの早替わりがすっごく早くて思わず「おお~っhappy02」と声が出てしまった。幽霊の亀ちゃんは恨みを晴らすというより楽しそう。
右近さんがカッコいい。
★大詰第一場「肥前国松浦潟船櫓の場」
大薩摩の演奏、浅葱幕が振り落されると、枝折姫と大宰府の権の師・西ノ宮の中納言が、船櫓から海を眺めている。枝折姫は中納言に救われていたのであった。ん? 枝折姫まんざらでもないのか?gawkという様子。
ところが枝折姫に言い寄る中納言が引き出物として浪切丸を差し出したことから、枝折姫は中納言が徳兵衛であることを悟る。中納言徳兵衛は枝折姫を葛籠に押し込める。
船櫓の下には尾形十郎がいて、ここは楼門五三の桐の五右衛門と久吉をそのままパロディ(久吉の和歌もぱろってた)。船櫓もまるで楼門みたいだったし。徳兵衛は赤い舌を出していた。

★大詰第二場「肥前国松浦潟海上の場」
徳兵衛のために没落した今川家では左馬次郎が名鏡と浪切丸を探していた。左馬次郎が小舟で唐津を目指していると、葛籠の乗った舟が近づいてくる。葛籠から出ているのは枝折姫の袖。しかし駕籠は空へと飛び、中から徳兵衛が姿を現し、悠然と去っていく。「葛籠しょったがおかしいか」のセリフも五右衛門と同じ。
★大詰第三場「肥前国唐津梅津館奥庭の場」
葛城は梅津館に匿われていた。庭に出て花を眺めていた葛城だが、突然雷鳴がして気を失うと、花作りの鳴雷(なるかみbleah)が口移しで水を飲ませ介抱する。葛城は色仕掛けで鳴雷の正体を暴く。五右衛門のあまりの直パロディに対して一ひねりしたパロディsmile 葛城は徳兵衛に斬りかかるも返り討ちにあい、自らの胸を突く。そしてその血を徳兵衛に浴びせる。そこへ梅津桂之介、今川左馬次郎、枝折姫、尾形十郎、磯平がやってくるが、徳兵衛の術が利かない。葛城が一命を擲ったことで、徳兵衛は潔く本名を名乗り、葛城の供養にと浪切丸を差し出す。今川家には重宝が2つとも戻り、枝折姫と桂之介は結婚するであろう。めでたしめでたし。亀ちゃんが右近さんと春猿さんの頭上で「大入」の文字を描き、三段の見得で幕。
立役の春猿さんがとても爽やかできれい。水も滴るという言葉がぴったり。
★カーテンコール
拍手が鳴りやまない。
すると、再び幕が開き、大詰の6人が再登場。亀治郎さんと右近さんが手をつなぎ、その後から春猿さん、笑也さん、弘太郎さん、門之助さんの順で花道へ。右近さんはここでも懐からウコンの力を取りだし、アピールしていた。死んじゃった葛城の笑三郎さんと多九郎の猿弥さんの姿がないのが寂しかったけれど、客席と舞台が一体となって盛り上がって、ほんっとに楽しかった!!
<上演時間>「ご挨拶」5分(11001105)、「天竺徳兵衛」序幕第一場15分(11051120)、幕間5分、序幕第二・三場55分(11251220)、幕間30分、二幕目65分(12501355)、幕間20分、大詰45分(14151500

|
|

« 博多座千穐楽昼の部③:「天竺徳兵衛」その二 | トップページ | 博多座千穐楽夜の部①:「華果西遊記」その一 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/44285015

この記事へのトラックバック一覧です: 博多座千穐楽昼の部④:「天竺徳兵衛」その三:

« 博多座千穐楽昼の部③:「天竺徳兵衛」その二 | トップページ | 博多座千穐楽夜の部①:「華果西遊記」その一 »