« 映画「荒川アンダーザブリッジ」 | トップページ | 勘九郎襲名披露中村座初日夜の部②:口上 »

2012年3月 4日 (日)

勘九郎襲名披露中村座初日夜の部①:「傾城反魂香」

33日 中村勘九郎襲名披露三月大歌舞伎初日夜の部(平成中村座)
博多座へ行ったのがついこの間のような気がする一方で、歌舞伎のない1週間がとても長く、待ちわびたこの日。
入口の左右両側に、演舞場にもあったお祝いの飾り絵馬がずら~っと並べられていた。東京事変からの絵馬もあったよ。
お祝いの幕は演舞場とは変わって若鶴会からのものだったけれど、写真は失敗したので次回に。
「傾城反魂香」
初日で土曜日ということもあってか、桜席の1列目は取れず、2列目の奥のほう(左側)になってしまったが、このお芝居は、桜席(とくに左側)で見るものではないなあと思った。桜席の人は土佐将監の座敷内が見えないからと、1つずつ梅席のほうに移動したが、2列目だと座敷よりも虎がほとんど見えない。伸び上がって何とか頭だけは見えたが、村人たちは声はすれど姿は見えず。花道も全然見えないのよね~bearing
それから、おとくはこちらに背中を向けていることが多く、私の聴力が衰えていることもあろうが、セリフが耳まで届かず聞き取れないことが間々あった。
極め付けは、手水鉢を突き抜ける絵がまったく見えないこと。お話はわかっていても、実際に見えると見えないじゃ感動が違う。
そんなわけで、イマイチな「ども又」ではあったが、勘三郎さんのおとくの献身ぶりに胸が熱くなった。夫の世話を焼き、夫のかわりに土佐将監へ訴え、夫に最後の自画像を描くことを勧め…、いつも2人で寄り添って生きてきたであろう愛情がどの場面でも全身から滲み出ていた。
仁左様の又平は言葉の出だしは吃るものの、その後の発音がきれいで、あまり言葉に不自由している感じはしなかった。しかし絶望のあとの喜びの愛敬にはこちらまでにこにこしてしまう。おとくの指先を目で追って手水鉢の表側に突き抜けた絵を見て驚いたあと、もう一度確認しようとして、なかなかそれができない、恐る恐る手水鉢に向き合う又平――こちらもドキドキしてしまった。
土佐将監は亀蔵さんで、線はやや細いものの、師匠としての心持がよく出ていたと思う。弟子の手柄を喜ぶ様に、将監は本当は好人物であることが感じられる。
ところで、この中村座版には将監の北の方が出てこない。又平夫婦が訪ねてきたときに応対するのも、将監が紋服を下される時に世話するも下女のおなべ(嶋之亟)である。又平が紋服を見につけるときはおとくと2人で手伝っていた。これまで北の方はそうそう見せ場もないし、添え物的な感じも受けないではなかったが、この様子を見ていて、北の方の存在の大きさを知った気がした。意外にも北の方がいないのが将監の重みを損なっているように思ったのである。 

最後は花道が見えないうえに定式幕が閉まってるから、又平夫婦の引っこみに関しては蚊帳の外(声もあんまり聞こえない)。しょうがないから幕の内を見ていたら、舞台が客席から隠れたとたん、亀蔵さんは座敷からダッシュで袖へ姿を消した。その早いことsmile

|
|

« 映画「荒川アンダーザブリッジ」 | トップページ | 勘九郎襲名披露中村座初日夜の部②:口上 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

松嶋屋型では北の方はでませんよね
こちらの方が原作に近いはずです
その他にもいくつか演出の違いがあるはずです
今思い出せないのが情けないですが
又平夫婦が登場するタイミングも東京(6世菊五郎系)と松嶋屋さんとは違うはずです。
当代は折衷型になっているかもしれませんが
今度(3/18)観る時の楽しみにしたいと思います。

投稿: うかれ坊主 | 2012年3月 6日 (火) 18時46分

うかれ坊主様
こんばんは。コメントありがとうございます。
そうですか、松嶋屋型は初めて見ますので存じませんでした。
もう一つ、いつもと違うように感じたのは、又平夫婦が将監を訪ねてやってきたとき、虎を消した手柄で土佐の苗字と印可の筆を修理之助に与えたことを将監自らが上機嫌で又平夫婦に語ったことです。それも確か、庭に降りてきて(だったか、庭にいるときに又平夫婦が来たのだったか)。これも北の方が出ないからなんでしょうね。

投稿: SwingingFujisan | 2012年3月 6日 (火) 21時53分

3/18に観ました
通常と違う点を思いつくまま挙げてみます
間違っていましたらごめんなさい

①将監が虎の確認を座って行っていました(通常は立ったままです)
②入れ歯に座る向きが下手を向いていました(おとくと顔が合うようになっています)通常は正面向きと思います
③「手も2本」が「腕も2本」になっていました
④その際、又平は立っていますが座ったままでした
⑤又平が手本鉢に映る顔を正面だけではなく、顔を左右に振って確認していました
⑥筆に墨を入れ、いざ書くときに手本鉢の下手寄りに座って客席から又平の全身が見えるようになっていました
⑦「かか抜けた」の「抜けた」をさらっと自然に言っていました。通常は大きく言うところだと思います
⑧台頭の舞で 調子が違うと又平がダメを出すやりとりがありませんでした

おとくは石持の帽子付きですが、さらに白い結びを付けていました

むかしむかしは鼓の変わりに手拍子だったようです
この方は愛情を感じて好もしいようにも思いますが今はだれもやられませんね

6代目が新解釈で吃又を演じたことになっていますが、松嶋屋(11世)がそれ以前に同じように始めたというのが13世の芸談にありました。

(PS)
夜の部には渡辺えりさんと志の輔さんが来てました

投稿: うかれ坊主 | 2012年3月19日 (月) 00時39分

うかれ坊主様
たくさんのご指摘、ありがとうございます。私などミーハー観劇ですので、ちっとも気が付きませんでした(座席の性質上、見えない部分もありましたが)。あ、「かか、抜けた」は確かにそうだったような記憶があります。
もう一度見る予定ですので、次はご指摘の点に注意したいと思います。
鼓のかわりに手拍子というのは又平夫婦らしくていいかもしれませんね。

うかれ坊主様は又有名人とご一緒でしたのねhappy01

投稿: SwingingFujisan | 2012年3月19日 (月) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/44358114

この記事へのトラックバック一覧です: 勘九郎襲名披露中村座初日夜の部①:「傾城反魂香」:

« 映画「荒川アンダーザブリッジ」 | トップページ | 勘九郎襲名披露中村座初日夜の部②:口上 »