« 今日は俳優祭の放送 | トップページ | 祈り »

2012年3月10日 (土)

待望の6・7月演舞場

朝から又ネットが繋がらなくてイライラimpact いただいたコメントへのお返しもできない。仕事のメールも出せやしないangry 原因がわからないので困る。
仕方ないのでおっそろしく通信速度の遅いノートでちょっと情報を見たら、6月と7月の演舞場の情報が出ているではないのhappy02
嬉しいのは月乃助さんが復活されることsign03(待ってましたっ)
そして「ヤマトタケル」が6・7月の2カ月にわたって上演される。中車さんは帝ですか!
おお、7月には猿翁さんが真柴久吉にsign03
おお、同じく7月には中車さんと団十郎・海老蔵さんが共演sign03
興奮しまくりの私happy02
さあ〜今からチケットゲットに向けて心が燃えるわbomb

|
|

« 今日は俳優祭の放送 | トップページ | 祈り »

公演情報」カテゴリの記事

コメント

SwingingFujisan様
こんにちは。相変わらず寒いのですが、スギ花粉が飛びだしたようで、眼がかゆいし、くしゃみもでます。
 演舞場の6月、7月の演目、座組みが発表されましたが、猿翁が口上以外に出演、もう歌舞伎の演技者としては見られないと思っていただけにびっくりで夢のようです。(そして海老蔵とは正しく夢の顔合わせ!)また、中車が良い役で披露ですね。長谷川伸の作品かなと思っていましたが、今回の青果他の作品でも十分実力を発揮してほしいものです。中車が歌舞伎に出演することに対し、ネガティブな発言をした役者もいたようですが、それに比べて、市川宗家の男気にはただただ頭が下がるばかりです。団十郎、とかく不器用な演技が気になることがありますが、それはそれ、やはり好感を持ちます。
 ところで、演舞場の今月はもうご覧になりましたか。私は夜の部、先週土曜日に見てきました。
 あまらい観劇意欲を誘われない演目建ての中、一番面白いかったは、「唐相撲」です。踊りの技巧を見せるという演目ではないので、暫く上演されなかったのでしょうが。菊五郎劇団のチームワークの良さを存分に楽しみました。とぼけた味わいの左団次はいつも通りとして、どの役者も実に生き生きとして、真面目に?演じています。6人のお弟子さんの人間ピラミッドの方向転換には拍手拍手です。
 一番目の「佐倉義民伝」相変わらず辛気臭い芝居ですが、彦三郎の松平伊豆守、実に滋味のある良い演技をしていました。二番目狂言の「小さん金五郎」、皆、実力のある人達ですから、それなりに見せますが「ちょーともおかしいことあれへん」といった出来栄え。東京で、こんのような上方の笑劇はどうしても受けませんね。梅玉のような清潔な芸風の江戸役者が、先代河内屋(とにかく上方の女性にもて、それを楽しんだ役者さんだったそうです)の「知らーんがな」といった独特のセリフ回しをまねても似合いません。唯一の上方役者の秀太郎が一所懸命、リカバリーしようとしますが、その努力が空回りして気の毒な程でした。梅玉、時蔵の東京役者のせっかくの顔合わせであれば、「権八小紫(権八)」で最初は刑場の暗い場面、後に吉原仲の町の華やかな桜の場でも見せれば季節にもあっていたように感じます。

投稿: レオン・パパ | 2012年3月10日 (土) 16時17分

レオン・パパ様
こんばんは。コメントありがとうございます。
いや~な花粉の時期になってきましたね。私もそろそろかなという症状が出始めています。このテンプレート、花粉ですみません。

猿翁さんの久吉はこの公演最大の楽しみです。おっしゃるように、もう役者として舞台に立たれることはないかと思っておりました。亀治郎さんはもちろん、右近さんをはじめとするお弟子さんたちもどんなにかお喜びでしょう。

市川宗家、カッコいいですね。團十郎さんは昨日の俳優祭の放送を見てあらためて得難い役者さんだと思いました。

今月の演舞場、レポが遅れていますが、8日に昼の部を見てまいりました。夜の部はまだ先です。
初めて見る「唐相撲」と「小さん金五郎」を楽しみにしているのですが、「小さん金五郎」はダメですか…。確かに梅玉、時蔵という芸風は関西風とは隔たりがありそうですね(私、知らないものですからてっきり江戸のお話だと思っていました)。
上方喜劇なら先月松竹座で見た「大當り伏見の富くじ」を同じ配役で東京でもぜひやってほしいと願っています。

投稿: SwingingFujisan | 2012年3月10日 (土) 20時59分

情報有難うございます

ところで段四郎さんがちょっと心配です。
4月の国立も休演になってしまいましたし・・・
口上だけでも拝見したいものです。
猿翁の久吉は注目ですね。


(PS)この度、王将位に復帰した将棋の佐藤康光九段は市川段一郎の実兄。最近は拝見しませんが、歌舞伎座では時々、舞台を観に来ていました。

投稿: うかれ坊主 | 2012年3月11日 (日) 00時38分

うかれ坊主様
おはようございます。コメントありがとうございます。
段四郎さん、4月休演ですか…。襲名公演は現・猿之助さんの思いがけないお芝居ご出演の喜びのいっぽうで、段四郎さんのお名前がなかったので心配しておりました。ええ、口上だけでもお顔を見せていただけると嬉しいですね。

絵本合法衢では他に吉弥さんのご出演がなく(吉弥さん、南座ですね)秀太郎さんが出られるようですね。あれから1年、今度は何事もなく無事に公演が続けられますよう。

段一郎さんのお兄様が佐藤康光さん!!とは全く存じませんでした。そういえば、面立ちは似ているかも。浅草歌舞伎でいいお芝居を見せてくださったので私の中では一気に注目度が高まり、これからの活躍も期待していますが、段一郎さんも師匠のご病状、ご心配でしょうね。
佐藤さんの王将位復活おめでとうございます。2009年以来なんですね。襲名公演にはいらっしゃるかしら。

投稿: SwingingFujisan | 2012年3月11日 (日) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083822/44438629

この記事へのトラックバック一覧です: 待望の6・7月演舞場:

« 今日は俳優祭の放送 | トップページ | 祈り »